Jリーグ

明治安田生命J1リーグ第38節 サガン鳥栖vsヴィッセル神戸

■ 2021.12.04

14:00-

駅前不動産スタジアム

  鳥栖 --draw-- 神戸
logo 2.80 3.25 2.50
logo 2.80 3.10 2.45
logo 2.82 3.31 2.42
logo 2.94 3.45 2.48
logo 2.864 3.340 2.504
logo 2.97 3.35 2.40
logo 2.84 3.30 2.46
logo 2.864 3.340 2.504
logo 2.850 3.320 2.495
logo 2.86 3.34 2.50
logo 2.87 3.40 2.40
logo 2.90 3.20 2.48

明治安田生命J1リーグ第38節、サガン鳥栖(勝ち点59/7位)vsヴィッセル神戸(勝ち点70/3位)の一戦が、2021年12月4日に佐賀県鳥栖市にある駅前不動産スタジアムにて開催されます。

両チームは2006年以降に27回対戦しており、対戦成績はサガン鳥栖の7勝11敗9分けとなっています。直近では2021年5月に対戦しており、1-1のドローとなっています。直近の5試合では、ヴィッセル神戸の4勝1分けとなっています。

今年2月に開幕したJ1リーグも、いよいよ最終節を残すのみとなりました。

ホームのサガン鳥栖は昨季資金難からクラブ存続の危機を迎えるなど激動の一年となりましたが、今季は見事に立て直しており、勝ち点59で7位につけています。守備面では33失点というまずまずの失点数となっており、攻撃面では攻撃力不足に悩んだ昨季とは裏腹に、今季ジェフユナイテッド千葉から加入のFW山下敬大が9ゴールを挙げる活躍を見せています。一時期は8戦負け無し(4勝4分け)で勝ち点を稼ぎ、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を狙える位置につけていましたが、金明輝監督のパワハラ問題が再燃し、またU-23日本代表FW林大地がシント=トロイデン(ベルギー)に移籍、そしてサガン鳥栖ユース出身の生え抜きでチームの象徴となるべき存在だったMF松岡大起の清水エスパルスへの移籍が決まるなど、戦力ダウンを強いられています。

対するヴィッセル神戸は昨季59失点と非常に多い失点数となっていましたが、今季はDF菊池流帆を中心に奮闘しており、一時は8戦負け無し(4勝4分け)とするなど、3位につけています。セルティック(スコットランド)への移籍が決まった日本代表FW古橋亨梧の穴埋めとして、今夏の移籍市場でFW大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン/ドイツ)やFW武藤嘉紀(ニューカッスル/イングランド)、そしてFWボージャン・クルキッチ(無所属)を獲得するなど、強力な布陣が揃いました。MFアンドレス・イニエスタが負傷から復帰しましたが、今季23試合の出場に止まっているものの、6ゴールを挙げています。FW武藤嘉紀ですが、デビューから2試合連続でアシストを記録し、第34節のベガルタ仙台戦では1ゴール3アシストと大活躍しており、チームに欠かせない存在となっています。3位を確定させ、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を手にしています。

各ブックメーカーのオッズは、ヴィッセル神戸がやや優位とみるブックメーカーが殆どとなっています。この試合はドローと予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

MEIJI YASUDA J1 LEAGUE

明治安田生命J1リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグです。

https://www.jleague.jp/

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!