国内競馬

ブックメーカー【テレ玉杯オーバルスプリント2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

小回りで直線の短いトリッキーな浦和競馬場で行われるテレ玉杯オーバルスプリントが、まもなく開催されます。

テレ玉杯オーバルスプリントの概要

タイトル テレ玉杯オーバルスプリント
格付 JpnⅢ
開催国(競馬場) 浦和競馬場
性齢 3歳以上
コース 1,400m(ダ)
賞金 1着本賞金:2,500万円

テレ玉杯オーバルスプリントは秋の浦和競馬場で開催されるダートグレード競走です。このレースはダートグレード競走では珍しく、地方競馬所属馬が多くの勝利を挙げている競走の一つです。交流重賞になったのが約10年前の2011ですが、それ以降3回は地方馬が勝利を挙げており、2、3着にも多くの地方馬が入着しています。昨年は、勝ち馬こそJRA所属馬でしたが、2着から6着までは地方馬が占拠しました。

このレースの出走枠は、フルゲート12頭のうち、JRA所属馬が4頭、南関東地区所属馬が5頭、その他の地区の地方競馬所属馬が3頭と定められています。

このレースが行われる浦和競馬場ダート1,400mの特徴を説明します。浦和競馬場が1周1,200mしかないコースのため、1,400mコースとしては珍しく、馬場を1周以上するコースとなっています。とても小回りなコースです。スタートしてから最初のコーナーまでが約280mと短く、やや先行争いは激しめで、小回りのコーナー部分を4回も通過するため、内枠の先行馬が有利な形態です。特に逃げ馬の勝率、連対率、複勝率の全てが高く、内枠を引いた逃げ馬を狙うのが定石です。血統的には、サウスヴィグラス、メイショウボーラー、カネヒキリ産駒の相性が良いです。特にサウスヴィグラス産駒の勝率が高いのが特徴的です。

テレ玉杯オーバルスプリントの歴史

このレースは1991年に創設されました。当初は浦和競馬場のダート1,900mで施行されていました。また、名称は「テレビ埼玉杯」でした。2005年からは距離が1,400mと現行通りに変更されました。2008年にはレース名が「オーバルスプリント」に変更されました。2011年からは中央・地方全国指定交流の重賞競走に指定されましたが、まだレースの格付けはありませんでした。2013年からはJpnⅢに格付けされ、2014年からはレース名が現行の「テレ玉杯オーバルスプリント」に変更となりました。

交流重賞競走に指定されてから歴史が浅いこともあり、歴代の優勝馬にはその後JpnⅠやGⅠを勝つような馬は現れていません。しかし2021年の勝ち馬のテイエムサウスダンは、翌年2022年のフェブラリーステークス(GⅠ)で2着に入るなど、GⅠ制覇まであと一歩のところまで成長しました。今後の勝ち馬から、将来のダート路線のスターが誕生することが期待されます。

テレ玉杯オーバルスプリントの最新ブックメーカーオッズ

 テレ玉杯オーバルスプリントのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

 

ウィリアムヒル

1Xbet

 

テレ玉杯オーバルスプリントの見どころ

ブックメーカーのオッズで上位人気が想定されるのは、JRA所属組からシャマル、リメイクの2頭。そして地方勢からはティーズダンクです。一頭ずつ紹介していきます。

まずは最上位人気が想定されるシャマルから紹介していきます。スマートファルコン産駒の4歳牡馬で、これまで10戦して6勝を挙げている強豪馬です。負けた4戦についても2着1回と3着1回のため、かなり安定した成績を残していると言えます。この馬はデビュー戦こそ12着と大敗しましたが、その後は着実にクラスの階段をかけ上がっていき、今年の春に3勝クラスのレースを勝利してオープン入りすると、勢いを持って臨んだ東京スプリント競走(JpnⅢ)では、初めての中央・地方交流重賞レースへの挑戦にも関わらず、きっちり勝ち切り、その才能を見せつけました。また、それまで良績を残してきた良馬場ではなく、不良馬場での勝利ということもあり、可能性を広げる勝利でした。その次戦のさきたま杯(JpnⅡ)こそ3着に敗れてしまいましたが、その次走のサマーチャンピオン(JpnⅢ)では1番人気の支持に応えて見事に優勝し、交流重賞の2つ目のタイトルを獲得しました。この馬の強みは、毎回良いスタートを切り、いとも簡単に番手集団に取り付く点です。それでいて、毎回ラスト3ハロンの末脚はメンバー中3位以内という安定した脚を繰り出しています。先行してのこれなので、他の馬にすればたまったものではありません。そして距離も1,200mでも1,400mでも、馬場も良馬場でも不良馬場でもこなすので、非常に安定した馬といえます。デビュー以来川須騎手と常にコンビを組んでおり、このコンビでの人馬一体感も非常に素晴らしいです。今回は、これまで戦ってきたメンバーと比べると1枚落ちるメンバー構成ですから、ここでは負けられない立場として臨む一線となりそうです。人気に応えて勝利を挙げることが期待されます。鞍上の川須騎手も夏競馬での活躍が目立っていましたし、ノッているコンビで一発やってくれるのではないでしょうか。

次に、リメイクを紹介します。ラニ産駒の3歳牡馬です。今年の3歳ダート路線を牽引する一頭で、昇竜ステークス(OP)と、端午ステークス(OP)で共に勝利を挙げるなど、トップクラスの実績を誇っていましたが、ユニコーンステークス(GⅢ)では、1番人気に支持されていたにも関わらず、残念ながら6着に敗れてしまいました。この馬も強みはその先行力で、毎回ほぼ必ず先行集団の中でロスなくレースを進めていきます。それが、前走のユニコーンステークスでは、少し位置が後ろになってしまったことも響いたか、初めて掲示板を外す結果となってしまいました。8月には本来はクラスターカップ(JpnⅢ)に出走予定でしたが、怪我のため競走除外となっており、今回が立て直した初戦となります。怪我明けの一戦とはなりますが、新馬戦では人気薄にも関わらず勝利を挙げたように、休み明けはそこまで苦にしないタイプのようです。シャマルは実績、実力ともにメンバー中最上位ですが、この馬も対抗馬として活躍することが期待されます。

最後に、地方代表のティーズダンクを紹介します。スマートファルコン産駒の5歳牡馬で、これまで既に2億円近い賞金を稼ぎ出しています。まだ重賞勝利実績こそないものの、JpnⅠを含むいくつかの重賞で3位以内に入る活躍を見せています。中央勢も今回はそこまで圧倒的な馬が参戦するわけではないため、この馬にも十分チャンスがあると考えられます。

テレ玉杯オーバルスプリントは2022年9月21日(水)の16:25に発走予定です。連休の間の平日ですが、競馬は盛り上がっています。是非馬券を買ってレースを楽しみましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!