未分類

ヴィクトリアダービー2021の見どころ

 オーストラリアの最古のクラシックレースであるヴィクトリアダービーが、まもなく開催されます。

ヴィクトリアダービー2021の概要

タイトル ヴィクトリアダービー2021の見どころ
格付 G1
開催国(競馬場) オーストラリア・フレミントン競馬場
性齢 3歳
コース 2500m(芝)
賞金 1着賞金:約1億円

 ヴィクトリアダービーは、オーストラリアで最も人気のあるレースであるメルボルンカップの前週に実施されます。メルボルンカップは開催日が祝日になるほどの国民的イベントですが、ヴィクトリアダービーもその人気は高いです。開催当日は、フレミントン競馬場で他にも多くの大レースが施行されることもあり、実はフレミントン競馬場の最多観客動員数を記録しているのはヴィクトリアダービー(2006)です。

 このレースの開催されるフレミントン競馬場の特徴は、オールフラットで、直線も十分に長く、コーナーもゆったりしている点です。こういった形状のため、枠順や脚質による有利不利が少なく、全馬力を出しやすい競馬場といえます。また、芝コースの水捌けがとても良く、馬場が固くなりやすいという点が挙げられます。日本の馬場同様、高速決着になることも多く、レコードタイムは芝2000m15871600m133秒前半など、スピード適性が求められる競馬場といえます。

ヴィクトリアダービーの歴史

 ヴィクトリアダービーは1855年に創設された伝統のG1です。名前の由来は女王の名前に由来するものではなく、地名としてのビクトリア州から取られています。以前は、このレースは2400mで実施されてましたが、フレミントン競馬場の形状の都合で、スタートから最初のコーナーまでの距離が短く、危険性が高かったため、1973年以降は現在と同じく2500mでの開催に変更となりました。

 オーストラリアでは女性騎手や調教師の活躍が珍しくないですが、このレースも2008年にクレア・リンドップ騎手が女性騎手として初めて優勝しました。調教師では、ガイウォーターハウス調教師が1995年にノッティンライカデーンでこのレースを制しました。一方で、第一回の勝ち馬は牝馬だったものの、近年は勝ちから遠ざかっており、1923年以降100年近くに渡り勝利がありません。

 2020年は、まさかの未勝利馬のジョニーゲットアングリーが優勝してファンを驚かせました。管理するD.ペイガン調教師もこのレースでの勝利がキャリアの2勝目、鞍上のL.キング騎手もまだ減量付きの見習い騎手という信じられない結果となりました。

 また、このレースが開催されるダービーデーは、来場するファンのファッションにも注目が集まります。伝統的に、男性はモーニング、女性は黒と白を着る慣例となっており、とても華やかな雰囲気となっております。

ヴィクトリアダービー2021の最新ブックメーカーオッズ

 ヴィクトリアダービー2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

 

1Xbet

ヴィクトリアダービー2021の見どころ