競馬

ブックメーカー【アメリカジョッキークラブカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 真冬の中距離G2であるアメリカジョッキークラブカップが間も無く開催されます。

AJCCの概要

タイトル AJCCの見どころ
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 中山競馬場
性齢 4歳以上
コース 2,200m(芝)
賞金 1着本賞金:6,200万円

 アメリカジョッキークラブカップは、前年にG1戦線で活躍した馬や、本年のG1戦線での活躍を目指すような馬たちが出走するレベルの高いレースです。

 このレースの出走枠は、JRA所属馬の他、外国馬9頭まで、地方馬2頭までと定められております。

 このレースの開催される中山2,200mコースの特徴を紹介します。スタートから最初の直線までが432mと比較的長く、最後の直線は310mと短く、直線には急激な上り坂が待ち受けます。また外回りコースを使用するため、道中はほとんどがカーブを走行するようなコースとなります。最初の直線が長く、レースも長距離の部類のため、先行争いはそこまで激しくならない傾向にあります。ただし、稀にどうしても先手を取りたい馬が外枠に入った時には、先行争いが激しくなることがありますので、出走馬と枠に着目してみてください。最後の直線に急坂があることで、パワーが必要になることと、道中はカーブが多いため器用さも求められます。データ的には、長く足を使えるような馬が好走するような傾向にあります。特にステイゴールド系の馬がマッチするようで、好走率が高いです。これは、長距離レースということもあり、道中はゆったり流れることが多いのですが、後半からは一気にペースが上がることが多く、そこでギアチェンジしつつ、スピードを持続させる必要があるためです。過去の勝ち馬を見渡しても、そういったレースが得意な馬の名前が並んでいます。

AJCCの歴史

 アメリカジョッキークラブカップは1960年に創立されました。特徴的なレース名は日米の親善友好目的として、ニューヨーク・ジョッキー・クラブから優勝杯の贈呈を受けたことに由来します。

 創設時は芝2,000mで開催されていましたが、その他の施行距離での開催も経て、1984年以降は現在と同じく芝2,200mでの開催となっております。

 また、開催時期も当初は15日に行われていました。しかし、1961年からは1月中旬に開催されていた金杯と入れ替えが行われ、現在の開催時期となりました。

 2006年から外国馬が出走できるようになり、2020年からは地方馬も出走できるようになりました。

 歴代の勝ち馬には、タケホープやスペシャルウィークといったダービー馬を始め、多くの名馬が名を連ねます。近年でも、トーセンジョーダンやルーラーシップ、ブラストワンピースなどのG1戦線で大活躍した馬達が優勝しております。

AJCC2021の最新ブックメーカーオッズ

 AJCC2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

AJCC2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!