競馬

ブックメーカー【フェブラリーステークス2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

2022年最初のGⅠレースであるフェブラリーSが間もなく近づいてきました。今年最初のGⅠレースだけに的中させて、いいスタートを切りたいというファンの方も多いのではないでしょうか。

フェブラリーステークス2022の概要

タイトル フェブラリーステークス2022の見どころ
格付 G1
開催国(競馬場) 東京競馬場
性齢 4歳以上
コース 1,600m(ダ)
賞金 1着本賞金:1億2,000万円

今回で第38回目を迎える今年のフェブラリーSは2月22日(日)に東京競馬場で午後3時40分発走となっています。

フェブラリーステークスの歴史

2022年最初のGⅠレースであり、上半期のダートの最強馬決定戦とも言えるレースだけに注目が集まっていますが、フェブラリーSとは一体、どんなレースなのでしょうか?

84年に創設されたフェブラリーSはJRAが施行するダートの重賞競走では最も古い歴史を持つ重賞レース。レースが創設された当時はハンデ戦で行われていたため、フェブラリーハンデキャップという名称で開催されていました。

施行条件は東京競馬場のダート1600mと現在と同じですが、創設当初のグレードは最も低いランクのGⅢでした。

当時のレース条件ではダートの上級グレードのレースがなかったため、この頃のダートの強豪馬のほとんどはこのレースを目指していました。そうした背景があったため、いつしかフェブラリーハンデキャップは「ダート最強馬決定戦」とファンから認識されるようになりました。

レース創設からちょうど10年が経過した94年、条件がハンデ戦から別定戦に変更されたため、名称も現在のフェブラリーS(ステークス)に変更。さらにグレードもGⅡに昇格しました。

長らくJRAの所属馬しか出走できませんでしたが、翌95年から地方競馬所属馬にも門戸が開かれ、JRAと地方競馬それぞれの強豪馬が激突することになりました。

この頃の勝ち馬にはライブリマウントやホクトベガなど、地方競馬でも活躍したJRA所属馬が好成績を収め、96年に新設されたドバイワールドカップに日本代表として出走しています。そして97年にグレードがGⅠに昇格。JRAでは初のダートGⅠとなりました。

過去の勝ち馬を見ると、ゴールドアリュール、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど歴代のダートの名馬がズラリ。フェブラリーSをステップにして3月にドバイで開催されるドバイワールドカップに出走する馬も多いため、日本だけでなく、海外の競馬ファンにも注目されています。

フェブラリーステークス2022の最新ブックメーカーオッズ

 フェブラリーステークス2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

フェブラリーステークス2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!