最新オッズ

ブックメーカー香港スプリント【2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

今年の香港スプリントは12月12日に香港のシャティン競馬場で開催される4つの国際招待競走(香港国際競争)のうちの一つで、芝1200メートルで行われます。

香港スプリント概要

香港スプリントは、シャティン競馬場で開催される競馬の重賞(G1)競走である。

タイトル

香港スプリント

格付 G1
開催国(競馬場) 香港(シャティン競馬場)
性齢 三歳上牡牝セン
コース 芝1200M
賞金 1着賞金:2400万香港ドル

香港スプリントの歴史

香港の国際レースと言えば、1988年に創設された香港カップのみが開催され、当時は日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

その流れの中で生まれたのが、香港スプリント。創設された1999年は国際リステッド競走という扱いで重賞ですらありませんでしたが、翌2000年には国際G3に昇格。するととんとん拍子で進み2年後の2002年には早くも国際G1レースの仲間入りを果たしました。

香港スプリントが大きくクローズアップされたのは2004年。この年の主役となったのは地元香港の英雄、サイレントウィットネスでした。12戦無敗という驚異的な成績のままこのレースを迎えて見事に勝利し13連勝を無敗で達成。世界最強のスプリンターが誕生したと大きな話題になりました。

ちなみに香港スプリントへの日本馬の遠征はというと2001年から。ダイタクヤマトとメジロダーリングという当時のトップスプリンターが挑みましたがいずれも10着以下に大敗。その後毎年のように同年のスプリンターズSor高松宮記念を制した生粋のスプリンターたち挑みましたが、格下であるはずの香港馬を相手に馬券圏内に入ることすらできず、苦汁をなめ続けていました。

日本馬が永遠に勝てないのでは?と思われだしたころ、とうとう日本馬で香港スプリントを制する馬が現れました。それが2012年に遠征したロードカナロア。同厩の先輩であるカレンチャンとともに遠征すると、あっという間に抜け出して圧勝。そして翌2013年も引退レースにこの香港スプリントを選んで圧勝。ロードカナロアの香港名である「龍王」は瞬く間に世界に広がっていきました。

そして昨年はダノンスマッシュが制覇。父ロードカナロアに次ぐ日本馬2頭目の勝利は親子制覇でもありました。

香港スプリント2021の最新ブックメーカーオッズ

香港スプリントのオッズが発表されている、2021年のブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

1Xbet

香港スプリント2021の見どころ

香港国際競争において日本調教馬が3勝の快挙となった2001年。ダイタクヤマト・メジロダーリングが全く歯が立たないレース振りが印象的だった香港スプリントは、日本馬が勝つことが最も難しいレースの一つとされてきました。

参戦した馬はいずれも日本が誇る名スプリンターばかりで、日本のスプリント界の歴史といってもいいほどの馬が名を連ねています。2001年以降はビリーヴ、ショウナンカンプ、カルストンライトオ、アドマイヤマックス、ローレルゲレイロなど毎年のように参戦するも結果に繋がりませんでした。何しろ今名を挙げた馬たちがいずれも二桁着順を喫していることが香港スプリントのレベルの高さを物語っています。

それほどまでに地元香港勢の庭とも呼べる香港スプリントは「凱旋門賞よりも勝つことが難しい」とも言われていましたが、2012年にロードカナロアが初制覇してから日本馬はこれまで3勝とより世界に近づいたと言えるでしょう。

気になる出走馬ですが、昨年のディフェンディングチャンピオンでありこれが引退レースとなるダノンスマッシュの連覇に期待がかかります。初GⅠ制覇が昨年の香港スプリントでしたが、それまでの道のりは決して順風満帆なものではありませんでした。

早い内からオープン入りするもののマイル路線では惨敗が続き、スプリント戦に矛先を変えた後もGⅠで通用するレベルにはありませんでした。「前哨戦はきっちりと勝つが本番で負ける」という勝負弱さや頼りなさを感じさせる同馬が変わったのが昨年のスプリンターズステークス。早い流れを好位から勝負に行き、グランアレグリアに差されたものの充実期に入った強さを感じさせるものでした。

その後の香港スプリントは承知のとおり、続く高松宮記念では人気は譲ったものの差す競馬でGⅠ2勝目を挙げました。その後は2戦続けて1番人気を裏切る競馬となりましたが、引退レースで父ロードカナロアに次ぐ連覇となるか注目が集まります。

次世代のスプリント界を担うピクシーナイトは斤量や展開が向いた面もありましたが、前目から後続を完封する強い競馬でアストンマーチャン以来のスプリンターズステークスを3歳での勝利となりました。

香港マイル・香港カップを制したモーリス産駒として初のGⅠ馬となったことや、3歳勢のレベルの高さも相まって人気の一角となっていますが、スプリント路線に参戦後は全て連対と、豊富なスピードを武器に頂点を狙います。

持続的なスピードに長けるレシステンシアは久々のGⅠ勝利を狙います。今年のスプリントGⅠではいずれも2着と健闘、これまで1400M以下では全て連対と香港マイルではなくスプリントを選んだことを好材料でしょう。

ただGⅠで2着が4回と、勝ち味に遅い点や1400Mが絶妙に合うレースぶりからどのような競馬をするかも注目です。逃げて好結果を残していますが、スプリントでは好位か差しが現実的のような気も。

最後は地元香港勢のラッキーパッチ。前哨戦のジョッキークラブスプリントは大外枠から豪快な差し切り。GⅠ勝利経験はまだありませんが、前走は好時計での勝利となりました。鞍上がリーディング上位騎手に乗り替わりとなることも好材料で、コース経験があることも後押ししてくれそうです。

ただラッキーパッチは香港スプリントが今年13戦目となることが懸念材料です。むしろデビュー以来休まずにほぼ毎月のように出走していることにも驚きですが、いかにも香港の強い騙馬といったような馬で、日本馬もこの馬のようなタフネスさを見習ってほしいところです。

香港スプリントは12月12日(日)日本時間15時40分に発走予定です。香港のメモリアルデーの日だけに馬券を買って応援したいですね!

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!