ブックメーカー入門

ブックメーカーとは?

Pocket

ブックメーカーとは、イギリスや欧米の会社によって合法的に運営されている、オンラインギャンブルサイトです。

元々は実店舗を構えて運営していましたが、インターネットの普及により現在は、オンラインでの賭けが主流になっています。

ちなみに、ブックメーカーが最初に生まれたのは、1790年代のイギリス競馬場。

ハリー・オグデンという人が、出走馬、レース結果、配当金などの記録をブック(台帳)に書き込み管理していたことから、ブックメーカー(台帳を作る人)という名前が付いたといわれています。

それから時を経て、1960年には、ブックメーカーがイギリス政府の公認で正式な営業を許可されるようになりました。

現在では、ヨーロッパはもちろん、世界中にブックメッカーの利用者が広がっています。

この記事では、ブックメーカーの楽しさや優位性、違法性はないのか?などについて、分かりやすく解説します。

ブックメーカで何が賭けれるの?

ブックメーカーは、別名スポーツブック、スポーツベッティングなどとも呼ばれています。

その名の通り、サッカー、テニス、バスケ、野球、陸上競技など、あらゆるスポーツが賭けの対象になっています。

最近は、海外で活躍する日本人選手が増えましたが、欧州サッカーリーグ、大谷選手や田中選手が所属しているMLB、錦織選手や大坂なおみ選手が出場するテニスなど、メジャーなものからマイナーなものまで、ほぼ全てが網羅されています。

もちろん、日本のスポーツも賭けの対象になっています。

こちらは、Jリーグの試合です。

意外なところでは、大相撲もありますよ。

相撲は、ヨーロッパで大人気のスポーツですからね。

またブックメーカーでは、スポーツ以外にも、アメリカ大統領選挙、イギリス国民投票、アカデミー賞やグラミー賞、ゴシップ、さらには、世界の都市の天気や気温までもが賭けの対象になることもあります。

ちょっと面白いものをいくつか紹介します。

■米国アカデミー賞

主演女優賞・主演男優賞・作品賞などに賭けられます。

■政治

イギリスやアメリカの選挙結果の他に、「次にEUを離脱する国は?」という面白い賭け項目があります。

一番低いオッズは、イタリアの3.0倍でした。

■天気

なんと、アジア・欧州・アフリカ・アメリカなど世界の主要空港の天気を当てる、という賭けです。

成田空港の気温という賭け項目もありました。

スポーツ以外にも、実に様々な賭けがあることがお分かりいただけたかと思います。

ブックメーカーと日本の公営ギャンブルの違い

日本では、競馬・競輪・競艇サッカー・宝くじなどのギャンブルは、すべて国が管理しており、公営ギャンブルと言われています。

では、ブックメーカーと公営ギャンブルの違いはどこにあるのでしょうか?

還元率について

ブックメーカーと公営ギャンブルの大きな違いは、その還元率です。

ブックメーカーの還元率は会社によって変わりますが、概ね90%から98%の間で推移しています。

日本の公営ギャンブルとの違いを表にしました。

ギャンブル 還元率(約)
パチンコ 80~85%
競馬、競輪、競艇、オートレース 75~80%
宝くじ 46%
サッカーくじ 50%
ブックメーカー 90~98%

いかがでしょうか?

ブックメーカーの圧倒的な還元率と、日本のギャンブルがいかに胴元に有利にできているかが分かりますね。

還元率というのは、集まった賭け金から胴元の取り分(コミッション、控除率といいます)を引いて、プレイヤーに支払われるお金の割合です。

公営ギャンブルの還元率が75%ということは、1万円賭けると返ってくる割合が7500円。

宝くじにいたっては、配当金が半分にも満たないのです。

つまり、1万円分の宝くじを100人が勝ったとしたら、54万円を引いた46万円を購入者に割り当てるということになります。

ブクメちゃん
ブクメちゃん
そんなに取られるなんてしらなかった
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
国が運営しているからしょうがないのよ
ブックメーカーの還元率ギャンブルには必ず「還元率」が存在します。還元率を知れば必ず勝確率も上がるはず!? そんな還元率の疑問、「還元率」って何?ブックメ...

賭け方式の違い

日本の公営ギャンブルとブックメーカーの大きな違いに、賭け方式の違いがあります。

日本の場合、パリミチュアル方式を取っています。

これは、集まったお金の中から胴元の取り分を引いて、残ったお金をプレイヤーに還元するというやり方です。

例として、競馬レースでパリミチュアル(日本)方式とブックメーカー方式で賭けた場合の違いを挙げてみます。

まず、オッズが2倍の馬が勝ちそうだなと思い、馬券を購入したとします。

その後、その馬がどんどん人気になり、オッズが1.3倍まで下がってしまいました。

パリミチュアル方式だと、最終的なオッズは1.3倍となり、せっかくあなたが2倍で購入したのに、的中としても1.3倍の配当しかもらえません。

ちょっと損した気持ちになりますよね。

一方ブックメーカー方式だと、最終的なオッズが1.3倍まで下がったとしても、2倍の時にベットしていれば、的中すると2倍の配当を手にすることができるのです。

賭け項目が多い

ブックメーカーでは、勝敗だけでなく、その試合に関する様々な結果について予想する楽しみがあります。

この点を、サッカーを例にして説明します。

こちらは、楽天totoの種類です。

賭け項目は、指定された試合の勝敗、指定された3試合の90分間の得点数だけです。

しかも、複数の試合を当てなければならず、自分が予想に自信のある試合だけを選ぶことはできません。

こちらは、ブックメーカーの賭け項目です。

勝敗の他に、得点数、ハンデキャップ、スコア、得点する選手、コーナーキックの本数、前半・後半戦のみの結果、カードが出される枚数など、多彩な賭け項目が用意されています。

赤枠で囲った「254」というのは、賭け項目数です。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
どちらが面白そうか?一目瞭然よね!

そして、ブックメーカーの場合は、自分が予想に自信のある試合や、ベットしたい試合だけを選択できます。

試合を見ながら賭けられる!

ブックメーカーならではの醍醐味に、ライブベット(ライブベッティング)があります。

ライブベットとは、実際の試合進行に合わせて、リアルタイムで色々な賭け項目にベットすることをいいます。

こちらは、テニスの試合のライブ画面です。

赤枠で囲った部分が、スタッツです。

サービスエース、ブレークポイント、獲得合計ポイントなどのデータが表示されますので、それを元に予想します。

ライブベットでは、試合状況の変化に合わせて、オッズも変わっていきます。

そのため、試合前に賭けるよりも大きく稼げるチャンスが転がっています。

たとえば、

  • 格上の選手が1セット取られてるけど、相手はダブルフォルトが多いし、逆転しそうだ。
  • 一方的な展開だから、勝ちは確定だろう。
    オッズは小さいけど、大きめの金額を入れて確実に勝とう。

など、ライブベットではプレイヤーによって違った戦略、ベット方法が可能になるのです。

ライブベッティングの魅力について徹底解説!!【ブックメーカー実践編】どのブックメーカーでも各種スポーツで、試合中に賭けることのできるシステムになっていますが、その機能をライブベッティングと言い、より興奮的...

また大手ブックメーカーの中には、ライブストリーミングを視聴できるサイトもあります。

ライブを見ながら予想を立ててもいいですし、ベットせずに試合観戦だけを楽しむのもありです。

バルセロナやレアルマドリード、バイエルン・ミュンヘンなど、欧州サッカーの試合も視聴できますから、それを目的にブックメーカーを利用するのもいいですね。

ブクメちゃん
ブクメちゃん
ライブストリーミング機能があるブックメーカー教えて!
ベット365(bet365)の魅力や特徴を徹底解説!bet365は、世界最大級のブックメーカーです。2001年の創業から、わずか20年余りで全世界合わせて4,500万人以上の顧客を抱えたキ...
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の魅力や特徴を徹底解説!Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)は、「仮想通貨が使えるブックメーカー」として、2016年6月にオープンしました。(日本...
ワンバイベット(1xbet)の魅力や特徴を徹底解説!1xbetは、ロシア国内に1000以上もの実店舗を持つ、老舗のブックメーカーです。オンラインでのスポーツブックは、 2007年にサービス...
ワンバイビット(1xbit)の魅力や特徴を徹底解説!1xbitは、決済方法を仮想通貨のみに限定したブックメーカーです。当サイトで紹介している、1xbetの姉妹サイトに当たります。1xbet...
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
上記ブックメーカーは、アカウントにお金を入れてるだけで、24時間いつでも試合が見放題なの

ブックメーカーは勝ちやすい

数あるギャンブルの中でも、ブックメーカーは「スキル次第で安定して勝ち続けることが可能なギャンブル」と言われています。

実際、海外にはブックメーカーをFXや株、先物取引のような投資と捉えて、専業にしている人もたくさんいます。

もちろん、適当に勘で賭けているだけでは、生計を立てることはできません。

ブックメーカーを仕事にしている人は、データサイトを駆使したり、仲間と情報交換しながら日々努力を重ねています。

それでも、好きなスポーツを見ながらお金を稼げるんですから、羨ましいですよね。

ブックメーカーの違法性について

続いて、「ブックメーカーに賭けるのは、違法じゃないの?」という疑問にお答えします。

単刀直入にいうと、

日本国内で公営ギャンブル以外のスポーツに賭けることは違法だが、海外のギャンブルに賭けることを規制する法律はない。

が結論です。

つまり、日本の法整備が遅れいるため、日本人がブックメーカーを利用することは黒でも白でもないグレー状態になっています。

ブックメーカーの違法性ブックメーカーとは、主にスポーツを対象に、賭けを提供するメーカのこと。 賭けってことは、日本では違法でしょ?と思っている方に向け、...

ただし、イギリスやヨーロッパで合法的に運営されているブックメーカーの利用を日本人に規制することは、実質的に不可能といわれています。

なぜなら、ブックメーカーの中には株式上場している会社もあり、立派な一流企業ですから、規制などすれば貿易摩擦などの国際問題に発展しかねません。

また現在まで、ブックメーカーを利用して逮捕、起訴された日本人は一人もいませんから、現段階では、ブックメーカーの利用に関する違法性を心配する必要はないといえるでしょう。

ブックメーカーの信頼性について

違法性のところで説明しましたが、欧米ではブックメーカーは社会的に認知された存在であり、各スポーツの発展に大きく寄与しています。

業界最大手のウィリアムヒルという会社は、ロンドン証券取引所に上場しており、15,000人以上の従業員を抱える、世界的な一流企業です。

過去には、サッカースペインリーグの強豪、リーガ・エスパニョーラのチームスポンサーを務めたこともあります。

また、「世界最古のカップ戦」と言われるイングラドFAカップの公式スポンサーとしても、有名です。

その他、当サイトで紹介しているbet365という会社のように、ブックメーカーがサッカーチームのスポンサーになったという話はいくらでもあります。

サッカー以外ですと、188betという大手ブックメーカーが、2019年のバドミントン世界選手権の公式スポンサーになっていますし、テニスのATP・WTPツアーの冠スポンサーになっている会社もあります。

このように、大手ブックメーカーは、資金面や運営面において非常に安定している優良企業というだけでなく、スポーツ界を盛り上げるために必要不可欠な存在なのです。

ライセンス

ただし中には、プレイヤーから多額の賭け金を集めたまま消えてしまったり、理由を付けて出金拒否を続けるといった悪徳業者がいるのも事実。

そのため現在は、ブックメーカーを合法的に運営するためには、国が関与するオンラインギャンブル審査機関のライセンスを取得が義務づけられています。

ブックメーカーのライセンスブックメーカーはとっても簡単に、楽しくスポーツに掛けることのできるオンラインカジノですが、 ブックメーカーはどのサイトを選んだらい...

この審査機関の中で、特に信頼できるものを以下にまとめました。

  • 英国ギャンブリング・コミッショナー
  • ジブラルタル政府のライセンス
  • マン島ギャンブル監視委員会
  • MGA(マルタ共和国)
  • キュラソーライセンス

当サイトでは、これら信頼性の高いライセンスを取得している大手ブックメーカーのみを紹介しています。

まとめ

ここまで、ブックメーカーについての基本的な説明、日本の公営ギャンブルとの違い、違法性などについて説明してきました。

スポーツをただ観戦するだけでなく、ブックメーカー使って自分なりの予想を立てて観戦すれば、楽しさも倍増しますし、応援にも熱が入りますよね。

この機会に、あなたもブックメーカーを始めてみましょう!