国内競馬

ブックメーカー【北海道スプリントカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

北海道の門別競馬場のダートグレード競走の開幕戦である、北海道スプリントカップがまもなく開催されます。

北海道スプリントカップの概要

タイトル 北海道スプリントカップ
格付 JpnⅢ
開催国(競馬場) 門別競馬場
性齢 3歳以上
コース 1,200m(ダ)
賞金 1着本賞金:2,200万円

レース名の通り、1,200mのスプリント戦で行われるこの一戦では、ダートスプリント路線の強豪が集います。

このレースの出走枠は、3歳以上の馬のうち、中央競馬所属馬が4頭、ホッカイドウ競馬所属馬8頭、その他の地区の地方馬が4頭と定められています。

レースが行われる門別競馬場ダート1,200mコースの特徴を紹介します。

一言で言うと、明らかに逃げ馬が有利なコースで、追い込み馬は完全に無視すべきと言えるコースです。と言うのも、最初の直線が470mもあるため、先行争いは激しくなりづらく、先手を楽に取る馬がリラックスして走ってしまうためです。最後の直線は330mありますが、十分に息が入った逃げ馬が、前半の貯金を十分に活かしきり、逃げ切る馬が多いです。次点で先行馬も良績を残しています。一方で、差し馬は苦戦しており、追い込み馬はほぼ全滅しています。血統的にはサウスヴィグラスやゴールドアリュール産駒の成績が良いです。逆に、クロフネ産駒やメイショウボーラーの産駒はあまり相性が良くないようです。

北海道スプリントカップの歴史

北海道スプリントカップは1997年に創設された比較的新しいレースです。当初は札幌競馬場のダート1,000mコースで施行されました。その後は旭川競馬場で開催されたり、札幌競馬場に戻ったこともありましたが、2009年より、現行の門別競馬場での開催となりました。2010年からは距離も現行の1,200mに変更されました。

歴代の優勝馬の中で一際異端なのが、2000年優勝の北海道地区所属のオースミダイナーです。この馬は現在の年齢の数え方でいう12歳で勝利を飾りました。10番人気という低評価でしたが、地元ホッカイドウ地区勢の意地を見せて、強力な中央競馬勢に打ち勝ちました。その他で特筆すべきは、今は種牡馬としても活躍し、このレースにも度々有力馬を送り出しているサウスヴィグラスが2002年、2003年に連覇を果たしました。勝ち馬はやはりJRA勢が多いですが、近年では唯一、2020年に地元北海道地区のメイショウアイアンが何と10歳にして勝利を挙げました。また、ダートスプリント界の強者が揃うこともあり、このレースの勝ち馬が、秋のJBCスプリント競走(JpnⅠ)を制することもあるため、今年のこの路線を占う一線となります。

北海道スプリントカップの最新ブックメーカーオッズ

 北海道スプリントカップのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

 

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

5/29(日) 18:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

北海道スプリントカップの見どころ

ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、リュウノユキナ、ダンシングプリンス、ヒロシゲゴールドの3頭です。いずれもJRA所属馬です。北海道地区所属馬も多く出走するのですが、少し人気の面ではJRA勢に及ばないようです。

まずはリュウノユキナから紹介します。先日、黄綬褒章を受賞した大ベテランの柴田善臣騎手が跨り、1番人気が予想される一頭です。善臣騎手は椎間板ヘルニアのため半年近く休養されていましたが、先日5カ月ぶりに実戦復帰したところで、早速有力馬の依頼が舞い込んでいます。この馬はヴァーミリアン産駒の7歳牡馬です。デビューは地方競馬でしたが、芝適性を見出され、中央競馬に転籍しました。その後は意外と芝レースでは活躍できずに、ダート路線に活路を見出されます。序盤はなかなか苦戦していましたが、2020年の秋頃から急に本格化したのか、成績が安定し始めました。オープン戦を勝利すると、満を持して臨んだ昨年春のダートグレード競走の東京スプリント競走(JpnⅢ)でいきなり優勝しました。その後もダートグレード競走を連戦し、クラスターカップ(JpnⅢ)で勝利を挙げた他、ほぼ全てのレースで2着以内に入る安定感を見せています。柴田善臣騎手との相性もとても良く、今回久しぶりのコンビ復活にも期待が持てます。日本ダービーではベテランの武豊騎手が勝利を挙げましたが、さらにベテランの柴田善臣騎手もここで勝利を上げれば盛り上がるところです。

次に、ダンシングプリンスを紹介します。こちらも元地方馬です。芝短距離で活躍したパドトロワ産駒の6歳馬で、戦績としては13戦9勝、2着1回、3着1回とかなり安定した成績を残しています。ダートに限れば、馬券圏内を外したのは1戦だけと驚異的な戦績と言えます。特筆すべきは今年の2月に行われたリヤドダートスプリント(GⅢ)での勝利です。この日はルメール騎手が無双状態となり、幾つもの大レースを勝利しましたが、この馬とのコンビで臨んだこのレースでも見事に勝利を挙げていました。デビューから2戦は芝レースを使っていましたが、3戦目からダート路線に舵を切ると、そこからは6連勝でオープン入りしました。勢いを持って臨んだ2020年のカペラステークス(GⅢ)では3着に入り、重賞戦線でも活躍できることを印象づけました。実際、1年間力をつけて、リベンジの舞台として臨んだ2021年のカペラステークスでは見事に優勝しました。そして勢いを持って臨んだ前走では世界のダートの強者相手に勝利を挙げるまでに成長しました。今回は海外帰りで状態がどうかという点が気掛かりではありますが、持っている能力的にはメンバー中トップクラスですから、十分に優勝の可能性を秘めた一頭です。

最後に、ヒロシゲゴールドを紹介します。昨年のこのレースの勝ち馬です。こちらも7歳馬と、このレースの上位人気馬はベテランが目立ちます。サウスヴィグラス産駒のこの馬は、デビューからほぼ全てのレースでダートの短距離を使われてきました。デビュー戦こそ快勝したものの、その後は少し伸び悩みます。2019年頃から身が入ってきたか、急に成績が安定しだし、一気にオープンクラスまで上り詰めます。そこからは中央・地方交流ダートグレード競走にも参戦しだし、なかなか勝ちまではしないものの、昨年のこのレースでついに勝利を挙げました。あまり成績が安定しているタイプではないですが、逆にいうと一発の魅力がある馬です。今回はハマる番かどうかを予想しがいのある一頭です。

北海道スプリントカップは、2022年6月2日(木)の20:00に発走予定です。仕事がある方もこの時間であれば見れるという方も多いと思います。是非馬券を買って、初夏の熱い戦いを見守りましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!