プロ野球

【速報】プロ野球勝敗予想オッズ!!広島東洋カープ vs. 中日ドラゴンズ 17回戦

■ 2020.09.16

18:00-

マツダスタジアム

  広島東洋カープ --draw-- 中日ドラゴンズ
logo 1.60 - 2.25
logo 1.62 - 2.30
logo 1.58 - 2.25
logo 1.657 - 2.340
logo 1.6 - 2.365
logo 1.62 - 2.26
logo 1.6 - 2.365
logo 1.61 - 2.24
logo 1.64 - 2.31
logo 1.61 - 2.375
logo 1.65 - 2.30
logo 1.617 - 2.26
Pocket

過密日程で連戦が続き、各チーム相次ぐ怪我人が出て、層の薄いチームは戦力の維持が難しくなってきています。今回は、広島東洋カープ対中日ドラゴンズの17回戦をピックアップします。両チームの今季の対戦成績は広島の8勝7敗1分で、互角の対戦成績です。

広島は、ここまで28勝37敗8分で5位に立っています。先週は浮き沈みの激しい1週間でした。前半の最下位ヤクルトとの3連戦は、2勝1分で圧倒しましたが、後半の2位阪神との3連戦は3連敗。投打がかみ合わず、接戦に競り負ける試合が目立ちました。本カードは投手陣の調子が良い中日との3連戦。打線の奮起が期待されます。

本試合の広島の先発は、プロ9年目の野村祐輔投手。ここまで8試合に先発して4勝1敗、防御率3.78とまずまずの成績を残しています。8試合の先発登板のうち、5回のクォリティスタートを達成しています。今季はケガで出遅れたものの、復帰後は素晴らしい投球を披露していました。しかし、9月に入ってからは絶不調。9月は2試合に先発して防御率9.53と苦しんでいます。前回登板の9月9日のヤクルト戦は、7回途中11安打3四球7失点と大炎上しました。本試合では、これまでの投球を取り戻せるか注目です。

対する中日の先発は、プロ1年目の岡野祐一郎投手です。ここまで7試合に先発して2勝1敗、防御率4.86の成績を残しています。1年目ながらローテーションを守っています。しかし、今季の7試合の先発でまだ一度もクォリティスタートを達成できておらず、終始不安定な投球を続けています。前回登板の9月9日の巨人戦は、6回途中4安打1四球3失点。勝敗は付きませんでしたが、先発投手として試合を作ることに成功しました。本試合でも引き続き、試合を作れるか注目です。

本試合は、9月に入って調子を崩している野村投手が、復調できるかが注目ポイントです。ここでは、野村投手の復調に期待して広島の勝利を予想しておきます。

ブックメーカーの野球の賭け方や違法性、おすすめサイトを詳しく紹介!!ブックメーカーの野球の基本的な賭け方からキャッシュアウトのやり方まで詳しく解説します。ブックメーカーと野球賭博の違法性の違いとは!?野球の試合に賭けることができるブックメーカーや賭け方の種類なども詳しく解説します。...

Nippon professional baseball(NPB)

プロ野球は、日本のプロ野球トップリーグです。

https://npb.jp/