Jリーグ

明治安田生命J1リーグ第38節 名古屋グランパスvs浦和レッズ

■ 2021.12.04

14:00-

豊田スタジアム

  名古屋 --draw-- 浦和
logo 2.15 3.30 3.40
logo 2.15 3.20 3.20
logo 2.15 3.35 3.26
logo 2.24 3.45 3.36
logo 2.195 3.400 3.340
logo 2.17 3.40 3.35
logo 2.16 3.35 3.35
logo 2.195 3.400 3.340
logo 2.185 3.380 3.320
logo 2.19 3.40 3.34
logo 2.20 3.40 3.30
logo 2.22 3.35 3.25

明治安田生命J1リーグ第38節、名古屋グランパス(勝ち点65/5位)vs浦和レッズ(勝ち点62/6位)の一戦が、2021年12月4日に愛知県豊田市にある豊田スタジアムにて開催されます。

両チームは1993年以降に64回対戦しており、対戦成績は名古屋グランパスの31勝23敗10分けとなっています。直近では2021年5月に対戦しており、名古屋グランパスがスコアレスドローとなっています。直近の5試合では、名古屋グランパスの3勝2分けとなっています。

今年2月に開幕したJ1リーグも、いよいよ最終節を残すのみとなりました。

ホームの名古屋グランパスは昨季同様に堅牢な守備陣は健在であり、今季は11試合を終えてわずか3失点としていましたが、首位川崎フロンターレとの2連戦では7失点を喫し、首位川崎フロンターレとは勝ち点23差がついてしまいました。攻撃では日本代表デビューを果たしたMF稲垣祥が8ゴールを挙げており、FWマテウスも7ゴールを挙げています。柿谷曜一朗も主力として貢献しており、第9節の大分戦で移籍後初ゴールを挙げています。また夏の移籍市場でFWヤクブ・シュヴィルツォク(ピアスト・グリヴィツェ/ポーランド)を獲得し、これまでに7ゴールを挙げています。AFCチャンピオンズリーグでは準々決勝で敗退したものの、ルヴァンカップを制し、今季初タイトルを手に入れています。

対する浦和レッズは、今季はMF明本考浩(栃木SC)やDF西大伍(ヴィッセル神戸)ら実力のある選手を中心に補強しており、特にFC琉球から新加入のMF小泉佳穂はチームの主軸として活躍しており、日本代表入りも噂されています。序盤戦こそ勝ち点を稼げませんでしたが、後半戦では一時期7戦負け無し(6勝1分け)とするなど、順位を6位まで浮上しています。得点力不足が顕著となっていましたが、新外国人FWキャスパー・ユンカー(ボデ・グリムド/ノルウェー)が20試合で9ゴールを挙げるなど、チームのさらなる浮上のキーマンとなっています。また、元日本代表DF槙野智章は、契約満了により今季限りでの退団が発表されています。

各ブックメーカーのオッズは名古屋グランパスが優位とみるブックメーカーが殆どとなっています。この試合は名古屋グランパスの勝利と予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

MEIJI YASUDA J1 LEAGUE

明治安田生命J1リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグです。

https://www.jleague.jp/

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!