Jリーグ

明治安田生命J1リーグ第22節 ガンバ大阪vsヴィッセル神戸

■ 2021.07.21

19:00-

パナソニックスタジアム吹田

  G大阪 --draw-- 神戸
logo 2.60 3.30 2.50
logo 2.80 3.20 2.37
logo 2.88 3.30 2.39
logo 3.01 3.48 2.42
logo 2.928 3.360 2.445
logo 2.92 3.35 2.45
logo 2.66 3.40 2.56
logo 2.970 3.260 2.476
logo 2.92 3.36 2.44
logo 2.915 3.340 2.432
logo 2.92 3.36 2.44
logo 2.87 3.20 2.50
logo 2.87 3.30 2.38

明治安田生命J1リーグ第22節、ガンバ大阪(勝ち点17/17位)vsヴィッセル神戸(勝ち点38/3位)の一戦が、2021年7月21日に大阪府吹田市にあるパナソニックスタジアム吹田にて開催されます。

両チームは1997年以降に55回対戦しており、対戦成績はガンバ大阪の25勝16敗14分けとなっています。直近では2021年2月に対戦しており、ヴィッセル神戸が1-0で勝利しています。直近の5試合では、2勝2敗1分けの五分となっています。

ホームの対するガンバ大阪は新型コロナウイルス罹患の影響で5試合が延期となった為、他チームよりも消化が少ない状態で勝ち点17・17位となっています。なかなか勝ち点を稼げない状況であり、宮本恒靖監督が解任され、松波正信強化部長が暫定的に指揮を執っていますが、次期監督は定まっておらず、このまま松波監督が指揮を執り続ける事が有力視されています。今季はFWレアンドロ・ペレイラやFWチアゴ・アウベスを獲得するなど、昨季最後まで定まらなかった主軸となるFWの獲得に成功しましたが、16試合を終えていまだチーム全体で8得点のみとなっており、得点力不足が深刻な状態です。守備は比較的安定しており、攻撃陣の調子が戻りさえすれば、十分上位に進出できるだけの力はあります。現在4戦負け無し(3勝1分け)となっています。

対するヴィッセル神戸は昨季59失点と非常に多い失点数となっていましたが、今季はDF菊池流帆を中心に奮闘しており、一時は8戦負け無し(4勝4分け)とするなど、3位につけています。DF菊池流帆はDFながらも既に4ゴールを挙げています。攻撃面では日本代表FW古橋亨梧がリーグトップの15ゴールを挙げていましたが、セルティック(スコットランド)への移籍が決まり、その穴を埋めるべくFW仲川輝人(横浜F・マリノス)らの獲得に乗り出しています。そしてMFアンドレス・イニエスタが復帰し、今季東京ヴェルディから新加入のMF井上潮音とのコンビが初お目見えしています。今季新加入のFWリンコンですが、度重なる負傷で離脱しており、出場5試合でいまだノーゴールと期待外れとなっています。

各ブックメーカーのオッズは非常に拮抗していますが、ヴィッセル神戸が僅かながら優位というブックメーカーが殆どとなっています。この試合はドローと予想してみましょう。

ブックメーカーのサッカーで稼ぐ攻略法|賭け方・投資法・おすすめサイトからのデータ収集方法を詳しく解説ブックメーカーのサッカーで稼ぐための攻略法やおすすめのサイトを紹介。様々なサッカーの賭けの中から投資法に最適な賭けとは?ブックメーカーサイトでのサッカーのデータ収集方法のやり方なども解説。...

MEIJI YASUDA J1 LEAGUE

明治安田生命J1リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグです。

https://www.jleague.jp/