最新オッズ

ブックメーカー【英2000ギニー2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

イギリス競馬にとって5月はクラシック開幕のシーズン。今年も熱い戦いが始まります。

英2000ギニーの概要

タイトル 英2000ギニー
格付 G1
開催国(競馬場) ニューマケット競馬場
性齢 3歳牡・牝
コース 1,600m(芝)
賞金 1着賞金:227,019ポンド(約3,500万円)

各国におけるクラシックレースの基礎となったとされるイギリスのクラシック。ダービーは世界各国に浸透し、それぞれの国で発展していきましたが、2000ギニーもそれは同じ。日本ではこの2000ギニーを模範として皐月賞が開催されたことで知られています。

このレースの違いとして挙がるのは「イギリス競馬の開幕」ということ。通常クラシックレースというのはそこに行きつくまでにステップレースを1月開催から少しずつ行っていきますが、イギリスの場合、11月ごろから3月までがオフシーズン。主に障害レースのシーズンとなるため、平地のレースに出る馬は休養に当てられます。

そのため、2000ギニーに向けたステップレースがあまりないため、半年ぶりの休み明けとなる馬が多くあらわれるのが2000ギニーの特徴とも言えます。ましてや今年はコロナウイルスの影響で競馬開催のシーズンが遅れた上、気温が温暖なドバイで調整をすること自体も四苦八苦する状況。そのためほとんどの馬が年明け緒戦をここで迎えることになります。

また、2000ギニーが行われるニューマーケット競馬場も他の競馬場とは異なります。コース形態を見ればわかると思いますが…この競馬場にはなんと、直線コースしかありません。

日本でも新潟競馬場でアイビスサマーダッシュという直線レースが開催されていますが、ニューマーケット競馬場は直線競馬オンリー。1000mまでしかない日本競馬とは違い、ニューマーケット競馬場のコースを見ると1600mはおろか、2000mのレースまで行うことができます。こんな競馬場は世界でも数少なく、それもまたこのレースの個性となっています。

英2000ギニーの歴史

2000ギニーというレース名の由来は第1回の優勝馬主がもらったとされる賞金にちなんだものから。繁殖能力の選定レースであるというクラシックの大原則を崩さないため、この競走にはセン馬は出走できなくなっています。ちなみに2000ギニー創設当時の賞金総額はおおよそ4000万円と当時のレース体型を考えるとかなり高額。そして現在の賞金総額はおよそ6500万円と文句なしのGⅠレースとして知られています。

英2000ギニーの最新ブックメーカーオッズ

 英2000ギニーのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

英2000ギニーの見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ネイティヴトレイル、コロイバス、ルクセンブルク、ポイントロンズデール、パーフェクトパワーの5頭です。

 まずは最も人気を集めそうなネイティヴトレイルから紹介します。ゴドルフィングループが保有する55勝の無敗馬です。日本でもお馴染みのビュイック騎手が主戦を務めており、すでに重賞4勝、そのうちG12勝している強豪馬です。1番人気に推されるのも当然の実績の持ち主です。この馬はデビューから4戦目までは1,400mのレースを使っており、初めて前走で1,600mのレースに挑戦しました。距離延長を懸念する声もありましたが、難なくクリアしたため、今回も同じくマイルで争われる一戦でも持ち前の強さを発揮する可能性は十分に考えられます。

 続いて、コロイバスを紹介します。こちらもゴドルフィンが保有する有力な1頭です。実はこの馬もこれまでビュイック騎手が全てのレースで手綱を取ってきました。この馬は今回の部隊と同じイギリスのニューマーケット競馬場の芝1,600mでのレースのみにこれまで出走してきました。戦績としては32勝、21回と安定しており、ここでも期待されるのは当然です。この馬の場合は勝利したオータムステークス(GⅢ)で、最後方から直線で全頭を交わす圧巻の末脚を発揮したことも人気に拍車をかけている要因となっています。メンバー構成的にペースが速くなることが予想されるため、この馬の末脚が発揮される可能性は十分に考えられます。

 次に、ルクセンブルクを紹介します。日本でもお馴染み()と言っていいほど国際的な一流レースにはいつも有力馬を送り込んでくる名伯楽A.オブライエン調教師の管理馬の一頭です。オブライエン師は、事前のインタビューにおいて、「ルクセンブルグはすでに仕上がっている。デビュー戦から彼が素晴らしい馬だということは分かっていた」と語り、期待馬を良い形でクラシックレースに送り込めることに自信をのぞかせていました。また、「速いペースが合うみたいだし、これはいい兆候だ」とも語り、メンバー構成的にペースが上がりそうなことにも期待を感じているようでした。この馬の戦績としては、33勝で、昨年秋にフューチュリティTにおいて、待望のG1初勝利も挙げています。そこから長い休養を挟んで、今回が始動戦

 次に、ポイントロンズデールを紹介します。こちらもルクセンブルクと同じくA.オブライエン調教師の管理馬です。このレースにもいつも通り複数の有力馬を送り込んできています。オブライエン調教師のこの馬に対する評価は、「とても勇敢な馬。スピードも十分だが控えることもできると思う。昨年はソフトな馬場で走ったが、良馬場もいけるだろう。」と、その自在性や対応力に期待をかけていました。

 最後に、パーフェクトパワーを紹介します。この時期の馬としてはやや多めの7戦のキャリアを消化している馬です。昨年G Ⅰ2勝しているため、もっと人気をしても良さそうですが、ともに勝ち鞍が1,200mのレースであるため、今回の距離延長が懸念されていると考えられます。これについてはやってみないと分からない部分がありますし、持っている能力は非常に高そうなため、賭けてみるのが面白そうな一頭であることは間違い無いです。

 英2000ギニーは現地時刻202243015:40(日本時刻では202243023:40)に発走予定です。競馬発祥の地で開催される本場のクラシック競走です。騎乗するジョッキー陣も一流どころばかりですし、きっと盛り上がることでしょう!是非馬券を購入してレースを楽しみましょう!

ブックメーカー競馬の買い方・オッズの種類・投資法や必勝法|馬券が買えるおすすめブックメーカーサイトを厳選紹介海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!