メジャーリーグ

【速報】メジャーリーグ勝敗予想オッズ!!8/1 シカゴ・カブス vs. ピッツバーグ・パイレーツ

■ 2020.07.31

-

リグレー・フィールド

  シカゴ・カブス --draw-- ピッツバーグ・パイレーツ
logo 1.52 - 2.70
logo 1.50 - 2.70
logo 1.50 - 2.65
logo 1.523 - 2.740
logo 1.55 - 2.565
logo 1.47 - 2.60
logo 1.50 - 2.60
logo 1.55 - 2.565
logo 1.49 - 2.55
logo 1.50 - 2.70
logo 1.53 - 2.60
logo 1.50 - 2.70
logo 1.488 - 2.75
Pocket

日本時間8月1日に、シカゴ・カブス対ピッツバーグ・パイレーツの試合がカブスの本拠地リグレー・フィールドにて行われる予定です。本試合は、日本が誇る大エースダルビッシュ有投手が先発予定です。

カブス先発のダルビッシュ投手は、昨季6勝8敗、防御率3.98の成績でした。シーズン前半は速球系の制球に苦しみ、被本塁打とフォアボールが非常に多く、防御率は5.01。これは、ナ・リーグで規定投球回数を満たす投手の中でワーストの数字でした。しかし、オールスターを挟んだ後半戦からは速球系の制球が安定し、見違えるような投球を繰り広げました。軸となる速球系の制球が安定したことで、スライダーやカーブなどの変化球の効果が上がり、打者を翻弄する圧倒的な投球を見せ続けました。カブスでダルビッシュ投手不要論が沸き上がっていた中、後半戦の見事な投球内容でメディアを黙らせました。

今季は7月26日のブリュワーズ戦に先発して、4回を投げて3失点、敗戦投手となりました。初回からヒットを打たれて、本調子ではありませんでした。それでも修正しながら投げて、3回には三者連続三振の見せ場も作りました。しかし、本来のダルビッシュ投手の投球からは程遠い内容でした。本試合では、球威のある速球を軸に、一級品のスライダーなどを織り交ぜた投球で今季初勝利を挙げられるか注目です。

対するパイレーツの先発は、トレバー・ウィリアムズ投手です。2018年に14勝を挙げて大ブレイクを果たしましたが、昨季は7勝9敗、防御率5.38で苦しいシーズンを過ごしました。低めにボールを集められる試合は好投しますが、ボールが浮くと痛打されることが多い右腕です。本試合では、ボールを低めにコントロールできるかが注目です。

本試合は、前試合で負け投手となって巻き返しに期待がかかるダルビッシュ投手が、本来の実力を発揮できるかが注目ポイントでしょう。投球の調子は登板当日にならないとわからない部分がありますが、ここでは、ダルビッシュ投手の好投に期待して、オッズでも有利なカブスの勝利を予想しておきます。

ブックメーカー 野球の賭け方について徹底解説【最新版】 賭けの対象となる試合 リーグ戦、大会などの優勝チーム ...

Major League Baseball (MLB)

メジャーリーグ(英: Major league)は、アメリカのプロ野球トップリーグです。

https://www.mlb.com/