国内競馬

ブックメーカー【日本テレビ盃2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

中央競馬、地方競馬のダートの猛者が集うハイレベルなJpnⅡの日本テレビ盃がまもなく開催されます。20時05分に発走予定と、中央競馬では見られないナイター競馬での開催となります。

日本テレビ盃の概要

タイトル 日本テレビ盃
格付 JpnⅡ
開催国(競馬場) 船橋競馬場
性齢 3歳以上
コース 1,800m(ダ)
賞金 1着本賞金:1,800万円

日本テレビ盃はRoad to JBCと表記されるだけあり、JBC競走のトライアルレースとなっています。1着馬にはJBCクラシックへの優先出走権が与えられます。

船橋競馬場の1800mはスタートしてから最初のコーナーまでが450mほどあり、地方競馬上の中ではとても長い方で、各馬ある程度取りたい位置を取りやすい形状となっています。また、特徴的なのが、3、4コーナーがスパイラルカーブになっている点です。カーブの出口に向かって曲率が高くなるため、遠心力で外に膨らむ馬が多く、その結果直線入口で馬群がバラけることになり、直線も300m以上あるため紛れが少なく、力通りの決着となることが多いです。

日本テレビ盃の歴史

日本テレビ盃は、1954年に第一回競走が施行されました。当初はNTV盃という名前で、ダート2000mで実施されていました。1995年に南関東グレードG2に格付けされたものの、1997年には逆に南関東グレードG3に格下げされることとなりました。しかし、1998年から中央競馬・地方競馬指定交流競走のGⅢに指定されたことで、再び南関東グレードG2に格上げされました。また、この年からダート1800mでの開催に変更となりました。翌年の1999年からレース名が現在と同じく日本テレビ盃に変更になりました。2002年からはGⅡに格上げとなり、この年からRoad to JBCに指定され、1着馬にJBC競争への優先出走権が与えられることになりました。

1999年に、現在と同じ位置付けで開催されるようになってから、中央競馬・地方競馬指定交流競走ということもあり、中央競馬から数々の強豪が参戦してきております。当初は意地を見せた地方馬が勝利を挙げることもありましたが、ここ10年は中央競馬所属馬が全て勝利しており、地方馬の勝利は2010年のフリオーソまで遡ります。

このレースはRoad to JBCの位置付け且つ、重要なステップレースで歴史的に見ても、中央、地方のダートの強豪が参戦することから、このレースで好走した馬が次走JBCクラシックでも活躍するシーンが目立ちます。

今年も中央勢、地方勢ともに有力馬が出走を予定しており、本番であるJBCクラシックへと繋がる熱い戦いが見れそうです。

日本テレビ盃の最新ブックメーカーオッズ

 日本テレビ盃のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

 

ウィリアムヒル

1Xbet

 

日本テレビ盃の見どころ

ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ノットゥルノ、ペイシャエス、フルデプスリーダーの3頭です。1頭ずつ紹介していきます。

まずは前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ)で優勝した実績を持つノットゥルノから紹介します。3歳牡馬のこの馬は、ハーツクライ産駒ということもあり、デビューから2戦は芝レースを使ってきていました。しかし芝では結果が出ず、3戦目からはダート路線に転向しました。そこからは未勝利戦、1勝クラスを連勝し、OPレースや、交流重賞でも善戦しました。一方で、オープンクラスでは、あと一歩勝利には手が届いていなかったですが、前走のジャパンダートダービーでは、いわゆる田んぼ馬場状態の不良馬場を味方につけ、見事に優勝して世代のダート路線の頂点に立ちました。他馬が馬場に苦労する中、道中の位置どりをするすると上げていき、直線では見事に抜け出して後続を完封しました。もちろん、馬場がマッチしたということは言えますが、力がなければできない芸当でした。今回は、台風が過ぎ去った後で、馬場悪化は見込めないかもしれませんが、その自力でどこまでやれるかが注目されます。

次に、ペイシャエスを紹介します。エスポワールシチー産駒で、こちらも3歳馬です。上記で紹介したノットゥルノが勝利したジャパンダートダービーで2着に入ったこちらも実力馬です。その前走のユニコーンステークス(GⅢ)では7番人気という伏兵扱いながら、世代のダートの強豪を相手に見事に先行抜け出しで勝利を挙げました。この馬はエスポワールシチー産駒ということもあり、デビューから一貫してダートを使われてきました。デビュー戦では快勝するも、その後はやや伸び悩みました。しかし今年の春から本格化したか、強さを見せるようになりました。この馬おの強みは先行力で、いつもいい位置取りから直線を迎え、他馬を差し置いて抜け出していくという競馬を得意にしています。馬場も今の所不問という戦績のため、安定して力を発揮してきそうな一頭であることは間違い無いです。

続いて、フルデプスリーダーを紹介します。へニーヒューズ産駒の5歳牡馬です。上位人気に3歳馬が並びましたが、この馬は中堅どころです。この馬は、その血統から、この馬もデビュー以来一貫してダート路線を歩んできました。そして、その道のりは決して順調ではありませんでした。デビュー戦でも敗れ、未勝利を勝ち上がってもオープン入りするまでに何戦もかかりました。2着が非常に多いタイプで、安定しているとも言える反面、詰めが甘い馬でした。昨年の秋についに3勝クラスを勝利してオープン入りするも、またオープンクラスの壁に苦しみました。掲示板にも載れないことも多かったですが、ついに今年の夏に一皮剥けたか、オープンクラスで勝利を挙げると、初めて挑んだ重賞のエルムステークス(GⅢ)で9番人気の低評価ながら1着と大金星を挙げました。オメガレインボーなど、強敵を相手に勝利したため、かなり力をつけていることが証明されました。この馬はこれまで後ろからの競馬も多かったですが、最近は先行策が板についてきました。それで戦績が安定したのかもしれません。騎手の乗り替わりも数多く経験していますが、どのコンビでも安定して成績を出しますし、馬場もそこまで気にしないタイプだけに、力をつけた今ならここでも上位争いが期待されます。ここ2走の勝利は右回りで、船橋競馬場は左回りというところを懸念される方も多いかもしれませんが、これまでの戦績的にはそこまで悪くなさそうです。

日本テレビ盃は、2022年9月28日(水)の20:05に発走予定です。平日ですが、ナイター競馬のため、馬券を買える方は多いかと思います。是非ブックメーカーで馬券を購入してレースを楽しみましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!