ブックメーカー投資

【ブックメーカー投資法】複利で増やす10%投資法における資金管理について徹底解説!!

Pocket

ブックメーカーをギャンブルではなく、投資として運用していくためには、資金管理の知識が不可欠です。

といっても、難しい理論などは必要なく、最低限の知識があれば十分ですのでご安心ください。

この記事では、ブックメーカー投資に大切な資金管理について解説します。

複利で少しずつ増やす。

ブックメーカー投資は、宝くじのように一攫千金を狙うものではありません。

数百倍のオッズを狙うことは否定しませんが、そのような賭けはあくまでも遊びの範囲で行うものです。

またネット上やTwitterなどでは、「短期間で資金を数百倍にできる!」といった派手な宣伝を見かけますが、そんな簡単にお金を増やせたらブックメーカーは潰れてしまいますよね。

noteなどの情報商材を購入したり、LINEの予想配信、高額コミュニティにお金を払っても、稼げるようにはなりません。

誇大・詐欺広告に騙されず、着実に資金を増やすことを考えましょう。

当サイトのブックメーカー投資では、高勝率低オッズの試合でコツコツと勝ちを積み重ねて、月利10%程度を複利で増やしていくことをおすすめします。

たとえば初期投資金を10万円として、1ヶ月に10%ずつ複利で増えていく場合と単利で増えた場合の比較をご覧ください。

複利 単利
1ヶ月目 11万円 11万円
2ヶ月目 12.1万円 12万円
3ヶ月目 約13.3万円 13万円
4ヶ月目 約14.6万円 14万円
5ヶ月目 約16.1万円 15万円
6ヶ月目 約17.7万円 16万円
7ヶ月目 約19.4万円 17万円
8ヶ月目 約21.4万円 18万円
9ヶ月目 約23.5万円 19万円
10ヶ月目 約25.9万円 20万円
11ヶ月目 約28.5万円 21万円
12ヶ月目 約31.3万円 22万円

このように、1年で3倍に増やすことができます。

投資の世界では、10%の月利を出せればプロトレーダーとして一流と言われています。

同じ10%でも、株やFXなどと比較すると、ブックメーカーの方がはるかに簡単です。

当サイトで紹介しているテニスやサッカーの攻略法を使えば、もっと増やすことが可能ですが、かなり低めに見積もりました。

もし資金に余裕があって50万円や100万円から運用すれば、一般的な投資以上のペースで稼げますし、専業のプロベッターとして独立することも夢ではありません。

このように、ブックメーカーは適切な資金管理さえできれば、他のどんな投資にも負けないほどのリターンを期待できるのです。

10%投資法がおすすめ

当サイトでは、初心者の人でも確実に勝てる試合の選び方を紹介しています。

しかし、どんなにオッズが低く安全に見えても、スポーツでは何が起こるか分かりません。

Under投資法を使ってベットしたサッカーの試合で、退場者が出て試合が荒れて、立て続けに得点が入ることもあるかもしれません。

ブックメーカー投資法【サッカー】アンダー投資法(基本編)の賭け方と注意点について徹底解説!!ここでは、ブックメーカー初心者でも稼ぎやすいサッカーの投資法のひとつ、アンダー(Under)投資法について解説します。 サッカーの...

テニスのSet Winner投資法で、鉄板と思っていた選手が急に調子が悪くなり、セットを失うことも考えられます。

ブックメーカー投資法【テニス】Set Winner投資法の賭け方と注意点について徹底解説!!ブックメーカーテニスの投資法であるSet Winner(セット・ウィナー)投資法について賭け方の注意点について解説します。 ブック...

「早くお金を増やしたい。」と適正な金額以上を賭け続けていると、いつか波乱に巻き込まれて一気にお金を失う危険性があることを理解しておいてください。

それでは、実際のベットでは賭け金をどれぐらいに設定すればいいのでしょうか?

これはいろいろと意見が分かれますが、一つ提案するとこのような増やし方がおすすめです。

  • 資金が少ないうちは、確実に勝てそうな低オッズの試合へ残高の10%を賭ける。
  • ある程度増えてきたら5→4→3→2→1%と減らしていく

という方法がおすすめです。

たとえば、10万円の資金をオッズ1.1倍の試合に賭けて勝利すると11万円が払い戻されて、1万円の利益になります。

次に、11,000円をオッズ1.1倍の試合に賭けて勝利すると121,000円が払い戻されて、11,000円の利益になります。

これは10%投資法といわれ、バカラやルーレットなどカジノでよく使われているベッティングシステムで、それをブックメーカーに応用したものです。

この賭け方のいいところは、仮に負けても資金が一気に減らないという点です。

先ほどの例で、最初に1万円を賭けて負けると手持ちの資金は9万円となり、次の賭け金は9,000円です。

1万円の固定ベットだと10連敗で資金がパンクしますが、10%投資法なら、残高の10%を賭けていくので10連敗しても資金が残ります。

10連敗ということはまず考えられませんが、安全に資金を増やしたい人におすすめの方法です。

トウシくん
トウシくん
僕もいろんなベットシステムを試しましたが、10%法に落ち着きました。
資金が100万以上に増えたので、1回の賭け金を2%程度に抑えています。
それでも、月トータルで見ると十分な利益が残りますよ。

まとめ

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
資金管理ができていないと、どんなに勝率が高くても破産するリスクがあることを覚えておいてね。
ブクメちゃん
ブクメちゃん
賭け金は資金の10%程度がいいんだね。私は早く増やしたいから、自信のある試合に半分ぐらい賭けたら負けちゃってヘコんだことあったなぁ。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
経験を積めば積むほど、スポーツの試合に絶対はないってことが分かると思うよ。
資金管理さえしっかりしておけば、何度も入金を繰り返すってことはないからね。
トウシくん
トウシくん
ジャパンちゃんの言う通り。
熱くなりやすい人は、「連敗したら、その日はベットしない。」などのマイルールを作るのもいいでしょう。
焦らずにゆっくりと資金を増やしていきましょう