Jリーグ

明治安田生命J1リーグ第28節 大分トリニータvs川崎フロンターレ

■ 2020.11.21

14:00-

昭和電工ドーム大分

  大分 --draw-- 川崎F
logo 6.00 4.20 1.50
logo 5.80 4.20 1.53
logo 5.70 4.20 1.51
logo 6.170 4.510 1.543
logo 5.80 4.40 1.54
logo 5.60 4.40 1.55
logo 5.80 4.40 1.54
logo 5.80 4.40 1.54
logo 5.40 4.20 1.52
logo 5.80 4.50 1.56
logo 5.750 4.380 1.536
logo 5.80 4.40 1.54
logo 5.50 4.33 1.55

明治安田生命J1リーグ第28節、大分トリニータ(勝ち点33/12位)vs川崎フロンターレ(勝ち点72/1位)の一戦が、2020年11月21日に大分県大分市にある昭和電工ドーム大分にて開催されます。

両チームは2001年以降に26回対戦しており、対戦成績は大分トリニータの9勝11敗6分けとなっています。直近では2020年8月に対戦しており、川崎フロンターレが2-0で勝利しています。直近の5試合では、川崎フロンターレの4勝1分けとなっています。大分トリニータは2009年以降、川崎フロンターレを相手に勝利がありません。

ホームの大分トリニータは前半戦での5連敗が大きく響く格好となっていますが、それでも後半戦は持ち返し、残り8試合の状況で12位につけています。後半戦は白星が先行しており、あと5勝すれば昨季の勝ち点47を上回る形でシーズンを終える事ができます。来季6年目となる片野坂知宏監督の続投もほぼ決定しており、残り試合は来季に向けたベースアップの意味合いが強くなっていくことでしょう。今季は特に攻撃陣が満足のいく結果を残せていない為、FW渡大生やFW知念慶など、残り8試合でどれだけの結果を残せるのかにも注目してみましょう。

対する川崎フロンターレは圧倒的な攻撃力と守備力でJ1首位を独走しています。Jリーグ連勝記録は12連勝でストップしたものの、前節の横浜F・マリノス戦での勝利で、ついにJ1優勝に大手をかけました。今季はMF三苫薫が限られた出場時間ながらも主に攻撃面で大きなインパクトを残しており、ルーキー初のMVP獲得も夢ではありません。その一方で川崎フロンターレのバンディエラであり、元日本代表MF中村憲剛の今季限りでの引退が発表され、中村憲剛のプレーが見られるのも、残り6試合となります。

各ブックメーカーのオッズは、川崎フロンターレが約4倍もののオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合は川崎フロンターレの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーサッカーの予想オッズと賭け方・投資法について徹底解説【最新版】ブックメーカーのサッカーのおすすめのサイトをや賭け方や最新の予想オッズを紹介します。サッカー賭けの対象となるリーグや試合、賭け方の意味など図解入りで解説してます。ブックメーカー投資法として有名なサッカーのアンダー投資法やオーバー投資法のやり方についても解説しています。...

MEIJI YASUDA J1 LEAGUE

明治安田生命J1リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグです。

https://www.jleague.jp/