国内競馬

ブックメーカー【読売マイラーズカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

1着馬に安田記念(GⅠ)の優先出走権が与えられる、読売マイラーズカップがまもなく開催されます。

読売マイラーズカップの概要

タイトル 読売マイラーズカップ
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 阪神競馬場
性齢 4歳以上
コース 1,600m(芝)
賞金 1着本賞金:5,900万円

 読売マイラーズカップは、従来京都競馬場で開催されてきましたが、現在は改装工事中のため、昨年に引き続き阪神競馬場で開催されます。

 このレースの出走条件としては、4歳以上の馬で、JRA所属馬の他、地方競馬所属馬、外国調教馬にも資格が与えられます。

 このレースが行われる阪神芝1,600mコースの特徴は、一言で言うと強い馬、それも強い差しや追い込み馬が勝ちやすいコースです。人気馬の勝率、複勝率ともにとても高く、強い馬が強く勝てる紛れの少ないコースと言えます。スタートしてから最初のコーナーまでが444mもあるため、あまり枠による有利不利は大きくないです。どこの枠でも、先手を取ろうと思えば取ることが可能です。そこからは外回りコースのため、ゆったりとコーナーを回り、最後の直線も473mと十分な長さがあります。ゴールまで残り約200mの地点からは急激な上り坂になっており、逃げ・先行馬はバテやすく、差しや追い込みが決まりやすいコースになっています。特にペースが速くなりやすい重賞では、この傾向が顕著です。最後の直線も長いため、差し馬は外に回すことが多く、前が詰まって万事休すといったことが少ないのも、こういった傾向が出ている要因の一つと考えられます。基本的には実力のある馬で、差し・追い込み脚質で、上り坂でもしっかり加速して力強く走れるような馬が狙い目です。

 血統的には、ディープインパクト産駒とエピファネイア産駒、ダイワメジャー産駒が強いです。特にエピファネイア産駒の成績は良く、複勝率も高いため、軸にもってこいです。相性のいい種牡馬に、ダイワメジャーの名前も上がるように、やはりパワーのある馬にとって有利なコースと考えられます。

読売マイラーズカップの歴史

 このレースは1970年に創設されました。当初は阪神競馬場芝1,600mで行われていましたが、2012年より京都開催となりました。(昨年、今年は阪神競馬場で代替開催)

 1984年にGⅡに格付けされ、1989年には外国馬が、2000年には地方馬の出走が可能となりました。2014年からは1着馬に安田記念への優先出走権が付与されるようになりました。

 歴代の優勝馬にはその後安田記念を制すノースフライトやダイワメジャーなど、名マイラーが名を連ねます。

読売マイラーズカップの最新ブックメーカーオッズ

 読売マイラーズカップのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

読売マイラーズカップの見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、エアファンディタ、エアロロノア、カラテ、ホウオウアマゾン、ケイデンスコールの5頭です。

 まずはエア2頭を紹介していきます。エアファンディタからです。今週から復帰する松山騎手が騎乗することで注目を集めています。重賞挑戦は今回が初となりますが、前走の洛陽ステークス(L)で見事な勝利を挙げた上がり馬です。前走のタイムも131秒台と、高速決着になりがちなこのレースでも強みを生かせそうな一頭であります。この馬の特徴として、ほぼ全ての出走レースで上がり3ハロン最速の末脚を繰り出している点です。メンバーが一気に強くなるこのレースにおいても同じく末脚を繰り出せるかが注目です。

 次に、エアロロノアを紹介します。こちらも前走の六甲ステークス(L)を制して勢いに乗る馬です。こちらはすでに重賞には挑戦した過去もあり、実は昨年のこのレースでは1番人気に支持されていました(結果は5)。この馬の特徴として、1着または馬券外という二極化した成績の持ち主です。今回も馬券を買う場合は1着付けのみでいいと言えるでしょう。

 続いて、カラテを紹介します。最近、若手の菅原明良騎手とのコンビで重賞戦線を賑わせている6歳馬です。鞍上がまだそこまで重賞での実績がないことや、この馬自身もトゥザグローリー産駒であり、有名でない牧場の出身であることもあり、非常に人気になりづらいタイプです。昨年の東京新聞杯(GⅢ)で重賞初制覇しましたが、その時も5番人気でした。昨年の安田記念こそ13着と大きく敗れましたが、それ以外は重賞戦線を中心に使われても全て掲示板を確保する安定した走りを見せています。懸念点としては、やや勝ち切れないタイプであるということが挙げられますが、安定して上位に来る一頭であるとはいえるでしょう。

 次に、ホウオウアマゾンを紹介します。ちょうど1年前の昨年のアーリントンカップ(GⅢ)を制した馬です。アーリントンカップは過去10年の勝ち馬のうち6頭が後のGⅠ馬になっている出世レースであり、当然この馬にもその期待がかかります。昨年はNHKマイルカップで9着、マイルチャンピオンシップで5着と、着実に実力をつけてきていますから、今年はGⅠの舞台でも活躍することが期待されています。ここで格好をつけられないようならその先の雲行きも怪しいため、ここでは好走したいところです。戦績的に馬券内と凡走を繰り返すようで、今回は馬券内の順番であるため、この法則を信じて買ってみるのも面白そうです。

最後に、昨年の覇者であるケイデンスコールから紹介します。ロードカナロア産駒の6歳馬です。これまで4勝しか挙げていませんが、そのうち3勝が重賞という馬で、NHKマイルカップ(GⅠ)でも2着に入った実績のある馬です。しかし戦績はあまり安定しておらず、1着または2着に入るか、凡走という極端な成績です。脚質的に逃げや追い込みならまだ分かるのですが、この馬は先行することもあれば中段から後方で待機することもあるという自在性のある馬で、ここまで成績が極端になるタイプには見えないので、やや不思議な馬です。距離的には、デビュー以来1,400m2,000mまでで使われていますが、勝ち鞍は全て1,600mであることから、この距離が最も適していることは間違いなさそうです。最近は実績を積み重ねていたこともあり、GⅢ以下では斤量を背負わされ、一方でGⅠでは少し実力が足りないため、やはりこの馬にとってはGⅡであるここが勝負の一戦と考えられます。昨年制した得意の舞台ですし、ここでは一発があっても不思議ではないです。

 マイラーズカップは2022424()15:35に発走予定です。安田記念に向けて、今年のマイル路線を湧かす1頭が現れる一戦です。是非応援する馬の馬券を購入して応援しましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!