大相撲

【大相撲三月場所13日目】鶴竜 対 貴景勝

■ 2020.03.20

13:00-

エディオンアリーナ大阪

  鶴竜 --draw-- 貴景勝
logo 1.36 - 3.00
logo 1.34 - 3.24
Pocket

大相撲三月場所の13日目が令和2年3月19日に、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催されます。

3場所連続休場中から今場所は優勝争いに加わっている横綱大関鶴竜の13日目は、大関の貴景勝との取組です。オッズは、鶴竜が圧倒的に有利なオッズとなっています。過去の対戦成績は鶴竜の3勝1敗です。

12日目の鶴竜は、小結の遠藤との取組でした。前半戦で二つ星を落としましたが、後半戦に向けて横綱らしい取組を続けており、復調している鶴竜。前の取組で白鵬が負けたため、勝てば星数で並べる大事な一番です。一度目の立ち合いは、頭からいきましたが、合いません。二回目の立ち合いも頭からいって激しい立ち合いとなりました。遠藤に中に入られて前まわしを取られましたが、瞬時の判断で右を取りにいって、最後は上手投げで遠藤を下しました。少し危ない取組内容でしたが、冷静でした。徐々に身体も動けるようになってきて、心技体が整っているように見える取組でした。

対する貴景勝は怪我の影響なのか、ここまで5勝6敗とピリッとしません。8日目の北勝富士戦に勝利した後に、土俵下の座布団に腰を下ろす瞬間、左足が痙攣して脚の調子が悪いことが見て取れました。そのあと9日目から三連敗と厳しい場所になっており、怪我が心配されます。12日目は、前頭5枚目の竜電との取組でした。竜電もここまで7敗と後がありません。取組は、互角の立ち合いから、貴景勝が突き落としで竜電を下しました。貴景勝の得意の押し相撲ではありませんでしたが、冷静な相撲内容で白星を獲得。脚の調子が良くないため、工夫して獲得した白星となりました。残り三日、横綱戦を残す中で厳しい取組が続きます。

本取組は、後半戦に向けて調子を上げてきている鶴竜と、脚の不調で本来の力を出せていない貴景勝の取組となります。貴景勝は脚の不調のため踏ん張りがきかず、得意の押し相撲ができないため、なかなか厳しい取組内容になるでしょう。貴景勝は押し相撲以外では鶴竜には通用しないことが予想されます。また、踏ん張りがきかないため、中に入られやすく、四つ相撲になると勝ち目がありません。今場所徐々に調子を上げてきて、地力でも勝る鶴竜勝利を予想するのが妥当でしょう。

SUMO

大相撲令和2年3月場所(おおずもうれいわにねんさんがつばしょ)は、2020年(令和2年)3月8日から3月22日までの15日間、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催される大相撲本場所である。

http://www.sumo.or.jp/