最新オッズ

ブックメーカー【東海ステークス2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

来月のフェブラリーステークス(GⅠ)に向けた重要な前哨戦の一つである、東海ステークスがまもなく開催されます。

東海ステークスの概要

タイトル 東海ステークス
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 中京競馬場
性齢 4歳以上
コース 1,800m(ダ)
賞金 1着本賞金:5,500万円

 東海ステークスは正式名称「東海テレビ杯 東海ステークス」として、名古屋市に本社を置く東海テレビ放送が寄贈賞を提供するレースです。フェブラリーステークスに向けた前哨戦として、通常は京都競馬場で実施されています。現在、京都競馬場は改装工事中のため、今回は中京競馬場のダート1,800mで争われます。

 出走条件としてはサラブレッド系4歳以上のうち、JRA所属馬、地方競馬所属馬(最大4)、外国馬に資格が与えられています。

 このレースが行われる中京競馬場1,800mダートコースの特徴を紹介します。正面スタンド前からスタートし、最初の直線が291mとそこそこあるため、そこまで先行争いは激しくなりません。この背景もあるため、逃げ馬や先行馬の成績が良いことが目立ちます。最後の直線は410mと長めですが、コーナーを4回通ることや、先行勢が楽をしがちということもあり、逃げ・先行馬が残りがちです。コーナーで内を回れる方が有利なため、基本的には内枠の逃げ・先行馬を購入されることを推奨します。逆に、差し・追い込み馬はよっぽど実力が抜けていたり、メンバー的にハイペースが見込まれる場合のみ検討する余地がありそうです。

東海ステークスの歴史

 東海ステークスは、1984年にウインターステークスの名称で創設されました。当時はGⅢで、施行距離も2,000mでした。また、開催時期も5月でしたが、距離も含め様々な変遷があり、2013年からは現在と同じく1,800mでの開催に変更されました。1989年からは外国馬が出走可能となり、1996年からは地方馬も出走が可能となりました。また、2014年からは1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権が与えられることになりました。

 歴代の優勝馬には、様々な名馬の名前が挙がります。例えば、1994年の勝ち馬のライブリマウントは、このレースでの勝利をステップに、フェブラリーステークスをも制し、第一回のドバイワールドカップにも挑戦しました。1997年には地方の雄であるアブクマポーロが勝利を挙げたり、2011年にはその後JpnⅠ競走で3勝を挙げることになるワンダーアキュートが勝利を収めるなど、このレースを機に大活躍する馬も多いです。フェブラリーステークスのステップレースになってからも、2015年のコパノリッキーや、2019年のインティが、このレースとフェブラリーステークスを連勝しています。

東海ステークスの最新ブックメーカーオッズ

 東海ステークスのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

東海ステークスの見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、オーヴェルニュ、サンライズホープ、ブルベアイリーデ、アイオライトの4頭です。5番人気以降は少しオッズも離れそうなため、おそらくこの4頭のいずれかが勝利を挙げる可能性が高そうです。

 まずはオーヴェルニュから紹介します。この馬は昨年のこのレースの勝ち馬です。昨年はオープンクラスのレースを2連勝した勢いを持ってこのレースに挑み、見事に3連勝を飾りました。この馬の武器としては、良いスタートを切って、スッと先行し、そのままいい位置をキープし、最後の直線で抜け出す堅実な走りです。昨年のこのレースでは3番手を追走し、最後の直線では一気に抜け出し、2着に0.3秒差をつける完勝でした。昨年は不良馬場で行われましたが、この馬は良馬場でも何度も勝利をしているため、馬場が悪化しないと力を出せないということもなさそうです。昨年はその後GⅠ競走にも何度か挑戦し、結果的には上位争いはできませんでしたが、強豪馬に揉まれてパワーアップしていることが予想されますし、今年もやはり勝利に最も近い一頭であると考えられます。福永騎手が昨年末の香港での落馬負傷により、今回は団野騎手に乗り替わりになる点を不安視されている方もおられるかもしれませんが、団野騎手は昨年も重賞レースで2勝を挙げていますし、問題はないと考えられます。昨年はこのレースは勝利したものの、本番のフェブラリーステークスでは全く力を出しきれず大敗してしまったため、今年はリベンジに燃えていることでしょう。

 続いて、サンライズホープを紹介します。この馬は昨年4歳時に本格化し、春にオープン入りすると、すぐにオープン戦を勝利し、重賞戦線に乗り込みました。シリウスステースク(GⅢ)で待望の重賞初勝利を挙げると、一気にチャンピオンズカップ(GⅠ)に挑戦しました。残念ながら15着と大敗してしまいましたが、良い経験になったと考えられます。ここでは実績は上位ですし、再度のGⅠ挑戦に向けて、良い成績を残したいところでしょう。乗り慣れた幸騎手とのコンビで臨む一戦となりますし、再度の重賞勝利を挙げて本番のフェブラリーステークスに乗り込みたいところです。

 次に、ブルベアイリーデを紹介します。6歳にして、今が充実期の馬です。この馬はデビューは芝スプリント戦でしたが、すぐにダートに切り替えられると、徐々に距離を伸ばしながら、クラスも上げていきます。昨年、5歳時にはオープン戦でも勝利を挙げ、シリウスステークス(GⅢ)でも3着、武蔵野ステークス(GⅢ)でも4着と、重賞戦線でもやれるところを見せました。今回は休み明けの一戦とはなりますが、これまでも休み明けのレースで良い成績を残していることや、1,800mの距離も合いそうな点から、一発が期待される一頭です。ただし、この馬の戦法は差しであり、このコースでは苦戦が強いられる可能性が高いため、少々割引で考えざるを得ないです。

 最後に、アイオライトを紹介します。この馬は昨年末のベテルギウスステークス(L)で初めてオープン勝ちをしたばかりの馬ですが、実は2歳時には全日本2歳優駿(GⅠ)でタイム差無しの2着に入ったことのある実力馬です。その後はオープン勝ちまで意外と苦労しましたが、理由としては戦法が固まってなかったことにあるようです。一方で、現在は逃げというスタンスを確立したようで、以前までのこの馬とは異なります。今回も23番と、逃げるには良い枠を獲得しましたし、出遅れさえなければ順当に逃げの手を見せてくれると思います。他の人気馬が全てこのコースでは不利な外枠に入っていますし内枠の有利さも生かして、逃げ切りを決めても不思議ではありません。

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、オーヴェルニュ、サンライズホープ、ブルベアイリーデ、アイオライトの4頭です。5番人気以降は少しオッズも離れそうなため、おそらくこの4頭のいずれかが勝利を挙げる可能性が高そうです。

 まずはオーヴェルニュから紹介します。この馬は昨年のこのレースの勝ち馬です。昨年はオープンクラスのレースを2連勝した勢いを持ってこのレースに挑み、見事に3連勝を飾りました。この馬の武器としては、良いスタートを切って、スッと先行し、そのままいい位置をキープし、最後の直線で抜け出す堅実な走りです。昨年のこのレースでは3番手を追走し、最後の直線では一気に抜け出し、2着に0.3秒差をつける完勝でした。昨年は不良馬場で行われましたが、この馬は良馬場でも何度も勝利をしているため、馬場が悪化しないと力を出せないということもなさそうです。昨年はその後GⅠ競走にも何度か挑戦し、結果的には上位争いはできませんでしたが、強豪馬に揉まれてパワーアップしていることが予想されますし、今年もやはり勝利に最も近い一頭であると考えられます。福永騎手が昨年末の香港での落馬負傷により、今回は団野騎手に乗り替わりになる点を不安視されている方もおられるかもしれませんが、団野騎手は昨年も重賞レースで2勝を挙げていますし、問題はないと考えられます。昨年はこのレースは勝利したものの、本番のフェブラリーステークスでは全く力を出しきれず大敗してしまったため、今年はリベンジに燃えていることでしょう。

 続いて、サンライズホープを紹介します。この馬は昨年4歳時に本格化し、春にオープン入りすると、すぐにオープン戦を勝利し、重賞戦線に乗り込みました。シリウスステースク(GⅢ)で待望の重賞初勝利を挙げると、一気にチャンピオンズカップ(GⅠ)に挑戦しました。残念ながら15着と大敗してしまいましたが、良い経験になったと考えられます。ここでは実績は上位ですし、再度のGⅠ挑戦に向けて、良い成績を残したいところでしょう。乗り慣れた幸騎手とのコンビで臨む一戦となりますし、再度の重賞勝利を挙げて本番のフェブラリーステークスに乗り込みたいところです。

 次に、ブルベアイリーデを紹介します。6歳にして、今が充実期の馬です。この馬はデビューは芝スプリント戦でしたが、すぐにダートに切り替えられると、徐々に距離を伸ばしながら、クラスも上げていきます。昨年、5歳時にはオープン戦でも勝利を挙げ、シリウスステークス(GⅢ)でも3着、武蔵野ステークス(GⅢ)でも4着と、重賞戦線でもやれるところを見せました。今回は休み明けの一戦とはなりますが、これまでも休み明けのレースで良い成績を残していることや、1,800mの距離も合いそうな点から、一発が期待される一頭です。ただし、この馬の戦法は差しであり、このコースでは苦戦が強いられる可能性が高いため、少々割引で考えざるを得ないです。

 最後に、アイオライトを紹介します。この馬は昨年末のベテルギウスステークス(L)で初めてオープン勝ちをしたばかりの馬ですが、実は2歳時には全日本2歳優駿(GⅠ)でタイム差無しの2着に入ったことのある実力馬です。その後はオープン勝ちまで意外と苦労しましたが、理由としては戦法が固まってなかったことにあるようです。一方で、現在は逃げというスタンスを確立したようで、以前までのこの馬とは異なります。今回も23番と、逃げるには良い枠を獲得しましたし、出遅れさえなければ順当に逃げの手を見せてくれると思います。他の人気馬が全てこのコースでは不利な外枠に入っていますし内枠の有利さも生かして、逃げ切りを決めても不思議ではありません。

ブックメーカー競馬の買い方・オッズの種類・投資法や必勝法|馬券が買えるおすすめブックメーカーサイトを厳選紹介海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!