最新オッズ

ブックメーカー【川崎記念2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

年明け最初のJpnⅠ競走である川崎記念がまもなく開催されます。

川崎記念の概要

タイトル 川崎記念
格付 JpnⅠ
開催国(競馬場) 川崎競馬場
性齢 4歳以上
コース 2,100m(ダ)
賞金 1着本賞金:6,000万円

 川崎記念は、フェブラリーステークスや、世界最高峰のダート競走であるドバイワールドカップに向けた国内の前哨戦の位置付けのレースです。実質的に年始のダート最強馬決定戦となっております。

 出走枠は、JRA勢が6頭、地方勢が8頭となっております。また、地方勢のうち、3頭以上は南関東地区以外の所属馬と定められております。

 このレースが開催される川崎競馬場2,100mのコースは、馬場を1週半走行し、その間に合計6回のコーナー通過を行います。最初の直線は400mほどあるため、枠順に関わらず先行したい馬は先行しやすいです。ただし、コーナー部分は200mしかなく、南関東地区で最も小回りな、きついコーナーとなっています。よって、最初の直線部分で内側のポジションを取れないと、コーナーで外を回るロスが大きく、スタミナを浪費することになってしまいます。先行力があり、楽に内側のポジションを取れるような馬が有利だといえます。実際、昨年も逃げ馬が勝利を収めました。

川崎記念の歴史

 川崎記念は、1951年に創設された歴史あるレースです。当初はレース名は開設記念でした。中央地方の交流競走となったのは1996年からです。現在の名称に変更されたのは、1979年のことでした。当初は施行距離も現在と異なり3,000mで実施されていました。その後は距離は様々な変遷がありましたが、1999年からは現在と同じく2,100mでの開催となりました。ダートの国際的なクラシックディスタンスは2,000mのため、なるべくそれに近い距離で、尚且つ出走頭数を14頭とするために川崎競馬場のコース形状も考慮して2,100mとなっております。

 過去10年の勝ち馬のうち、9頭はJRA所属馬ですが、昨年は久しぶりに地方所属馬のカジノフォンテンが勝利を収めました。この馬は、2020年の東京大賞典で2着に入った勢いもあり、2着に0.6秒差をつける圧勝の逃げ切り勝ちを収めました。その後もかしわ記念を制するなど、昨年のこのレースの勝利を機にブレイクしました。地方馬で勝利を収めている馬は、アジュディミツオーやフリオーソ、古くはアブクマポーロなど、歴史的にも名を残す馬が多いです。もちろんJRA勢でも3連覇をしたホッコータルマエや、2020年の勝ち馬で、昨年のドバイワールドカップでも2着に入ったチュウワウィザードなど、強豪馬が名を連ねます。

川崎記念の最新ブックメーカーオッズ

 川崎記念のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

1/30(日) 16:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

川崎記念の見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位が予想されるのは、チュウワウィザード、ヴェルテックスのJRA2頭と、地方馬カジノフォンテンです。今年最初のダートグレード競走のJpnⅠで、中央、地方の意地のぶつかり合いが見れることになりそうです。

 まずは、本命視されるチュウワウィザードから紹介します。この馬は通算成績が2310勝であり、4着以下は3度しか経験していないというとても堅実な馬です。デビュー以来一貫してダートの中長距離を使われてきており、マイル以下の距離への出走経験が無いという珍しい馬です。デビュー以来、戦いながら力をつけていき、2019年、4歳時に本格化すると、帝王賞(JpnⅠ)で僅差の2着に入り頭角を表すと、秋にはJBCクラシック(JpnⅠ)で念願のGⅠ級競走での優勝を果たしました。2020年には当レースである川崎記念(JpnⅠ)で優勝した他、秋には中央GⅠであるチャンピオンズカップでも見事に勝利を手にし、名実共に日本のダート界のチャンピオンホースの座に昇り詰めました。その後は、世界最高賞金レースであるサウジカップ(GⅠ)にも挑戦(9)し、ドバイワールドカップ(GⅠ)でも2着に入るなど、世界的にもトップレベルの実力があることを示しました。その後は骨折の影響もあり、勝利を挙げることはできていませんが、昨秋は、骨折明けのJBCクラシック(JpnⅠ)3着、翌走のチャンピオンズカップ(GⅠ)でも2着に入るなど、復調気配を見せており、骨折での能力落ちは感じられないことから、ここでもやはり大本命の一等と考えられます。この馬の強みは、先手を取る競馬から後方待機まで、幅広い戦術を使うことができ、展開に応じて作戦を変えられる点です。今回もどのような展開になっても上位争いをしてくる1頭でしょう。一方で、最近は年齢を重ねたためか、少しズブさも見せ始めています。他馬が勝機を見出すには、加速に手間取っている間に一気に抜け出すという作戦が考えられます。

 続いて、ヴェルテックスを紹介します。先日の名古屋グランプリ(JpnⅡ)を制して、今回の有力馬の一頭ですが、この馬は実は3歳時にJRAで勝利を挙げることが叶わず、一度は競走馬登録を抹消されて地方に移籍した過去があります。地方移籍後は連勝し、中央に再度移籍し、地道にレースを使いながら力をつけていきました。特にダートの長距離に適性があるようで、先日の名古屋グランプリでは2,500mという長距離が見事にハマり、2着に0.5秒差をつける圧勝を飾りました。この馬の武器はその先行力です。スタートがうまく、いつも好位に素早く取り付きます。そのまま内目をロスなく走行し、最後の直線では温存していた力を余すことなく使い、粘り切るようなレースをします。今回、初めてのJpnⅠ挑戦ということでメンバーが強くなりますが、挑戦者の気持ちでいつも通り走れば勝機が見出せるはずです。是非チュウワウィザードより先に抜け出してほしいですね。

 続いて、昨年の覇者である地方馬カジノフォンテンの紹介です。昨年は4番人気ながら2着に0.6秒差をつける圧倒的な勝利でした。その後も春はかしわ記念(GⅠ)を制するなど、フロックでは無いことを見せつけました。秋は疲れもあったのか、成績が奮いませんでしたが、立て直した今回のレースではやはり期待ができる一頭です。この馬が良い成績を挙げるときは逃げる時です。昨年も見事な逃げ切りでした。しかし今回は少し外めの枠に入っていることもあり、思ったように逃げることができるかがカギとなるでしょう。

 川崎記念は2/2()16:10に発走予定です。今年初のJpnⅠ競走です。JpnⅠの舞台で、中央勢と地方勢との熱い闘いが繰り広げられるので、是非応援する馬の馬券を購入してレースを楽しみましょう!

ブックメーカー競馬の買い方・オッズの種類・投資法や必勝法|馬券が買えるおすすめブックメーカーサイトを厳選紹介海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!