大相撲

【大相撲三月場所10日目】白鵬 対 阿武咲

■ 2020.03.17

13:00-

エディオンアリーナ大阪

  白鵬 --draw-- 阿武咲
logo 1.10 - 6.50
logo 1.1 - 6.8
Pocket

大相撲三月場所の10日目が令和2年3月17日に、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催されます。

初日から9連勝で首位を独走している白鵬の10日目は、前頭5枚目の阿武咲との取組です。オッズは、白鵬が圧倒的に有利なオッズとなっています。過去の対戦成績は白鵬の2戦全勝で、過去の対戦では阿武咲は何も出来ていません。

9日目の白鵬は、前頭5枚目の竜電との取組でした。白鵬は立ち合いで、右からカチあげていきました。前がかりになっていた竜電を起こすような立ち合いでした。竜電は上体が起こされた状態で押し相撲となりましたが、懐に入られず、粘りの相撲を見せました。しかし、白鵬は阿武咲の右手をたぐって、最後は押し出しで竜電を下しました。なりふり構わず勝ちにいく、いつもの強い白鵬の取組内容でした。しかし、竜電も押し相撲では負けない粘り強さも見せました。

対する阿武咲の9日目は、前頭2枚目の徳勝龍との取組でした。阿武咲はここまで5勝3敗で白星先行、徳勝龍は上位に苦戦して1勝7敗と黒星先行で9日目を迎えました。阿武咲は立ち合いで、徳勝龍の上体を起こしにいくことに成功しましたが、徳勝龍を下げることができず、左四つの形にされてしまいます。阿武咲はそのまま押されて、最後は寄り切りで敗れました。立ち合いは良かったですが、徳勝龍の圧力に屈した形で黒星となりました。

本取組は、阿武咲がここまで気迫のこもった取組を続ける白鵬に胸を借りる形になります。阿武咲の得意の形は、一直線に前に出る相撲です。引きには警戒して、一気に前に出る相撲で優位に立ちたいところです。しかし、ここまで腰の重い取組を続けている白鵬には通用しないと予想されます。白鵬はここまで無傷の9連勝で、優勝に向けて視界良好ですが、まだ上位との取組を残しているため、気を引き締めて一番一番相撲を取ると予想され、死角はないように思います。また、過去の対戦でも白鵬は圧倒しています。白鵬勝利を予想するのが妥当でしょう。

SUMO

大相撲令和2年3月場所(おおずもうれいわにねんさんがつばしょ)は、2020年(令和2年)3月8日から3月22日までの15日間、大阪のエディオンアリーナ大阪で開催される大相撲本場所である。

http://www.sumo.or.jp/