サッカー

スペイン・ラ・リーガ第14節 バルセロナvsエスパニョール

■ 2021.11.21

05:00-

カンプ・ノウ

  BAR --draw-- ESP
logo 1.33 5.00 8.50
logo 1.36 4.80 9.00
logo 1.38 5.11 8.98
logo 1.384 5.180 9.050
logo 1.39 5.30 9.10
logo 1.38 5.10 8.10
logo 1.36 5.00 9.00
logo 1.36 5.15 8.90
logo 1.344 5.100 8.800
logo 1.41 5.40 9.30
logo 1.33 5.00 9.00
logo 1.39 5.30 8.90

スペイン・ラ・リーガ第14節、バルセロナ(勝ち点19/7位)vsエスパニョール(勝ち点17/11位)の一戦「バルセロナ・ダービー」が、現地時間2021年11月20日にスペイン・バルセロナにあるカンプ・ノウにて開催されます。

両チームは1990年以降に73回対戦しており、対戦成績はバルセロナの46勝8敗19分けとなっています。直近では2020年7月に対戦しており、バルセロナが1-0で勝利しています。直近の5試合では、バルセロナの4勝1分けとなっています。

バルセロナは昨季のラ・リーガを3位で終え、今季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得ています。今季はFWメンフィス・デパイ(リヨン/フランス)やFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド)を獲得するなど、攻撃陣のバックアッパーを中心に補強を進めました。しかしFWリオネル・メッシのパリ・サンジェルマン(フランス)への移籍や、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)の移籍による大きな穴は埋められていません。開幕からの12試合を5勝3敗4分けとしていますが(第4節のセビージャ戦は延期)、既に14失点を喫しています。そして第11節のラージョ・バジェカーノ戦での敗戦が決定的となり、ロナルド・クーマン監督が解任されています。後任にはクラブOBのシャビ氏の就任が決定しています。

対するエスパニョールは昨季ラ・リーガ2部で優勝し、1年で1部に返り咲きました。今季はMFアレクセイ・ビダルをセビージャから、MFヤンヘル・エレーラをマンチェスター・シティ(イングランド)からのレンタルで獲得しており、選手層に厚みを持たせています。攻撃面ではいまだ4ゴールと元気が無く、昨季23ゴールを挙げたFWラウール・デ・トマスが7ゴールを挙げる活躍を見せているものの、他のFW陣にはまだゴールがありません。

各ブックメーカーのオッズは、バルセロナが6倍以上のオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合はバルセロナの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

La Liga

ラ・リーガはスペインのプロサッカーリーグで、プリメーラ・ディビシオン(1部)、セグンダ・ディビシオン(2部)で構成されています。

https://www.laliga.com/

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!