大相撲

【大相撲三月場所14日目】大栄翔 対 竜電

■ 2020.03.21

13:00-

エディオンアリーナ大阪

  大栄翔 --draw-- 竜電
logo 1.60 - 2.25
logo 1.62 - 2.28
Pocket

大相撲三月場所の14日目が令和2年3月21日に、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催されます。

ここまで3連敗、7連勝、2連敗と調子の波が激しい大栄翔の14日目は、前頭5枚目の竜電との取組です。オッズは、大栄翔に有利なオッズとなっています。過去の対戦成績は大栄翔の4勝4敗と五分五分の戦績となっています。

大栄翔の13日目は、小兵炎鵬との取組でした。大栄翔は7勝5敗で13日目を迎え、三役復帰に向けて負けられない一番です。炎鵬は、ここまで5勝7敗。場所前に痛めた首の影響と、上位との取組では技で体格差をカバーできず、苦戦しています。立ち合いは、炎鵬が大栄翔の中に入ろうとしましたが、大栄翔が上手く止めてそのまま突き押しますが炎鵬は肩透かしのような形で両者ともに土俵外に落ちました。最初は大栄翔に軍配が上がりましたが、ビデオ判定の結果、土俵を割るのが同時の「同体」で取り直しとなりました。二度目の取組は、中に入ろうとする炎鵬と中に入れまいとする大栄翔の小競り合いとなりました。最後は、大栄翔が出てくるところを炎鵬がうまくいなして、引き落としで大栄翔は敗れました。一度目の立ち合いで引き落としを食らっていたため、大栄翔は腰が引けてしまい、大栄翔の持ち味を出せませんでした。

対する竜電の13日目は、小結の北勝富士との取組でした。竜電はここまで5勝7敗、北勝富士は3勝9敗で13日目を迎えました。取組は互角の立ち合いから、北勝富士のおっつけに竜電は耐える相撲になりました。上手を切ると、そのまま押し返して最後は寄り切りで北勝富士を下しました。

本取組は、押し相撲の大栄翔と四つ相撲の竜電の取組となります。大栄翔はここまで良い相撲を取れていますが、勝ち星が伸びていません。大栄翔が立ち合いを制し、自分の押し相撲をできれば竜電を問題にしないと予想します。オッズでも有利で地力でも勝る大栄翔勝利を予想するのが妥当でしょう。

SUMO

大相撲令和2年3月場所(おおずもうれいわにねんさんがつばしょ)は、2020年(令和2年)3月8日から3月22日までの15日間、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催される大相撲本場所である。

http://www.sumo.or.jp/