サッカー

明治安田生命J1リーグ第21節 浦和レッズvsFC東京

明治安田生命J1リーグ第21節、浦和レッズ(勝ち点23/11位)vsFC東京(勝ち点29/7位)の一戦が、2022年7月10日に埼玉県さいたま市にある埼玉スタジアム2002にて開催されます。

両チームは2001年以降に47回対戦しており、対戦成績は浦和レッズの25勝10敗12分けとなっています。直近では2022年4月に対戦しており、スコアレスドローとなっています。直近の5試合では、FC東京の2勝1敗2分けとなっています。

ホームの浦和レッズは、4勝5敗11分けで11位としており、5試合負け無し(2勝3分け)ですが、直近の10試合では2勝1敗7分けとドローとする試合が非常に多くなっており、勝ち点がなかなか積み上げられていない状況が続いています。攻撃陣ではFWキャスパー・ユンカーが4ゴールと復活の兆しを見せており、DFアレクサンダー・ショルツが4ゴール、新加入MFダヴィド・モーベルグも5ゴールを挙げています。サポーターの声出し応援が騒動になっていますが、クラブやリーグ側の忠告により、沈静化しつつあります。

対するFC東京は、8勝7敗5分けで7位としており、攻撃・守備共に今ひとつの状況が続いています。攻撃面ではMFアダイウトンが6ゴールを挙げているものの、FW陣はFWディエゴ・オリヴェイラの3ゴールのみと元気がありません。特にベテラン勢には攻守に奮起が期待されます。出番の限られているFW山下敬大については、他チームからのオファーも届いているようです。

以下、主要ブックメーカーのオッズです。

bet365

スポーツベットアイオー

コニベット

ウィリアムヒル

1Xbet

主要なブックメーカーのオッズは、浦和レッズが倍近くのオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合はドローと予想してみましょう。

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!