サッカー

天皇杯ラウンド16 名古屋グランパスvsセレッソ大阪

天皇杯ラウンド16、名古屋グランパス(J1)vsセレッソ大阪(J1)の一戦が、2022年7月13日に大阪府大阪市にあるヨドコウ桜スタジアムにて開催されます。

両チームは1995年以降に52回対戦しており、対戦成績は名古屋グランパスの26勝15敗11分けとなっています。直近では2022年5月に対戦しており、名古屋グランパスが1-0で勝利しています。直近の5試合では、名古屋グランパスの3勝2敗となっています。

名古屋グランパスは2回戦からの登場となり、2回戦では同志社大学(京都府代表)に2-0で勝利し、3回戦ではツエーゲン金沢(J2)を1-0で下し、ラウンド16への進出を決めています。J1では6勝8敗7分けの11位と徐々にではありますが順位を上げてきています。ただFWヤクブ・シュヴィルツォクがドーピング検査の関係で出場ができない状況が続いており、今季チーム総得点がわずか16得点という得点力不足の大きな原因となっています。このまま退団という事も考えられ、名古屋グランパスは新たなFW探しを進めており、FW永井謙佑(FC東京)を獲得しています。

対するセレッソ大阪は2回戦からの登場となり、2回戦では関西大学(大阪府代表)を3-1で下し、3回戦ではベガルタ仙台(J2)を3-2で破り、ラウンド16への進出を決めています。J1では8勝5敗8分けの6位としており、徐々に勝ち点を積み上げています。しかし、MF乾貴士がチーム規律に反する行為によりチームを離れた結果、双方合意のもと契約解除となりました。そんなチームのムードを払拭すべく、FWジェアン・パトリッキがレギュラーを確保しており、穴埋めはしっかりとできている状況です。

以下、主要ブックメーカーのオッズです。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

主要なブックメーカーのオッズは、セレッソ大阪が優位とみるブックメーカーが殆どとなっています。この試合はセレッソ大阪の勝利と予想してみましょう。

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!