最新オッズ

ブックメーカー【JBC2歳優駿2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 JBC競走における2歳カテゴリのレースである、JBC2歳優駿がまもなく始まります。2歳ダート馬の強者達が出走します。

JBC2歳優駿の概要

タイトル JBC2歳優駿2021の見どころ
格付 JpnⅢ
開催国(競馬場) 門別競馬場
性齢 2歳
コース 1,800m(ダ)
賞金 1着本賞金:3,000万円

 JBC2歳優駿は、他のJBC競走が行われる競馬場とは別に、北海道の門別競馬場で開催されますが、開催日は同じであり、注目度の高いレースとなっております。

 出走枠は、JRA勢が何頭まで、地方競馬所属馬が何頭までといった決まりはないです。JBC指定競走として実施されているゴールドジュニア競走や鎌倉記念競走などの成績や、最近の競走成績を参考にJBCが選出した馬が出走可能となっております。

 このレースが行われる門別競馬場の1800mの特徴としては、スタートしてから最初のコーナーまでが270m、最後の直線が330mと、地方競馬場にしてはそこそこある点です。外回りコースは11600mあり、ゆったりしたコーナーとなっているため、外枠の馬の不利がないため、外枠の馬の成績が良いです。内枠よりも外枠の馬の方が勝率が高くなっています。特に外枠の逃げ・先行馬が狙い目となっております。

JBC2歳優駿の歴史

 JBC2歳優駿は2020年に第一回競走が施行されたばかりの新しいレースです。それまでは、北海道2歳優駿として開催されていましたが、2020年にJBC競走(クラシック、スプリント、レディスクラシック)の施行20周年を迎えたこともあり、2歳馬によるJBC競走のカテゴリを新設することになりました。JBC競走は競馬場持ち回りで開催することが通例であるため、本競走も持ち回りでの開催が原則です。ただし、当面の間(少なくとも2022年まで)は北海道の門別競馬場で開催されることが決まっています。これは、JBC競走にブリーダーすなわち生産者との密接な関連という趣旨があるため、国内のサラブレッドのほぼ全ての生産を行なっている北海道で施行するという背景があるためです。第一回目の昨年の開催では、売上金が約10億円と、ホッカイドウ競馬の1競走の売り上げとしては歴代1位の記録となりました。

 JBC2歳優駿として開催されるようになってからは歴史が浅いため、北海道2歳優駿時代も含めての歴史を説明いたします。ダートグレード競走の格付けがされた1997年以降、JRA勢と地方勢の成績は互角で、優勝馬の数はほぼ同じとなっています。やはり、地方馬はデビューも早く、仕上がっていることや、門別開催ということで、特に地元ホッカイドウ競馬所属馬が地の利を生かしているという点が挙げられます。昨年の第一回開催もホッカイドウ競馬所属馬のワンツーでした。

JBC2歳優駿2021の最新ブックメーカーオッズ

 JBC2歳優駿2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

10/31(日) 11:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

JBC2歳優駿2021の見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、JRA勢のアイスジャイアント、オディロン、コマノカモンの3頭及び、地元ホッカイドウ競馬所属のシャルフジン、ナッジ、リコーヴィクターの3頭です。やはり、今年も過去の歴史通り、JRA勢と地元勢の一騎打ちとなりそうです。

 まずはアイスジャイアントから紹介します。この馬は9月に中京競馬場で行われた1,800mの新馬戦を圧勝しました。着さこそ大きくないものの、2番手追走からの最速の上がりを繰り出し、優勝しました。最初は逃げていたものの、途中から捲ってきた馬に先手を奪われるという、リズムを崩しそうな展開ではありましたが、危なげなく優勝しました。初戦からこういった器用な勝ち方ができるだけに、どんな展開でも実力を発揮できるポテンシャルを秘めていると思われます。このレースでもそのポテンシャルを発揮して上位争いを繰り広げることが期待されます。

 続いて、オディロンを紹介します。この馬は新種牡馬キタサンブラック産駒の1頭です。父親のキタサンブラック自体は芝で活躍した馬でしたが、走り方を見て明らかなように、とてもパワーを秘めた馬でした。馬場が悪化しても、より強さを発揮したように、きっとダートを走らせても無双したのではないかと思われます。そんな父のパワーを引き継いだと思われるオディロンは、芝レースでデビューするも、期待に応えられず6着に敗れてしまいました。陣営はすぐにダート路線に切り替え、次走のダート競走では早速初勝利を挙げることに成功しました。キタサンブラック産駒はデビューからまだ日が浅いため、まだ血統的な裏付けはないのですが、逆に言うと未知の魅力を存分に秘めているともいえます。是非このレースでもそのポテンシャルを発揮して上位争いを見せて欲しいです。

 続いて、コマノカモンです。この馬は9月に行われダート新馬戦を圧勝しました。タイム差が0.7秒と言うことで、同じレースに出ていたメンバーとは能力の違いを見せつけました。しかし、2戦目は同世代の強豪ダート馬を相手に5着に敗れてしまいました。初戦と違い、控える競馬が合わなかったのか、新馬戦ほどのパフォーマンスを発揮できませんでした。おそらく今回は初戦同様逃げることが予想され、新馬戦同様に圧勝するか、2戦目のように負けてしまうのか、予想がつきませんが楽しみがある一頭であることは間違い無いです。

 ここからは地元ホッカイドウ勢の2頭を紹介します。

 1頭目はシャルフジンです。この馬の強みはやはり先行力です。全4戦において、全て逃げもしくは2番手で競馬しております。今回はこのコースで有利な外枠先行馬の1頭であり、地の利もあるため、強力なJRA勢が相手でも、十分に勝負になる可能性がある1頭です。

 もう1頭はナッジです。この馬は2歳のこの時期ですでに8戦を消化しているという経歴の持ち主です。最初こそなかなか勝ち上がれませんでしたが、3戦目に勝利を挙げてからは、一度も馬券圏内を外さず、ここ3戦は全て勝利を収めるなど、今最も勢いに乗るホッカイドウ所属馬といっても過言ではないです。この馬は好位を追走しつつ、速い上がりを使う事を得意としており、本レースにおいても自分の得意な展開に持ち込めるかがカギとなっております。

 今年のJBC2歳優駿は、門別競馬場の1,800mで開催されます。金沢競馬場で開催されるJBC競走3つとは開催地が異なりますが、このメンバーの中には、来年以降のダート界を先導していくような実力馬が含まれている可能性も大いにあります。そのような将来のスターホースの輝ける未来に期待して、是非馬券を購入して応援しましょう!

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!