国内競馬

ブックメーカー【京都新聞杯2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

日本ダービーの実質的な前哨戦として行われる、京都新聞杯が、まもなく開催されます。

京都新聞杯の概要

タイトル 京都新聞杯
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 中京競馬場
性齢 3歳
コース 2,200m(芝)
賞金 1着本賞金:5,400万円

京都新聞杯は、日本ダービーのトライアルとして実施されているわけではないのですが、この時期に行われるGⅡ競走というだけあり、1着馬はもちろん、2着馬にも賞金的に日本ダービーへの出走が叶う可能性が高いです。実際に、このレースをステップに日本ダービーを制した馬もいるように、重要な前哨戦の一つとなっています。

普段は、レース名の通り、京都競馬場で開催されていますが、今年は京都競馬場が改装工事中ということもあり、中京競馬場で開催されます。

このレースが開催される中京競馬場2,200mコースの特徴を説明します。4コーナー付近からスタートし、馬場を1周するコースです。スタートから最初のコーナーまでが、なんと514mもあるため、先行争いは激しくはなりません。この背景もあり、先行馬が良績を残していることが目立ちます。一方で、逃げ馬はそこまで良い成績を残していません。これは最後の直線が412mと長めで、後方待機している馬にもチャンスがあるためと考えられます。そもそもこのコースは重賞で使われることは少なく、ペースが遅いことの多い未勝利や1勝クラスでの使用が多いにも関わらず、この傾向が出ているため、比較的ペースが速くなりがちな重賞では、より顕著にこの傾向が現れると考えられます。追い込みともなると成績は悪いので、先行馬を中心に、ペースが速くなりそうであれば差し馬までを候補に入れることが推奨されます。

京都新聞杯の歴史

京都新聞杯は、1953年に創設されました。当初は「京都盃」という名称でした。施行距離も2,400mでした。当初は施行時期が秋であり、菊花賞のトライアルとして行われていました。2000年からは現在と同じく5月の開催となりました。2009年からは国際競走に指定されました。昨年(2021年)も京都競馬場の改装都合により中京競馬場で開催されました。

ダービー前の開催となった2000年以降のこのレースの勝ち馬の中には、ダービーも優勝したアグネスフライトや、キズナの名前が輝いています。2着馬からもロジャーバローズがダービーで優勝しています。皐月賞からの直行組がダービーでは最有力であることは確かですが、このレースからでも十分に本番で勝負できることが分かっています。また、勝ち馬がダービーで2着に入ることも多く、過去にはハーツクライやインティライミ、サトノラーゼンなどがこれに該当します。

京都新聞杯の最新ブックメーカーオッズ

 京都新聞杯のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

京都新聞杯の見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ブラックブロッサム、ショウナンアデイブ、リアド、ポッドボレットの4頭です。

 まずは、ブラックブロッサムから紹介します。キタサンブラック産駒の期待馬です。ここまで2戦2勝できています。デビュー戦で難なく勝利を挙げると、迎えた2戦目の大寒桜賞(1勝クラス)では、2着馬に1.3秒の大差をつける圧勝を飾りました。馬場が重だったということもあり父キタサンブラック譲りのパワーが生きたということもありますが、これだけの圧勝は同馬の能力が成せる技です。この馬の強みは、先行しつつラスト3ハロンは速い上がりを使えるという点です。それに、この時期の3歳馬にしては520kgを超える雄大な馬体を誇っており、かなりのパワーを備えているというのもアピールポイントです。馬場が荒れればさらに期待感は高まりますが、仮に良馬場でもデビュー戦で勝利を挙げていますし、キレる脚も持っていますから、期待ができる一頭です。

次に、ショウナンアデイブを紹介します。2020年のセレクトセールで5億6,100万円の値で取引されたディープインパクト産駒の期待馬です。しかし、期待とは裏腹にデビューからなかなか勝利を挙げることができませんでした。新馬戦から4戦連続で2着に敗れてしまいました。そして迎えた5戦目の未勝利戦で待望の初勝利を挙げました。皐月賞(GⅠ)への出走を目指して臨んだトライアルの若葉賞(リステッド)では残念ながら7着に敗れ、目標をダービーに切り替えて臨んでくるこの一戦です。実績的には他の有力馬と比較するとやや劣ることは否めませんが、血統的な背景や、ポテンシャルはこのメンバーでもトップクラスです。強いメンバーとの一戦でこそ、その本来の力を発揮する可能性があり、侮れない一頭です。

続いて、リアドを紹介します。こちらもディープインパクト産駒であり、2019年のセレクトセールにおいて、5億760万円の高値で取引された期待馬です。デビュー戦ではその期待に違わず、2着に0.5秒差をつける圧勝を飾りました。しかし2戦目の若駒ステークス(リステッド)ではダントツの1番人気に支持されるも、2着に敗れました。さらに前走の毎日杯(GⅢ)でも5着に破れ、目標をダービーに切り替え、東上最終便のこのレースに出走してきました。こちらも持っている能力は非常に高く、強いメンバーが揃うこのレースでも上位争いをする可能性は十分に秘めています。

最後に、ポッドボレットを紹介します。こちらは、2020年のセレクトセールで6,600万円の値で取引されたジャスタウェイ産駒です。これまでに紹介した馬たちの取引価格が圧倒的な高値であったため、やや霞んでしまいますが、本来は6,600万円でも高値に入る部類で、この馬も大いに期待された一頭です。デビューから初勝利を挙げるまで3戦かかりましたが、そこからも地道にレースに出走して力をつけていき、前走のすみれステークス(リステッド)で強敵相手に2勝目を挙げました。このレースでは後に青葉賞(GⅡ)で1番人気の支持を集めたレヴァンジルに勝利するなど、期待を集めることとなりました。一方で、そのレヴァンジルが青葉賞で惨敗したことから、評価が分かれる結果となってしまいました。この馬の強みとしては毎回良いスタートを切り、楽に先行集団に取り付く点です。勝つときはそれでいて速い上がりを記録します。前走の勝利を本物と見るかどうかですが、どうやらかなり強くなりそうな馬という評価をする人もいるので、その見解に乗るかどうかです。面白い一頭であることは確かです。

京都新聞杯は、2022年5月7日(土)の15:35に発走予定です。全ホースマンが目標とする日本ダービーに向けた、東上最終便となる一戦で、アツい戦いが見れること間違いなしです。是非馬券を買ってレースを楽しみましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!