最新オッズ

ブックメーカー香港マイル【2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

今年の香港マイルは12月12日に香港のシャティン競馬場で開催される4つの国際招待競走(香港国際競争)のうちの一つで、芝1600メートルで行われます。

香港マイル概要

香港カップは、シャティン競馬場で開催される競馬の重賞(G1)競走である。

タイトル

ブックメーカー香港マイル【2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

格付 G1
開催国(競馬場) 香港(シャティン競馬場)
性齢 三歳上牡牝セン
コース 芝1600M
賞金 1着賞金:2600万香港ドル

香港マイルの歴史

香港の国際レースと言えば、1988年に創設された香港カップのみが開催されたたけ、当時は日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

その流れの中で生まれたのが、香港マイル。ただし、香港マイルの前身となるレースはすであり、1991年から開催されていた香港招待ボウルというものがそれに当たります。1999年に名前を香港マイルと変更した時点ですでに国際G2レースとしてそれなりの地位を確立していました。そして翌2000年、国際G1に昇格しました。

国際G2だった時代があるからこそ、比較的外国馬の活躍が目立ち、国際G1になった初期のころはニュージーランドのサンラインが制し、翌2001年も日本のエイシンプレストンらが制するなどしていましたが、2002年以降は香港馬が14勝と圧倒的に優位に。グッドババが3連覇を飾るなどリピーターレースとしての顔を持っています。

そして日本馬が比較的得意としているレースとしても知られ、2001年のエイシンプレストン、2005年のハットトリック、2015年のモーリス、2019年のアドマイヤマーズと4勝を記録しています。

香港マイル2021の最新ブックメーカーオッズ

香港マイルのオッズが発表されている、2021年のブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

1Xbet

香港マイル2021の見どころ

地元香港勢が圧倒的に強さを見せるレースが香港マイルです。スプリントと並んで歴史に残る馬が度々登場する路線であり、香港勢の強さと層の厚さを感じさせます。しかし、元々香港勢が強かった訳ではなく、国際GⅠに昇格した2000年以降に傾向が顕著に変化していきました。

その中でも日本勢も大健闘と言っても良い活躍をしていて、毎年のように掲示板に載る馬が現れています。今年はインディチャンプ、サリオス、ダノンキングリーのGⅠ馬に加えてドバイターフ2着のヴァンドギャルドも参戦と、マイルの一線級が集いました。

しかし今年の香港国際競争の中で最も日本馬が苦戦するであろうレースがこの香港マイルです。何しろ昨年の覇者にして、歴代でもトップクラスのレジェンドホースと呼ばれるゴールデンシックスティが出走するからに他なりません。

ゴールデンシックスティはここまで19戦18勝とほぼパーフェクトな成績を残しており、唯一の敗戦となったのも2019年の夏で、そこから15連勝、19戦18勝の戦績で香港マイルに挑みます。昨年のこのレースでは前年覇者アドマイヤマーズや17~18年連覇のビューティジェネレーションを寄せ付けることなく優秀なタイムで完勝。現状香港では敵なしの状態です。

前走のジョッキークラブマイルでは単勝1・1倍の圧倒的人気の中、大外7番枠からスタートし、道中は余裕の最後方待機。最終コーナーで上昇を開始し、直線は大外から楽々と差し切りを決めての快勝でした。鞍上ホー騎手曰く「今日は全然最高の状態じゃなかったし、これでトップの状態に近づいていくと思いますよ」とのコメント。盤石の状態で本番に挑みます。

絶対王者に挑む日本馬の筆頭はダノンキングリーです。2019年日本ダービー2着などクラシックでの活躍もしていた同馬でしたが中々結果には結びつかず。最大のチャンスであった大阪杯もスローペースの中押し出されて逃げる不運な展開となり3着。GⅡまでは勝ったり、1800Mでは強さを見せるレースぶりにGⅠ級の底力に疑問視もされていました。

しかし今年の安田記念では休み明けにもかかわらず末脚を発揮、女王グランアレグリアを下してGⅠ初制覇となりました。前走毎日王冠ではシュネルマイスターに差され2着となりましたがマイルチャンピオンシップを回避して香港マイルに照準を合わせての参戦となります。

ここが引退レースとなるインディチャンプ。2019年にはマイルチャンピオンシップで国内春秋GⅠを勝利後に挑んだ香港マイルでは7着に敗戦。帰国後のマイラーズカップこそ勝利しましたが、掲示板には載るものの勝ち切るまでには至らず決定力不足の感が否めません。前走のマイルチャンピオンシップでもタイム差は僅かの4着でしたが、上位には完敗と言える内容で引退レースとなる今回究極の仕上げを施したいところです。

最後に初の海外遠征となるサリオス。2歳時の圧巻のレース振りや、同世代のライバルコントレイルとの接戦で期待され続けている馬です。昨年のマイルチャンピオンシップでは大外枠が響いて初の連外となりましたが、そこからはいまいちリズムに乗れずに4連敗中です。かつての爆発力を秘めた末脚は発揮されることはなく、典型的な早熟のハーツクライ産駒だった可能性もあります。この世代のハーツクライ産駒はマイラプソディ、ワーケア、クラヴァシュドールなど可能性を秘めた産駒も多かったのですが総じて伸び悩んでしまいました。

香港マイルは12月12日(日)日本時間16時50分に発走予定です。香港のメモリアルデーの日だけに馬券を買って応援したいですね!

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!