最新オッズ

ブックメーカー香港カップ【2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

今年の香港カップは12月12日に香港のシャティン競馬場で開催される4つの国際招待競走(香港国際競争)のうちの一つで、芝2000メートルで行われます。

香港カップ概要

香港カップは、シャティン競馬場で開催される競馬の重賞(G1)競走である。

レース名

香港カップ

格付 G1
開催国(競馬場) 香港(シャティン競馬場)
性齢 三歳上牡牝セン
コース 芝2000M
賞金 1着賞金:3000万香港ドル

香港カップの歴史

もともと香港カップは創設された1988年から国際レースとして開催されていましたが、80年代と言えば、日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

そして、日本からの遠征も増えて95年には森秀行厩舎所属のフジヤマケンザンが遠征し、香港カップを勝利。さらに98年にはミッドナイトベッドがレコード勝ちを収めるなど、日本馬にも強いレースとして知られるようになりました。翌99年から香港カップはG1レースに昇格し、距離も芝2000mに変更。これを機に国際的な地位を築いていきました。

数々の国際レースで苦汁をなめていた日本馬達ですが、ほぼ地元といえる香港では数多くの良績を残すことでも知られています。中でもすさまじかったのが2001年。この年の香港国際競走では日本馬は4レース中3勝、香港ヴァーズでステイゴールド、香港マイルでエイシンプレストン、そして香港カップでアグネスデジタルが勝利するという快挙を成し遂げています。

それ以降、日本馬にとってこのレースで、これまでに34回の開催で7勝。近年でもエイシンヒカリ、モーリスも勝利を収めるなど、日本馬にとっては相性のいいレースです。

香港カップ2021の最新ブックメーカーオッズ

香港カップのオッズが発表されている、2021年のブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

1Xbet

香港カップ2021の見どころ

香港国際競争のラストを締めくくる香港カップはその前身、香港国際カップの時代から日本馬にとっても馴染みのあるレースです。古くはフジヤマケンザンやミッドナイトベットが勝利し、あのサイレンススズカの才能開花の夜明けとなったレースもこのレースでした。

2000年代以降もアグネスデジタルやモーリスなどのトップクラスの馬による勝利を始め、勝てないまでも善戦する馬も目立つようになりました。これはひとえに日本馬の中距離のレベルの高さに起因しており、決してトップクラスではないウインブライトやノームコアによる勝利が物語っています。もちろん調教技術の進化や適性を見極める陣営の判断の賜物とも言えますが、今回の香港国際競争において最も狙えるレースと言えるでしょう。春のクイーンエリザベス2世カップと同様に好メンバーが揃ったので馬券圏内独占があってもおかしくありません。

今回一番人気が確実視されているのはラヴズオンリーユーです。デビューから4連勝でオークスを制した超良血のディープインパクト産駒は、その後のスランプ期間を経て今年鮮やかに復活しました。そもそもグランアレグリアやクロノジェネシスと同じ最強牝馬世代の一頭ですが、充実期と呼ばれる4歳時の不調に「牝馬が一度崩れたら苦しい」と言われながらも見事トップクラスに返り咲きました。

今年の春には同コースのクイーンエリザベス2世カップを制覇。後輩の三冠馬デアリングタクトや香港国際競争で勝利したことのあるグローリーヴェイズを完封。そして前走はブリーダーズカップフィリー&メアターフを勝利しました。この勝利は日本馬として初のブリーダーズカップ制覇であると同時に、3か国でGⅠを制した初の日本馬となりました。

同日のマルシュロレーヌをはじめ、リスグラシューなど海外での実績も多い矢作調教師ですが、適材適所を求めて海外に行くことも日本競馬の国際化と言えるでしょう。ラヴズオンリーユーもこのレースで引退となるだけに良いレースを期待したいものです。

昨年から今年春にかけて破竹の勢いで連勝を積み重ねたレイパパレ。三冠馬デアリングタクトもこの馬が秋華賞に出ていたら?と話題になるほどの逸材です。先日のチャレンジカップでは超良血馬ジェラルディーナが人気で敗戦しましたが、3歳馬が古馬を相手に勝利することは並大抵のことではありません。

レイパパレは難なくチャレンジカップを勝利した後、ぶっつけで大阪杯に挑戦。4番人気という高評価でレースを迎えましたが、実際はコントレイル・グランアレグリア・サリオスの3強の様相でした。しかしレースは重馬場で人気馬たちがもがき苦しむ中、すいすいと逃げ切り勝ち。3強を尻目に圧勝と言える4馬身差をつけての勝利でした。

しかしここからレイパパレの困難が続き、宝塚記念は番手からの競馬で2着、オールカマー・エリザベス女王杯は気性面の不安を見せ最後に失速する形となりました。いずれも距離が長いという見立てですが、適距離に戻る今回は一発があってもおかしくありません。

海外からの参戦馬ではドバイオナーが最有力です。今シーズンに入ってからの成長は著しく、3連勝で迎えたイギリスチャンピオンステークスでは2着と好走。勝ったシリウェイは伏兵でしたが、負かした中には春の古馬戦を盛り上げたミシュリフやアダイヤーがいたことで価値が上がりました。

元々マイル前後を使われてきましたが、2000Mを使うようになってから戦績が安定。今回の香港カップも適距離なだけに日本馬の最大のライバルとなりそうです。

香港カップは12月12日(日)日本時間17時30分に発走予定です。香港のメモリアルデーの日だけに馬券を買って応援したいですね!

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!