最新オッズ

ブックメーカー【フローラステークス2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

2着までにオークスへの優先出走権が付与される、フローラステークスがまもなく開催されます。

フローラステークスの概要

タイトル フローラステークス
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 東京競馬場
性齢 3歳牝馬
コース 2,000m(芝)
賞金 1着本賞金:5,200万円

 フローラステークスはオークスと同じ東京競馬場において芝2,000mで開催されるトライアル競争です。

 出走条件としては、3歳牝馬限定で、JRA所属馬の他、地方競馬所属馬や外国調教馬にも資格が付与されています。

 このレースが開催される東京競馬場芝2,000mコースの特徴を説明します。天皇賞・秋にも使用されるコースで、スタート直後にカーブがあるトリッキーなコースです。外枠を引いてしまうと先手を取るのがとても難しく、データ的にも内枠、特に12枠が有利となっています。特に1枠の馬の成績が良いです。脚質的には基本的には先行が強く、最後の直線は525mと長いですが、追い込みは決まりにくくなっています。フローラステークスの時期は東京競馬場の開幕直後のため、芝の状態が良く、瞬発力で勝負を決めるタイプよりは、前に行って力でねじ伏せるようなタイプの馬の方が狙い目となっています。実際に、過去の勝ち馬を見てもそういった馬が多いことが特徴です。

 血統的には、ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒が良い成績を残しています。ただ、ディープインパクト産駒はこの舞台では過剰に人気しがちなので、回収率的にはいまいちです。また、出走頭数は少ないものの、ヴィクトワールピサ産駒の相性が良い傾向があります。逆に相性が悪いのがナカヤマフェスタやクロフネの産駒です。クロフネ産駒は2,000m以上になると急に活躍が難しくなるため、納得のデータです。

フローラステークスの歴史

 フローラステークスは1966年に創設されました。当初は「サンケイスポーツ賞 4歳牝馬特別」の名称でした。また施行距離も現在と異なり1,800mでの開催でした。1984年からはGⅡに格付けされ、1995年からは地方馬が出走可能に、2010年からは外国馬の出走も可能となりました。創設時は5着馬までに本番のオークスへの出走権が付与されていましたが、現在では2着馬までに変更となっています。

 このレースの歴代の優勝馬には、牝馬3冠を制したメジロラモーヌを始め、マックスビューティやサンテミリオンなど、本番のオークスでも優勝を飾った馬がいます。また、このレースで上位に入理、オークスで馬券に絡む馬も数多く輩出しており、重要なトライアルとなっています。

フローラステークスの最新ブックメーカーオッズ

 フローラステークスのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

フローラステークスの見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのはラスール、マイシンフォニー、ヴァンルーラー、エリカヴィータです。

 まずはラスールから紹介していきます。先日定年引退された藤沢和夫厩舎が管理した最終世代の一頭です。現在は、同じく美浦所属の宮田調教師に引き継がれています。ラスールは2歳時の新馬戦を2着に0.6秒差をつけて圧勝すると、当時管理していた藤沢元調教師らしく無理はせず、暮れの2GⅠには出走させずに年明けのシンザン記念へと向かいました。その素質を評価されて圧倒的な1番人気に支持されましたが、結果は残念ながら7着と敗れました。敗因は不明なようでしたが、一旦立て直すために次走は自己条件の1勝クラスに出走し、再び圧勝しました。時期的に桜花賞には間に合いませんでしたが、目標をオークスに切り替え、フローラステークスを目指すこととなりました。ポテンシャル的にはこのメンバーでも抜けていますから、当然期待される一頭です。ただし、転厩初戦のため、その辺りが影響していないかが懸念はされます。

 次に、マイシンフォニーを紹介します。2020年のセリで26,400万円の値で取引された期待のディープインパクト産駒です。ディープインパクト産駒も残りが少なくなってきましたから、この年の取引価格は上昇傾向にありましたが、その中でも高額で取引されました。オーナーはキーファーズということで、この馬はデビュー以降全てのレースで武豊騎手が手綱を取っています。期待馬だけに初戦から人気を集めましたが、勝ち上がりには時間を要し、今年の2月に通算4戦目に未勝利戦で勝利を挙げました。その後は桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(GⅡ)にも挑戦するも、惜しくも権利を逃す4着に敗退しました。日程的に仕方なかったものの、フィリーズレビューの距離1,400mはこの馬にはやや忙しく、敗戦も致しかなかったです。距離の伸びるオークストライアルのこのレースでは期待がかかります。こちらもラスールに劣らないほどの素質の持ち主ですから、ここを勝利するようならオークスでも有力候補の1頭に名乗りを上げることになります。

 続いて、ヴァンルーラーを紹介します。前走の君子蘭賞(1勝クラス)を逃げ切ってオープン入りした馬です。それまでは後方や中段からレースを進めることも多かったですが、前走では思い切って逃げの手を打ち、見事に逃げ切りました。今回もこれといった逃げ馬はいないため、先手を取れれば、前走同様に粘り切る可能性はあります。

 最後に、エリカヴィータを紹介します。こちらも高額馬です。2020年のセリで18,700万円の値がついたキングカメハメハ産駒です。国枝厩舎所属ということもあり、デビュー前からかなり期待されていました。初戦の新馬戦では圧倒的な1番人気に応えて勝利を挙げました。中段から鋭い末脚を発揮しての強い勝ち方ということもあり、次走のフェアリーステークスでも人気を集めましたが、こちらでは10着と大敗してしまいました。桜花賞路線は諦め、オークスを目標に切り替えて、フローラステークスで権利取りを狙います。新馬戦の勝ち方だけを見ると、クラシックレースで優勝しても不思議ではない素質の持ち主だけに、まずはオークスの権利を取得できる2着以内には入りたいところです。

 フローラステークスは2022424()15:35に発走予定です。オークスに向けた最重要トライアルの一戦です。桜花賞がやや波乱の決着に終わった以上、このトライアルからニューヒロインが出れば、オークスがさらに盛り上がること間違い無しです。是非好きな馬の馬券を買ってレースを楽しみましょう!

ブックメーカー競馬の買い方・オッズの種類・投資法や必勝法|馬券が買えるおすすめブックメーカーサイトを厳選紹介海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!