決済手段

スティックペイの出金方法を全種類紹介!上限・手数料・手順の図解

国際送金とオンライン決済を提供している安全で迅速なeWalletといえばスティックペイです。

スティックペイ(STICPAY)とは?|登録・入金・出金・評判まで詳しく解説スティックペイ(STICPAY)は複数のブックメーカーやオンラインカジノで対応している電子決済サービス(eWallet)です。この記事では、スティックペイの特徴やサービス、使い方、登録方法、入金方法、出金方法、評判まで詳しく解説します。...

スティックペイを使えば、いつでも好きな時にブックメーカーの勝利金を引き出すことができます。

STICPAY(スティックペイ)口座に残高がある場合は次のいずれかの方法で口座から出金を行うことができます。

・国内銀行送金
・海外銀行送金
・代替支払い手段

国内銀行送金も便利ではあるのですが、手数料や着金完了時間などを加味すると圧倒的にSTICPAYカードが便利でお勧めです。

国内銀行送金

STICPAYでは日本国内の銀行に送金することができます。ただし、手数料として1回あたり『600円+送金額の2.5%』の料金がかかり、出金申請から口座への着金までに通常1〜2営業日時間がかかってしまうため、資金をこまめに引出したいたいという方はSTICPAYカードを利用されることをお勧めします。

銀行口座への着金時間(目安) 通常1〜2営業日
手数料 600円 + 2.5%
送金限度額 最小:0円
最大:500,000円

国内銀行送金の場合は、まずは振込先口座の登録が必要となります。「地元の銀行口座を管理する」をクリックしましょう。

「国名」、「名前」、「銀行」、「口座番号」、「支店名」、「銀行支店番号」を入力し、「保存」をクリックします。

登録完了後に国内銀行口座を指定し、出金したい金額を入力します。「次へ」を押して完了となります。

 

仮想通貨で出金

仮想通貨を用いた出金方法もあります。金額を入力し、「次へ」を押しましょう。

ビットコイン(もしくはイーサリアムとライトコイン)を出金する方法は以下です。

※今回はBTC出金ですが他アルトコインも同じ手順です。

出金する数量を入力(BTCの単位で)し出金先のビットコインアドレスを入力

最後に「withdraw」を押してください。

海外銀行送金で引き出す

海外銀行送金(出金)では自分のもっている日本国内の銀行口座にSTICPAY口座の資金を振り込むことができます。ただし、手数料として1回あたり『送金額の5%』の料金と利用する銀行間の送金手数料がかかるため、国内銀行送金と比べても割高になる可能性があります。

銀行口座への着金時間(目安) 通常3〜5営業日
手数料 5%(※銀行間の手数料がさらにかかります。)
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!