大相撲

【大相撲三月場所12日目】白鵬 対 正代

■ 2020.03.19

13:00-

エディオンアリーナ大阪

  白鵬 --draw-- 正代
logo 1.10 - 6.50
logo 1.1 - 6.8
Pocket

大相撲三月場所の12日目が令和2年3月19日に、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催されます。

1敗で優勝争いのトップを走る白鵬の12日目は、関脇の正代との取組です。オッズは、白鵬が圧倒的に有利なオッズとなっています。過去の対戦成績は白鵬の9勝1敗と圧倒しています。そのうちの1敗は、2017年三月場所で、場所前に負った怪我の影響で本来の実力を出せなかった黒星です。

11日目の白鵬は、小結の北勝富士との取組でした。前日に前頭5枚目の阿武咲にまさかの黒星を喫した白鵬。連敗するわけにはいかない大事な一番です。一度目の立ち合いは合わず、北勝富士が立ち合いで優位に立とうとする意思が伝わりました。二回目は、白鵬の腰の低い立ち合いに北勝富士はなすすべなく、押し出しで白鵬が北勝富士を下しました。速攻相撲で、文句のつけようのない素晴らしい取組内容で、10勝目を挙げました。連敗しないことで有名な白鵬ですが、今回も連敗はせず、底力を見せつけました。

対する正代の11日目は、横綱大関鶴竜との取組でした。立ち合いは、鶴竜に押されます。のど輪で上体を起こされ、そのまま押し出しで敗れました。正代は先場所素晴らしい取組内容で躍進したため今場所はさらなる躍進が期待されていましたが、これで5勝6敗と黒星が先行してしまい、先場所の腰の重い取組が出来ていません。この日も横綱相手に何もできず、上位相手にはまだ通用していないことが見て取れました。

本取組は、盤石な相撲で勢いを取り戻した白鵬に対して、なかなか上位相手に良い相撲が出来ていない正代が胸を借りる形になります。正代は四つ相撲を得意としています。立ち合いで白鵬の上体を起こすことができれば、勝機が見えるでしょう。しかし、正代が白鵬に立ち合いで勝つのは難しいことが予想されます。立ち合いで白鵬に押されてしまうと勝ち目はないでしょう。本取組は、地力に勝る白鵬勝利を予想するのが妥当です。

SUMO

大相撲令和2年3月場所(おおずもうれいわにねんさんがつばしょ)は、2020年(令和2年)3月8日から3月22日までの15日間、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催される大相撲本場所である。

http://www.sumo.or.jp/