サッカー投資法

ブックメーカー投資法【サッカー】前半Over0.5投資法の賭け方と注意点について徹底解説!!

今回は、ブックメーカー中級者、上級者向けの手法を紹介します。

前半Over0.5投資法という、前半に得点が入ることを予想するベット方法です。

試合開始直後の得点を狙う事前ベットと前半終了間際の高オッズを狙う2つの賭け方があるのですが、まずは試合選定の方法から理解してください。

トウシくん
トウシくん
bet365のアカウントをもっていないのであれば登録をすませてください。ブックメーカー投資をする上で外せないbet365の使い方も分かりやすく解説しています。

【初回限定】bet365入金ボーナス

bet365を初めてプレーされる方は、入金するだけで最大7000円のフリーベットが無料で進呈されます。完全リスクゼロで試すことができますので未登録の方はまずはチェック!

詳細ページ公式ページ

サッカー前半Over0.5投資法の概要

前半Over0.5投資法の条件は、以下になります。

  • Match Goalsの基準点が3.5(2.5の場合は、Overのオッズが1.6前後)
  • 1st Goalのオッズ差が3倍前後

それぞれの条件について、くわしく説明します。

基準点について

bet365では、試合前に基準点が分かります。

matchgoal

どちらに賭けても2倍前後なのですが、最も多い基準点が2.5です。

3.5ということは、格差試合または得点力がある(守備が弱い)チーム同士の対戦であると判断できます。

ただし、2.5でも狙えないことはありません。

2.5の試合に賭ける場合、Overのオッズが1.4~1.6台であることを確認してください。

1st Goalの差が3倍前後

フルタイムのOver0.5投資法では、1st Goalの差が2倍以上というのが条件でしたが、今回は前半だけの勝負なのでさらに基準を高くして、3倍前後の差がある試合を対象にします。

3倍の差があるということは、力の開きがかなり大きいと判断できるため、前半に最低でも1点以上は入る確率が高いと予想できます。

ただし、差が小さくても基準点をクリアしている場合はベットの条件を満たしていると考えます。

得点の多いリーグを狙おう

今回は前半に1点入らないと負けになりますから、格差試合を選ぶのは当然ですが、得点がよく入るリーグを重点的にチェックするようにしましょう。

おすすめは、下記リーグです。

  • 北欧(アイスランド、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン)
  • チェコ、ルーマニア、ブルガリアなどの欧州マイナーリーグ
  • 中東(UAE、サウジアラビア、クウェートなど。イランは除く)
  • フィリピン
  • 欧州、オーストラリア女子

この中でも、特に2部、3部などの下部リーグの方が勝率が高い傾向があります。

これらのリーグは、資金力や戦力が充実していて、昇格を目指しているチームとアマチュアとレベルが変わらない弱小クラブが混在しているため、格差試合が多いのです。

また、東南アジアだとフィリピンが得点が入りやすいです。

中東も格差試合が多いのですが、イランは1-0や0-0などロースコアの試合多いのでおすすめしません。

ベット戦略

概要が分かったところで、実際にベットする際の戦略を説明します。

前半Over0.5投資法は、2つのやり方があります。

事前ベット

上で説明した条件を満たしていた場合、試合前にベットする方法です。

サッカーは、試合の開始直後と終了間際に得点が入りやすいのですが、格差試合の場合はそれが顕著に表れます。

格上チームは、開始直後からボールの支配率で圧倒的に上回り、一気に攻め込むことが多いので、前半5~10分以内に得点が入ることがよくあります。

それを狙って、事前ベットするのです。

平均的なオッズは1.2~1.4以内で、これより低いオッズはかまいませんが、1.4以上の場合は避けた方が無難です。

ライブベットだと、狙っていた試合でベットのタイミングを見計らっているときに得点が入ってしまうということがよくあるので、それを避けることができます。

ただし、事前ベットは諸刃の剣ですから、なかなか試合が動かずやっと得点が入ったと思ったらオッズが2倍前後になっていたということもあります。

トウシくん
トウシくん
事前ベットする際は、高オッズが多いピナクルのオッズを必ず確認しましょう

ライブベット

これは、高オッズを狙いたい人向けの方法になります。

前半の30分ごろまで我慢して、試合の流れを見て、攻め込む回数やシュート数が多かった場合にベットします。

オッズはできれば1.8以上が理想です。

もちろんそのまま0-0で前半が終わることもありますが、全勝する必要はありません。

こちらに、オッズと損益分岐点を上回るための必要勝率を表にしました。

オッズ 必要勝率
1.5 約67%
1.6 約63%
1.7 約59%
1.8 約56%
1.9 約53%
2.0 50%

オッズが1.8のときの必要勝率は約56%ですから、3勝2敗ペースでも十分に利益が残る計算になります。

注意点としては、連勝と連敗が偏ることがあるので、負けが続いたときに熱くなってベット額を上げないことが大切です。

実戦例

ここでは、bet365の実際のオッズを見ながら賭けるべき試合の見分け方を説明します。

【例1】

前半Over0.5投資法1
1st Goalの差は少ないですが、Match Goalの基準が3.5で、しかもOverのオッズが低くなっています。

こういう試合は点の取り合いになることが多いので、前半に1点以上は入る確率が高いです。

【例2】

前半Over0.5投資法2
1st Goalの差が約3倍。Match Goalsの基準は2.5ですがOverのオッズが低いので、これもベットの対象になります。

【例3】

前半Over0.5投資法3
1st Goalの差が約3.5倍。Match GoalsのOver2.5が1.66倍ですから基準を満たしています。

これだけ開きがあれば、事前ベットで賭けてもいいですし、ライブベットで試合状況を見てからベットしても大丈夫です。

【例4】

前半Over0.5投資法4
1st Goalの差が約2倍。Match GoalsのOver2.5が1.61倍ですからベット考えてもいい試合です。

ただし、事前ベットは避けてライブベットで状況を見ながら賭けることをおすすめします。

サッカー投資法一覧

ブックメーカーサッカーの投資法の一覧です。

まとめ

トウシくん
トウシくん
今回の前半Over0.5投資法は、アンダー投資法などで安定して資金を増やせるようになった人向けの手法です。
低オッズの試合と比較すると勝率は落ちますが、トータルで利益を残すことを考えましょう。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
連敗が続いて熱くならないように注意が必要ですね。
ブクメちゃん
ブクメちゃん
なんかプロトレーダーみたいで格好いいね。私もいつかは挑戦したいな!