最新オッズ

ブックメーカー【関東オークス2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

南関東牝馬3冠レースの最終戦である、関東オークスがまもなく開催されます。

関東オークスの概要

タイトル 関東オークス
格付 JpnⅡ
開催国(競馬場) 川崎競馬場
性齢 3歳牝馬
コース 2,100m(ダ)
賞金 1着本賞金:3,200万円

桜花賞(地方)、東京プリンセス賞とともに南関東の牝馬3冠レースを形成する関東オークスは、川崎競馬場のダート2,100mで開催されます。

このレースの出走枠は、3歳牝馬のうち、中央競馬所属馬が4頭、南関東所属馬が6頭、その他の地区の地方馬が4頭となっております。

レースが開催される川崎競馬場ダート2,100mコースの特徴を説明します。馬場を1週半走行し、その間に合計6回のコーナー通過を行います。最初の直線は400mほどあるため、枠順に関わらず先行したい馬は先行しやすいです。ただし、コーナー部分は200mしかなく、南関東地区で最も小回りな、きついコーナーとなっています。よって、最初の直線部分で内側のポジションを取れないと、コーナーで外を回るロスが大きく、スタミナを浪費することになってしまいます。先行力があり、楽に内側のポジションを取れるような馬が有利だといえます。実際、昨年の勝ち馬は2〜3番手を追走しており、2着馬も逃げの手に出ていました。また、血統的には、キングカメハメハ産駒や、クロフネ産駒の活躍が目立ちます。内枠の先行馬で、これらの種牡馬の産駒がいれば、狙い目となります。

関東オークスの歴史

関東オークスは、1965年に創設されました。当初は1,700mで開催されていましたが、1968年からは2,000mに延長され、1998年からは現行と同じく2,100mでの開催となりました。2000年からは中央、地方交流重賞競走となり、GⅢに格付けされました。2002年までは5月中頃に開催されていたこともあり、中央から強力な馬が参戦してくることは少なかったのですが、2003年からは開催が6月中旬に移行されたことにより、中央でクラシック戦線に参戦していた強豪馬が参戦してくるようになり、レベルが上がりました。そういった背景もあり、2006年からはGⅡに格上げされました。(2007年からはJpnⅡ)

交流重賞になってからの歴代の勝ち馬は、ユキチャンやホワイトフーガなどその後も牝馬のダートグレード競走路線で大活躍した馬の名が挙げられます。ここ20年で地方勢の勝ち馬は3頭と、やや中央勢に押されています。特にここ9年連続で中央勢が勝利を挙げているため、そろそろ地方勢の一発が見たいところです。

ちなみに、南関東3冠を達成した馬は今の所現れていません。

関東オークスの最新ブックメーカーオッズ

 関東オークスのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

 

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

6/14(火) 16:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

関東オークスの見どころ

ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、JRA勢からはドライゼ、グランブリッジ、そしてリッキーマジックの3頭。地方勢からは浦和地区所属のスピーディキックです。この馬は南関東牝馬3冠レースのうち、既に2つを制しており、このレースで3冠に挑戦することで注目を集めています。JRA勢から無敗馬のデリカダが和田竜二騎手とのコンビで出走を予定しており、注目を集めていましたが、直前になり故障を発生し、回避することとなってしまいました。出走していればほぼ勝利は間違いないと言われていた逸材だけに、非常に残念ではありますが、いずれ治癒した後に今回のメンバーとの対戦に期待したいところです。

まずはドライゼから紹介します。ここまで2戦2勝を挙げています。これまではデビューから2戦、7番人気、3番人気とそれほど人気を集めていませんでしたが、デビュー戦は2着に0.7秒差の圧勝、2戦目も2着に0.2秒差の快勝でした。それも、初戦は不良馬場、2戦目は良馬場と馬場を苦にしないことも明らかになりました。脚質としては追い込みで、毎回最速の上がりを繰り出して1着でゴール板を駆け抜けました。今回は、鞍上にD.レーン騎手を配してきたこともあり、おそらく最も人気を集めることになりそうです。無敗のまま関東オークスを制することができるか注目が集まります。

続いて、グランブリッジを紹介します。シニスターミニスター産駒のこの馬は、これまで5戦して2勝を挙げています。やや地味めな血統ということもあり、この馬は人気を集めにくいタイプです。そのため、これまでの5戦全てのレースで人気より上位の着順を収めています。デビュー戦こそ7着と大きく負けてしまいましたが、距離を1,700m以上に伸ばした2戦目以降は4戦連続で馬券圏内に入るなど、安定感を発揮し始めています。このレースでは福永祐一騎手を鞍上に迎えるという鞍上強化を行うため、陣営の色気が伺えます。この馬の強みとしては、先行もでき、後方からの競馬もできる点です。それでいて上がり3ハロンはいつもメンバー中3位以内と、強力な末脚を繰り出しています。展開に左右されない点は魅力ですから、あとはメンバーが強くなることでの影響次第です。

次に、リッキーマジックを紹介します。名前の通り、コパノリッキー産駒の3戦2勝の馬です。やや地味な血統ということもあり、あまり人気を集めるタイプではなかったですが、デビュー戦、2戦目共に人気をいい意味で裏切る快勝を上げました。3戦目の前走青竜ステークス(OP)では初めて1番人気を背負いましたが、休み明けが響いたか、10着に大敗してしまいました。1度叩いたことによる上積みも期待できるため、ここでは再度期待のかかる一頭です。

最後に、スピーディキックを紹介します。浦和地区所属の、大勢レジェンド産駒です。これまで10戦を消化して、6勝、そして2着3回と非常に安定した成績を残しています。そして何と言っても注目すべき戦績は、南関東2冠を制している点です。両方1番人気に支持され、快勝しています。最後の1冠であるこのレースでは、強力なJRA勢を地元で迎え撃つことにはなりますが、この馬の勢いならやってくれるのではと、多くの方が注目しています。確かにここ20年で地方競馬所属馬の勝利は3頭だけと非常に苦戦はしているのですが、今年は一味違う馬が出走しているため、今回については地方馬を信頼するという手もありです。中央競馬でももちろんですが、地方競馬でも3冠は非常に盛り上がりますので、歴史的瞬間を目撃できるかというところが見どころです。

関東オークスは、6月15日(水)の20:10に発走予定です。南関東牝馬3冠達成がかかった大事なレースです。是非馬券を購入して観戦しましょう!

ブックメーカー競馬の買い方・オッズの種類・投資法や必勝法|馬券が買えるおすすめブックメーカーサイトを厳選紹介海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!