ブックメーカー実践

ブックメーカーのアジアンハンディキャップって何?

Pocket

ブックメーカーを利用すると、最初はどちらが勝つかの簡単な賭けから始める人が多いと思いますが、慣れてくると、もっと色々な賭けかたを模索し始めると思います。

そこで登場するのがアジアンハンディキャップ(Asian Handicap)です。複雑なようで、嫌煙しがちですが稼いでいるプレイヤーはアジアンハンディキャップをうまく使って賭けています。

今回は、アジアンハンディキャップの特徴・ルール・賭け方などをまとめました。ています。アジアンハンディキャップ対応のブックメーカーにて賭ける際の参考にお役立て下さい!

アジアンハンディキャップとは?

アジアンハンディキャップは、サッカーの試合などで勝敗予に想登場するオッズの種類です。対戦チームの実力差が大きい場合によく用いられる方法で、あらかじめ両チームに任意のハンデ+1.5や-0.5などが付けられています。

例えばこんな試合

この対戦では実力差があるので、普通の勝敗予想では、SDウエスカのオッズは23.00です。もちろん大穴を狙ってそのまま賭けてもいいのですが、やはりレアルマドリードには勝てないだろうと誰もが予想します。

そのままレアルに賭けても、オッズは1.11であまりプラスになりません。

そこでアジアンハンディキャップの登場です。

各チームの後ろに書かれた(-2.5)や(+2.5)は最終的なゴール数に()内の数字を足すことでゲームのバランスを図ります。

この場合3-0のスコアでゲームが終了しても、レアルの3点から2.5点がマイナスされ、得点は0.5点。SDウエスカには2.5点がプラスされますので、0.5対2.5点でSDウエスカの勝利となります。

このように、ハンデをつけることで、よりゲームを面白くするのが、アジアンハンディキャップです。

もともと、インドネシアをはじめアジアの賭博で使用されていたHang Cheng Bettingという賭け方が起源で、アジアンハンディキャップという言葉は1998年にジャーナリストのJoe Saumarez Smith氏が作ったと言われています。当時はブックメーカーのオンライン化が始まった頃で、各社がサッカーベッティング市場にアジアンハンデを採用して世界中に知られるようになりました。

ポイント

アジアンハンディキャップにはドローはなし

「ホームが勝つ」か「アウェイが勝つ」の2択でオッズが並びます。

ハンデを足してドローなら賭け金は返金される

基本的には+0.5、+1.0、+1.5、のように0.5きざみでハンデが付くので、ドローになることはほぼないのですが、たまに+1や-2などの整数のハンデが付いた試合があります。この場合は試合結果によってはハンデ計算後にスコアが引分けになることもあります。

ハンデがゼロの場合のドローも返金される
アジアンハンディキャップには、「ハンデゼロ」という選択肢もあります。このオッズへ賭けると、試合に結果が、変動することはなく、普通の勝敗予想と変わらない結果となります。ただし試合が引分けの場合、賭け金は返金されます。

アジアハンディキャップのスプリット

緑枠のように、ハンデが2つ付いた「スプリット」または「ツーウェイ(2way)」よ呼ばれる賭け方があります。この場合は賭け金が二等分されますので要注意!

例えば画像の試合で「アトレティコ・マドリード(-1.0、-1.5) オッズ1.87倍」を選んで$10賭けたとします。この場合―1.5の条件に$5、―1.0の条件に$5づつ賭けた扱いになります。

必ずこの配分は50%づつで、自分で割合の変更などはできません。そして、試合結果に応じて「両方とも的中」「両方とも不失敗」「半分的中で半分失敗」「半分的中で半分はドロー扱いの返金」などの払戻しが生じます。

ぱっと見だとちょっとわかりづらいですが、当たる可能性が増えるので、一度賭けてみてください。何度か賭ければすぐに慣れ、内容も理解できると思います。

因みに、上記の試合で、結果が2-1なら、半分ドローで返金、半分よ予想失敗となり、$5の戻りになります。試合結果が2-0や3-1であれば、両方的中になり、オッズ通り$18.7の返金となります。

ライブベットでのアジアンハンディキャップ

アジアンハンデは試合中(ライブベット)でも賭けることができます。注意したいのは、特に記載がない場合「賭けた時点までに動いているスコアは無視する」ということ!

たとえば、賭ける直前までに2-0や1-2や3-2などスコアが動いていたとしても関係なく、賭けた時点を0-0として考え、それ以降のスコアに対してハンデを足し引きし、賭けた後から試合終了時点までの結果で的中・不的中を判断します。

例えば、前半終了時点でホームが1-0でリードしていて、このときに「ホーム-0.5」のハンデに賭けたとします。

仮にそのまま試合は進み、1-0のまま試合が終了しました。

この場合、賭けた時点を0-0とするので、実際の試合は1-0で試合は終了しましたが、スコアは0-0のまま。ここにハンデの―0.5を足さなくてはいけないので、試合結果は―0.5対0で不的中となります。

アジアンハンディキャップまとめ

アジアンハンディキャップは通常の勝敗予想の、一歩先を行く賭け方です。最終結果がどれくらいの点差で勝敗が付くか、ライブベットであれば、賭けた時点から試合がどう動くのか、しっかりと見極めて賭ける必要があります。

そうすれば、より高いオッズに、より確実な勝敗予想に賭けることができると思います。その為のハンディキャップ予想!とても面白いので、ぜひ一度試してみてください。