サッカー

イタリア・セリエA第8節 カリアリvsサンプドリア

■ 2021.10.17

19:30-

サルデーニャ・アレーナ

  CAG --draw-- SAM
logo 2.60 3.30 2.62
logo 2.50 3.50 2.75
logo 2.63 3.37 2.68
logo 2.68 3.46 2.77
logo 2.715 3.580 2.715
logo 2.70 3.40 2.65
logo 2.64 3.35 2.68
logo 2.66 3.50 2.66
logo 2.64 3.48 2.64
logo 2.62 3.64 2.62
logo 2.69 3.55 2.69
logo 2.65 3.40 2.60
logo 2.70 3.40 2.70

イタリア・セリエA第8節、カリアリ(勝ち点3/20位)vsサンプドリア(勝ち点6/15位)の一戦が、現地時間2021年10月17日にイタリア・カリアリにあるサルデーニャ・アレーナにて開催されます。

両チームは1990年以降に58回対戦しており、対戦成績は18勝18敗22分けの五分となっています。直近では2021年3月に対戦しており、2-2のドローとなっています。直近の5試合では、カリアリの3勝1敗1分けとなっています。

カリアリは昨季のセリエAを16位で終え、なんとかセリエA残留を果たしています。今季はワルテル・マッツァーリ監督が就任し、FWケイタ・バルデ(モナコ/フランス)やMFケヴィン・ストロートマン(マルセイユ/フランス)らを補強しています。しかしこれまで勝利が無く、4敗3分けで最下位に低迷しています。これまでに無失点だった試合が無く、既に16失点を喫している守備陣を改善しない限り、順位を上げるのは難しいでしょう。

対するサンプドリアは昨季のセリエAを9位で終えましたが、UEFAカップ戦出場圏内までは勝ち点で16足りませんでした。今季はFWケイタ・バルデがレンタル終了でモナコ(フランス)に復帰となりましたが、FWマヌエル・デ・ルカをキエーヴォから補強しています。比較的移籍に関する動きは緩やかな状況です。昨季32試合に出場し、チームに必要不可欠となった日本代表DF吉田麻也は残留し、ロベルト・ダヴェルサ新監督下でも信頼を勝ち得ていると言えるでしょう。開幕から1勝3敗3分けとなっていますが、ユヴェントス相手に奮闘するなど、チーム力は昨季よりも上がっています。DF吉田麻也は全試合先発フル出場を果たしており、2ゴールを挙げています。

各ブックメーカーのオッズは非常に拮抗しており、同オッズというブックメーカーも多くなっています。この試合はサンプドリアの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

Serie A

セリエAは、「レガ・カルチョ」によって運営されているイタリア・プロサッカーリーグのトップディヴィジョンです。

http://www.legaseriea.it/