国内競馬

ブックメーカー【クラスターカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

夏の盛岡競馬場で行われるスプリント戦であるクラスターカップがまもなく開催されます。

クラスターカップの概要

タイトル クラスターカップ
格付 JpnⅢ
開催国(競馬場) 盛岡競馬場
性齢 3歳以上
コース 1,200m(ダ)
賞金 1着本賞金:2,300万円

クラスターカップの名称の由来は、文字通り”星団”を表わしており、多くの競馬場が連携して、しのぎを削りあう姿をイメージしています。

このレースの出走枠はフルゲート14頭です。このうち、JRA所属馬が5頭、地元岩手競馬所属馬が4頭、他地区の地方馬が5頭までと定められています。

このレースが行われる盛岡競馬場ダート1,200mコースの特徴を紹介します。向こう正面からスタートして、ワンターンでゴールを迎えるコースです。スタートから最初のコーナーまでの距離が500mもあるため、基本的には先行争いはそこまで激しくはなりません。最後の直線が300mとそこまで長くないということもあり、逃げ馬の成績が圧倒的です。次点で先行馬です。直線には高低差1.5mの急坂が待ち受けているため、坂が苦手な馬はここで脱落することがあります。坂のあるコースでの実績は要チェックとなります。血統的には、サウスヴィグラスやアドマイヤムーンの勝率や馬券圏内率が高いのが目立ちます。特にサウスヴィグラス産駒の勝率が高いことが際立っています。サウスヴィグラス自体もこのレースを勝利していますし、このコースとも相性が良いのだと考えられます。

クラスターカップの歴史

このレースは1996年に創設されました。比較的歴史の浅いレースです。創設時から中央競馬・地方競馬の交流重賞でした。当初から盛岡競馬場のダート1,200mで施行されていました。1997年からGⅢに格付けされました。2007年、2008年は水沢競馬場のダート1,400mでの施行に変更されていましたが、2009年からは現行通り盛岡競馬場のダート1,200mでの開催に戻りました。これまで合計26回の開催のうち、JRA所属馬の優勝は22回を数えます。逆に地方勢の勝利は4回のみと、JRA勢の強さが際立っています。

歴代の優勝馬には、その後、国内ダートスプリント界の頂点であるJBCスプリント(JpnⅠ)も制覇するような馬が何頭も現れています。例えば、ノボジャックやサウスヴィグラス、ダノンレジェンドなどがその類です。地方勢の勝ち馬で有名なのは2013年の覇者であるラブミーチャンです。2歳時から大活躍していたラブミーチャンにとって、6歳で迎えた2013年のこのレースが引退レースであり、見事に勝利を収めました。ここ5年はJRA所属馬が勝利を収めていますが、そろそろ地方勢の反撃にも期待がかかります。

クラスターカップの最新ブックメーカーオッズ

 クラスターカップのオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

スポーツベットアイオー

 

ウィリアムヒル

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

8/13(土) 18:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

クラスターカップの見どころ

 ブックメーカーのオッズで上位人気が予想されるのは、ダンシングプリンス、リメイク、リュウノユキナのいずれもJRA所属の3頭です。一頭ずつ紹介していきます。

 まずは最上位人気が予想されるダンシングプリンスを紹介します。こちらは元地方馬です。芝短距離で活躍したパドトロワ産駒の6歳馬で、戦績としては14戦10勝、2着1回、3着1回とかなり安定した成績を残しています。ダートに限れば、馬券圏内を外したのは1戦だけと驚異的な戦績と言えます。特筆すべきは今年の2月に行われたリヤドダートスプリント(GⅢ)での勝利です。この日はルメール騎手が無双状態となり、幾つもの大レースを勝利しましたが、この馬とのコンビで臨んだこのレースでも見事に勝利を挙げていました。デビューから2戦は芝レースを使っていましたが、3戦目からダート路線に舵を切ると、そこからは6連勝でオープン入りしました。勢いを持って臨んだ2020年のカペラステークス(GⅢ)では3着に入り、重賞戦線でも活躍できることを印象づけました。実際、1年間力をつけて、リベンジの舞台として臨んだ2021年のカペラステークスでは見事に優勝しました。そして勢いを持って臨んだ前々走では世界のダートの強者相手に勝利を挙げるまでに成長しました。さらに海外帰りの前走北海道スプリントカップ(JpnⅢ)でも優勝しました。連勝中の勢いもありますし、持っている能力的にはメンバー中トップクラスですから、十分に優勝の可能性を秘めた一頭です。

 次に、リメイクを紹介します。ラニ産駒の3歳牡馬です。ここ数戦コンビを組んでいた福永騎手ではなく、川田騎手とのコンビで挑む一戦となりますが、これはおそらく斤量51kgで福永騎手の騎乗が困難であったためと考えられます。ただ、川田騎手はピンチヒッターにしては十分すぎるほどの腕の持ち主ですから、この乗り替わりについては心配は不要と考えられます。リメイクは、今年の3歳ダート路線で活躍している一頭で、昇竜ステークス、端午ステークスといずれもOPクラスの一戦を勝利しました。1番人気に支持された前走のユニコーンステークス(GⅢ)では、中段からレースを進めるも、終盤にいつもの脚が使えず、6着と負けてしまいました。それでもこの敗戦で見限るのは早計であり、3歳トップクラスの実力を持った一頭として、古馬相手にどこまでやれるかが注目です。

 次に、リュウノユキナを紹介します。この馬はヴァーミリアン産駒の7歳牡馬です。実はこの馬もダンシングプリンス同様、デビューは地方競馬でしたが、芝適性を見出され、中央競馬に転籍しました。ヴァーミリアンはダートでの活躍が目立っていましたが、芝でも重賞を勝っていたように、血統的には芝での活躍の可能性は十分に秘めていました。しかし、その後は意外と芝レースでは活躍できずに、ダート路線に活路を見出されます。序盤はなかなか苦戦していましたが、2020年の秋頃から急に本格化したのか、成績が安定し始めました。オープン戦を勝利すると、満を持して臨んだ昨年春のダートグレード競走の東京スプリント競走(JpnⅢ)でいきなり優勝しました。その後もダートグレード競走を連戦し、去年のこのレースで勝利を挙げた他、ほぼ全てのレースで2着以内に入る安定感を見せています。前走の北海道スプリントカップ(JpnⅢ)では珍しく2着を外しましたが、それでも3着に入るなど高い安定感を見せています。勝ち切るかと言われると、やや疑問がある馬ではありますが、高い確率で馬券内に入ってくるであろう一頭です。

 クラスターカップは、2022年8月16日(火)の16:40に盛岡競馬場で発走となります。お盆休み明けの方が多いかと思いますが、そんな憂鬱な気分を馬券的中で晴らしましょう!

ブックメーカーの競馬の買い方・オッズの見方【2022】海外競馬レース一覧おすすめサイト海外ブックメーカーサイトで馬券の買い方を解説。ブックメーカーの競馬の特長やメリット、対象となるレース、オッズの賭け方から馬券を買うことができるおすすめサイトまで詳しく紹介。ブックメーカー競馬で使える投資法や必勝法も紹介!...
【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!