Jリーグ

ルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦 横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

■ 2021.06.13

17:00-

ニッパツ三ツ沢球技場

  横浜FM --draw-- 札幌
logo 1.57 4.20 5.25
logo 1.57 4.00 4.75
logo 1.52 4.25 4.80
logo 1.613 4.440 5.060
logo 1.63 4.32 4.76
logo 1.62 4.55 4.75
logo 1.56 4.10 4.90
logo 1.625 4.300 4.740
logo 1.53 4.10 5.17
logo 1.63 4.32 4.76
logo 1.610 4.333 4.850
logo 1.60 4.20 4.50
logo 1.61 4.10 4.90

ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、横浜F・マリノス(グループD1位)vsコンサドーレ札幌(グループA2位)の一戦が、2021年6月13日に神奈川県横浜市にあるニッパツ三ツ沢球技場にて開催されます。

ルヴァンカップはグループステージを終え、各グループの上位2チーム、合計8チームによるプレーオフステージの勝者4チームがノックアウトステージに進出します。

両チームは1998年以降に25回対戦しており、対戦成績は横浜F・マリノスの17勝4敗4分けとなっています。直近では2021年6月にプレーオフステージ第1戦で対戦しており、1-1のドローとなっています。直近の5試合では、横浜F・マリノスの3勝1敗1分けとなっています。

ホームの横浜F・マリノスはグループDを1位(4勝2分け)で通過し、プレーオフステージ進出を決めています。J1リーグでは、昨季崩壊した守備の再構築が進んではいるものの、第14節の鹿島アントラーズ戦の様に大量失点するケースもあります。一時は11戦負け無し(8勝3分け)で一気に勝ち点を稼ぎ、現在3位につけています。横浜F・マリノスは今季FWレオ・セアラーを獲得し、途中出場が多いながらも2ゴールを挙げています。FWオナイウ阿道が得点ランキング3位の10ゴールを挙げており、またFW前田大然が得点ランキング4位タイの9ゴールを挙げる活躍を見せており、圧倒的なスピードと激しい上下動を支えるスタミナを武器に、チームに欠かせない存在となっています。ノックアウトステージ進出にはスコアレスドローもしくは勝利が求められます。

対するコンサドーレ札幌はグループAを2位で通過し、プレーオフステージ進出を決めています。J1リーグでは苦しい戦いが続いていましたが、直近の5試合では3勝1敗1分けと調子を取り戻しつつあります。今季はナイジェリア人FWガブリエル(ウィダド・カサブランカ/モロッコ)を補強しましたが、新型コロナウイルスの影響で入国が遅れ、いまだ出場できていません。今季新加入のベテランMF小野伸二にも注目してみましょう。攻撃陣ではFWアンデルソン・ロペスが12ゴールと好調を維持しており、彼の活躍無くして勝利は得られないでしょう。そんなアンデルソン・ロペスには中国のクラブ等が熱視線を送っています。ノックアウトステージ進出には2得点以上でのドローもしくは勝利が求められます。

各ブックメーカーのオッズは、横浜F・マリノスが3倍以上のオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合は横浜F・マリノスの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーサッカーの予想オッズと賭け方・投資法について徹底解説【最新版】ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

Levain Cup

ルヴァンカップは、Jリーグに加盟するクラブが参加するカップ戦です。

https://www.jleague.jp/leaguecup/