サッカー

スペイン・ラ・リーガ第14節 グラナダvsレアル・マドリード

■ 2021.11.22

00:15-

ヌエボ・ロス・カルメネス

  GRA --draw-- RMA
logo 6.50 4.50 1.44
logo 7.50 4.40 1.44
logo 6.13 4.61 1.49
logo 7.830 4.600 1.469
logo 7.000 4.800 1.504
logo 7.20 4.50 1.47
logo 7.00 4.50 1.46
logo 6.850 4.700 1.475
logo 6.75 4.62 1.45
logo 6.85 4.70 1.47
logo 7.50 4.50 1.44
logo 7.30 4.55 1.47

スペイン・ラ・リーガ第14節、グラナダ(勝ち点9/18位)vsレアル・マドリード(勝ち点27/2位)の一戦が、現地時間2021年11月21日にスペイン・グラナダにあるヌエボ・ロス・カルメネスにて開催されます。

両チームは2012年以降に16回対戦しており、通算成績はグラナダの1勝15敗となっています。直近では2021年5月に対戦しており、レアル・マドリードが4-1で勝利しています。直近の5試合では、レアル・マドリードの5勝となっており、グラナダは2013年に唯一、レアル・マドリードから勝利を挙げています。

ホームのグラナダは昨季のラ・リーガを9位という好成績で終えています。昨季チーム最多の9ゴールを挙げたFWロベルト・ソルダードがレバンテに移籍するなど主力選手の放出がありましたが、ベテランFWカルロス・バッカ(ビジャレアル)や若手MFモンチュ(ジローナ)を獲得しています。開幕から1勝5敗6分け(第9節アトレチコ・マドリード戦は延期)となっており、徐々に改善されつつあるものの、なかなか勝ち点が増やせていません。

対するレアル・マドリードは昨季のラ・リーガを首位アトレチコ・マドリードと勝ち点2差の2位で終えています。攻撃面ではレアル・マドリードでの12シーズン目を迎え、昨季23ゴールを挙げ、今季も既に10ゴールを挙げているFWカリム・ベンゼマに続く選手がおりませんでしたが、今季既に7ゴールを挙げているFWヴィニシウス・ジュニオールが覚醒しそうです。またDFセルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス)とDFラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)を欠く守備陣については、DFダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)らを獲得したものの層が薄いと言わざるを得ません。開幕から13試合で、既に13失点を喫しています。

各ブックメーカーのオッズは、レアル・マドリードが5倍近くのオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合はレアル・マドリードの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

La Liga

ラ・リーガはスペインのプロサッカーリーグで、プリメーラ・ディビシオン(1部)、セグンダ・ディビシオン(2部)で構成されています。

https://www.laliga.com/

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!