プロ野球

【速報】プロ野球勝敗予想オッズ!!オリックス・バファローズ vs. 千葉ロッテマリーンズ 25回戦

■ 2021.10.14

18:00-

京セラドーム大阪

  オリックス・バファローズ --draw-- 千葉ロッテマリーンズ
logo 1.61 - 2.20
logo 1.68 - 2.15
logo 1.67 - 2.21
logo 1.704 2.260
logo 1.656 2.256
logo 1.67 - 2.21
logo 1.656 - 2.256
logo 1.65 - 2.26
logo 1.666 - 2.27
logo 1.66 - 2.20
logo 1.64 - 2.18

プロ野球は終盤戦に入り、首位争いは激化してきており大事な試合が続いています。本記事では、オリックス・バファローズ対千葉ロッテマリーンズの試合をピックアップします。両チームの対戦成績は、オリックスの10勝9敗5分です。

オリックスはここまで66勝52敗17分で首位に立っています。前半戦は、山本投手と宮城投手の強力な先発陣に加え、吉田選手を筆頭に杉本選手や福田選手が打線を引っ張り、投打ともに優秀な成績を残して首位で折り返しました。後半戦は24勝18敗6分。大事なロッテとの本カードは、初戦は終盤に追い付いて引き分けに持ち込みましたが、2戦目を2-8で落としてしまいました。3回に打者一巡の4失点を許し、投手陣が踏ん張れませんでした。ゲーム差は「1.5」にまで縮まり、1996年以来24年ぶりのリーグ優勝のためにも本試合は白星を挙げたいところです。

本試合のオリックスの先発は、プロ2年目の宮城 大弥投手です。今季はここまで21試合に先発して12勝3敗、防御率2.31。21試合の先発のうち、15回のクォリティスタートを達成しており、抜群の安定感を誇ります。ロッテ戦は今季4試合に登板し1勝0敗、防御率3.97と比較的苦手としています。前回登板の10月1日のソフトバンク戦は、7回を投げて7安打無四死球1失点(自責点0)。3試合連続で3失点以上し、2連敗中と調子を落としていましたが、ランナーを出しても併殺で切り抜けるなど要所を締める投球が光りました。本試合も引き続き、好調を維持できるか注目です。

対するロッテの先発は、プロ2年目の佐々木 朗希投手です。今季はここまで9試合に先発して2勝2敗、防御率2.81。9試合の先発のうち、3回のクォリティスタートを達成しています。オリックス戦は今季1試合に登板し5回2失点でした。前回登板の10月7日の楽天戦は、7回を投げて4安打1四球2失点(自責点1)。安定感のある投球で楽天打線を抑え、ハイクオリティスタートを達成しました。本試合も引き続き安定した投球を披露できるか注目です。

本試合は、大事な首位攻防カード最終戦です。若手投手同士の投げ合いになることが予想されます。ここでは、宮城投手の好投とオリックス打線に期待してオリックスが一矢報いることを予想しておきます。

ブックメーカーの野球の賭け方や違法性、おすすめサイトを詳しく紹介!!ブックメーカーの野球の基本的な賭け方からキャッシュアウトのやり方まで詳しく解説します。ブックメーカーと野球賭博の違法性の違いとは!?野球の試合に賭けることができるブックメーカーや賭け方の種類なども詳しく解説します。...

Nippon professional baseball(NPB)

プロ野球は、日本のプロ野球トップリーグです。

https://npb.jp/