国内競馬

ブックメーカー【スパーキングレディーカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

夏のダート牝馬マイル王を決める、スパーキングレディーカップがまもなく開催されます。

スパーキングレディーカップの概要

タイトル スパーキングレディーカップ
格付 JpnⅢ
開催国(競馬場) 川崎競馬場
性齢 3歳以上牝馬
コース 1,600m(ダ)
賞金 1着本賞金:2,500万円

スパーキングレディーカップは、川崎競馬場のダート1,600mコースで行われる牝馬限定戦です。

このレースの出走枠は、3歳以上の牝馬のうち、中央競馬所属馬が4頭まで、地方競馬所属馬は南関東地区所属馬が6頭、その他の地区の所属馬が4頭までと定められています。

このレースで優勝した馬には、秋に開催されるレディスプレリュード(JpnⅡ)への優先出走権が付与されます。このレースを機に牝馬ダート界の頂点に駆けあがることを狙うスター候補達が集います。

このレースが開催される、川崎競馬場1,600mコースの特徴は、最初のコーナーまでが約500mと長く、コーナーがとても小回りである点です。先行馬は外枠であっても十分に先行争いができるだけの距離があるため、あまり枠順による有利不利は発生しない傾向にあります。川崎競馬場のコーナーは地方競馬場で最もタイトなため、ここで内でじっと出来る馬が有利です。3、4コーナーで加速して順位を上げるのも難しいため、差し脚質くらいまでは対応が出来ても、追い込み脚質の馬にとっては厳しい形態となっております。昨年は逃げ馬のサルサディオーネが脚質の利を生かして逃げ切りました。血統的には、サウスヴィグラスやクロフネ、ゴールドアリュール産駒が活躍していますが、そこまでずば抜けた成績を上げている種牡馬は見当たりません。あまり血統については重視の必要はなさそうです。

スパーキングレディーカップの歴史

このレースは、1997年に創設された比較的歴史の浅いレースです。当初はダート2,000mで開催されていました。翌年からは中央・地方全国指定交流競走に指定され、GⅢに格付けされました(現在はJpnⅢ)

過去の優勝馬で特筆すべきは、2009年〜2011年にかけてJRA所属のラヴェリータが3連覇を果たした点です。交流重賞となって以降、9割くらいはJRA所属馬が勝利を挙げており、特に近年はJRA組の強さが目立っておりましたが、ついに昨年サルサディオーネ(大井地区所属)が久しぶりに地方競馬所属馬として勝利を挙げました。

秋の大舞台に向けた力試しの一戦という位置づけでもあり、実際、2013年の勝ち馬のメーデイアや、2016年の勝ち馬のホワイトフーガ、そして2020年の勝ち馬のファッショニスタがここを勝った年にJBCレディスクラシック(JpnⅠ)でも勝利を挙げました。

スパーキングレディーカップの最新ブックメーカーオッズ

 スパーキングレディーカップのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

7/3(日) 15:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

スパーキングレディーカップの見どころ

ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ショウナンナデシコ、レーヌブランシュ、レディバグのJRA勢3頭と、地方競馬から古豪サルサディオーネです。

まずは、ショウナンナデシコから紹介していきます。おそらくこのレースでは圧倒的な人気を背負うことが予想されます。この馬は前走ではかしわ記念(JpnⅠ)で見事に優勝し、JpnⅠ級競走を初勝利しました。この馬は次世代のダートグレード競走の路線を引っ張って行く存在になり得るスターホース候補です。昨年までは中央のダート路線で頑張っておりましたが、今年から中央・地方交流重賞競走にチャレンジし始めました。初戦のTCK女王盃競走(JpnⅢ)では2着に敗れ間したが、その後はエンプレス杯(JpnⅡ)、マリーンカップ(JpnⅢ)、かしわ記念(JpnⅠ)と3連勝を決めています。それもその3連勝はどれも快勝で、マリーンカップについては2着馬に1.7秒差をつけて周囲を驚かせました。また、かしわ記念でもこの路線のき強豪を相手に、逃げ切り、2着に0.3秒差をつけて力の差を見せつけました。この馬の強みは、前走で見せた逃げだけでなく、2番手や3番手からも競馬を組み立てられる点です。展開によって位置取りを変えられるので、どんな状況においても自分の力を発揮できる点がストロングポイントです。前走より相手関係が楽になることで、やはり勝利に最も近い一頭であるとは言えますが、今年すでに5戦目と、それなりに使われているだけにやや疲れも心配なところではあります。

次に、レーヌブランシュを紹介します。この馬は2020年の関東オークス(JpnⅡ)と、2021年のレディスプレリュード(JpnⅡ)を制した実績を持っています。今年も、先に紹介したショウナンナデシコと同じくTCK女王盃、エンプレス杯、マリーンカップのローテを歩んでおり、それぞれ4着、3着、3着と安定して上位争いを繰り広げています。去年の秋頃からは出走した全てのレースで掲示板を確保しており、その安定感は魅力です。この馬も先行タイプのため、直線で前が壁になるなどの不利を受けづらいことが、この安定した成績に繋がっていると考えられます。今回はショウナンナデシコをマークしながら進める一戦となりそうです。直線ではどれだけ差を詰められるか、あわよくば交わすことができるかが見どころです。

続いて、レディバグを紹介します。前走で中央の栗東ステークス(L)を制してリステッド競走を初勝利した馬です。交流重賞は、中央のリステッド競走を勝っていれば十分に勝機がありますから、注目される一頭です。この馬の持ち味は後方からレースを進めて、ラスト3ハロンで繰り出す強烈な末脚です。逆にいうと展開待ちな部分はありますが、他の有力馬が先行タイプだけに、前がやり合ってペースが速くなり、出番が来る可能性は十分にあります。

最後に、地方代表のサルサディオーネを紹介します。8歳で迎えた今シーズンもその強さは健在です。前走のさきたま杯(JpnⅡ)では見事に逃げ切り、交流重賞5勝目を挙げました。牡馬混合のレースとなると少し力は劣るものの、牝馬同士の戦いでしたらまだまだ力は上位です。JpnⅠ以外のレースでは1年以上馬券圏を外したこともないのでとても安定しています。この馬は完全なる逃げ馬なので、しっかりスタートを決めて先手をとれるかがポイントとなります。

スパーキングレディーカップは2022年7月6日(水)の20:10に発走予定です。帝王賞で上半期の総決算は終わりましたが、ここから地方競馬も夏競馬本番が始まります!ここから力をつけて秋に花を咲かせるスターホース候補たちの熱い戦いを、是非馬券を買って見守りましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!