国内競馬

ブックメーカー【阪神大賞典2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

天皇賞・春(GⅠ)に向けた重要なステップレースである阪神大賞典がまもなく開催されます。

阪神大賞典の概要

タイトル 阪神大賞典
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 阪神競馬場
性齢 4歳以上
コース 3,000m(芝)
賞金 1着本賞金:6,700万円

 阪神大賞典は、阪神競馬場芝3,000mで開催されます。このコースは阪神大賞典専用のコースとなっています。

 出走資格としては、4歳以上の馬のうち、JRA所属馬以外にも地方馬、外国馬にも与えられています。地方馬の場合、このレースで2着以内に入ると、天皇賞・春の優先出走権が付与されます。地方馬以外でも、このレースで優勝した馬には、天皇賞・春の優先出走権が付与されます。

 このレースが行われる阪神競馬場芝3,000mコースの特徴を紹介します。内回りコースを約2周する形態となっています。スタートから最初のコーナーまでは360mとそこそこあり、長距離レースということもあり、先行争いはそこまで激しくなりづらいです。道中のペースもそこまで速くなりづらいことや、内回りコースということもあって最後の直線も356m程度と長くはないため、先行馬が良績を残しています。コーナーを6回通過することもあり、内枠馬が有利であることは否めません。基本的には内枠の先行馬を狙うということが推奨されます。また、特徴として1番人気の馬が非常に強いです。と言いつつ、昨年のアリストテレスは着外に沈みましたが、基本的にはここ10年でも勝率が高く、馬券内率も非常に高いです。

 血統的には、ステイゴールド産駒やハーツクライ産駒、ディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。内枠の先行馬で、尚且つこれらの産駒であれば、積極的に狙いたいところです。

阪神大賞典の歴史

 阪神大賞典は、1953年に阪神競馬場で創設されました。当時は2,000mで開催されていましたが、様々な距離の変遷を経て、1974年からは現行の3,000m となりました。1995年からは地方馬の出走が可能となり、2002年からは外国馬の出走も可能となりました。

 歴代の勝ち馬には、やはり名ステイヤーが多いです。長距離GⅠで無双したメジロマックイーンや、長距離レースで力を発揮したナリタトップロードやトウカイトリックの名前が並びます。特筆すべきは2013年から3連覇したゴールドシップです。この馬はスタミナ自慢でとにかく長距離には強かったですね。

 このレースをステップに天皇賞・春を制した馬も多く、近年でもディープインパクトやゴールドシップ、レンボーラインらが挙げられます。昨年の勝ち馬のディープボンドもこのレースをステップに天皇賞・春では2着でしたが凱旋門賞に挑戦したり、暮れの有馬記念でも2着に入るなど、活躍しました。

阪神大賞典の最新ブックメーカーオッズ

 阪神大賞典のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

阪神大賞典の見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ディープボンド、マカオンドール、アイアンバローズ、ユーキャンスマイルの4頭です。

 まずは最上位人気が予想される昨年の覇者であるディープボンドを紹介します。昨年はこのレースでの勝ちを機に一気にブレイクした一頭です。昨年は本番の天皇賞・春でも2着に入りました。その後、凱旋門賞(GⅠ)に挑戦するためにフランスに遠征し、前哨戦のフォア賞(GⅡ)では優勝し、満を持して本番に臨みました。残念ながら凱旋門賞では世界の強豪達には敵わず、大敗を喫してしまいました。しかし、海外帰りの暮れの有馬記念(GⅠ)ではあわや優勝かという見せ場を作りながらの2着と、国内では一線級の実力を保持していることを改めて確認できました。この馬の持ち味はなんと言っても無尽蔵のスタミナを持ち合わせて要る点です。昨年のこのレースでも、圧倒的なスタミナを見せ、他馬を圧倒しました。天皇賞・春でもかなり早めのスパートをかけましたが、最後まで優勝争いを繰り広げるスタミナを見せました。阪神大賞典は、毎年、2週目の3コーナーあたりからペースアップし、そこからスタミナが問われるレースになるため、この馬にピッタリの舞台と考えられます。今年の古馬王道路線での大活躍が期待されている一頭だけに、ここは落とせない一戦と言えます。一方で、陣営としても、ここは通過点として、その先を見据えているでしょうから全力で仕上げてきてはいないでしょうから、付け入る隙がない訳ではないです。

 続いて、マカオンドールを紹介します。ここのところ力をつけてきている4歳馬です。2歳時から重賞でも上位争いを繰り広げ、ホープフルステークス(GⅠ)にも出走した実力の持ち主でしたが、その後はやや伸び悩みました。昨年秋頃からは父ゴールドシップということもあり、長距離適正にかけ、長距離路線にシフトされました。すると、素質が開花したか、長距離戦線で条件線、オープンクラスと連勝を飾りました。特に、前走の万葉ステークス(OP)ではそこそこメンバーが揃っていましたが、しっかりした末脚を発揮して見事に優勝しました。一気の斤量増や、メンバーのさらなる強化という点はやや不安ではありますが、末脚は確かなだけに、前が崩れるような展開になれば台頭が考えられます。

 次に、アイアンバローズを紹介します。昨年暮れの名物長距離重賞のステイヤーズステークス(GⅡ)2着に入って、長距離的適性があることを見せつけました。デビューは芝のマイル戦でしたが、徐々に距離を伸ばしていき、主に2,400m以上のレースで頭角を表しました。距離は長ければ長いほど良いタイプのようで、3,600mで行われるステイヤーズステークスでも良い結果が出たようです。これまでは中段あたりからレースを進めることが多かったですが、前走では初めて逃げの戦法に出ました。今回も、是が非でも逃げたいという馬はいないため、前走同様に逃げればアッと言わせる可能性は秘めた馬です。

 最後に、ユーキャンスマイルを紹介します。一昨年のこのレースの覇者であり、昨年も2着に入っています。この馬は3歳時に菊花賞(GⅠ)3着に入り、長距離適性を見出されると、その後は阪神大賞典だけでなく、ダイヤモンドステークス(GⅢ)にも勝利するなど、そのスタミナは確かなものであると証明しました。さすがにGⅠともなると少し力が足りず、勝利には手が届いていませんが、GⅡまででしたら十分に勝つ力を持ち合わせており、今回も展開ひとつではあると考えられます。

 阪神大賞典は2022320()15:35に発走予定です。天皇賞・春に向けた最重要トライアルの一戦です。是非馬券を買って好きな馬を応援しましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!