サッカー

天皇杯ラウンド16 鹿島アントラーズvsガンバ大阪

天皇杯ラウンド16、鹿島アントラーズ(J1)vsガンバ大阪(J1)の一戦が、2022年7月13日に茨城県鹿嶋市にある県立カシマサッカースタジアムにて開催されます。

両チームは1993年以降に75回対戦しており、対戦成績は鹿島アントラーズの36勝21敗18分けとなっています。直近では2022年5月にルヴァンカップで対戦しており、鹿島アントラーズが3-1で勝利しています。直近の5試合では、鹿島アントラーズの5勝(5連勝中)となっています。

鹿島アントラーズは2回戦からの登場となり、2回戦では新潟医療福祉大学(新潟県代表)に苦しみながらも2-1で勝利し、3回戦では大宮アルディージャ(J2)を3-0で下し、ラウンド16への進出を決めています。J1では11勝4敗6分けで2位としており、首位横浜F・マリノスとは勝ち点5差がついています。攻撃力のある選手は結果を残しているものの、26失点という鹿島アントラーズらしからぬ守備の不安定さが際立っています。守備陣の奮起を踏まえ、攻撃陣が早い時間帯に得点を奪い、ゲームをコントロールする事が望まれます。FW上田綺世のセルクル・ブルージュ(ベルギー)への移籍が決定した為、新たな得点源の確保が急務となっており、J2クラブを含めた選手のリストアップを進めていることでしょう。

対するガンバ大阪は2回戦からの登場となり、2回戦ではFC岐阜(J3/岐阜県代表)を延長戦の末に4-2で下し、3回戦では大分トリニータ(J2)を3-1で破り、ラウンド16への進出を決めています。J1では5勝10敗6分けの15位となっており、4連敗が大きく響いています。最下位のジュビロ磐田が勝ち点2差で迫っており、またわずか21得点という得点力不足を解消すべく、今夏の移籍市場でMF食野亮太郎(マンチェスター・シティ/イングランド)とFW鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)を獲得しています。

以下、主要ブックメーカーのオッズです。

bet365

スポーツベットアイオー

ウィリアムヒル

1Xbet

主要なブックメーカーのオッズは、鹿島アントラーズが4倍近くのオッズ差をつけているブックメーカーが殆どとなっています。この試合は鹿島アントラーズの勝利と予想してみましょう。

【2022年最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!