競馬

ブックメーカー【中山記念2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 冬の終わりが近づいてきており、春の大レースに向けた始動戦として強豪が集う中山記念がまもなく開催されます。

中山記念の概要

タイトル 中山記念の見どころ
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 中山競馬場
性齢 4歳以上
コース 1,800m(芝)
賞金 1着本賞金:6,700万円

 中山記念は、春のG1戦線に向けた重要な前哨戦としての位置付けである重要なGⅡ競走です。

 出走枠は、JRA所属馬の他、外国馬8頭まで、地方競馬所属馬2頭までとなっております。

 1着馬には大阪杯(G1)への優先出走権が付与されます。

 3月にドバイで行われる大レースとの間隔も丁度良いため、その前哨戦として出走してくるような一流馬もいます。実際、多くの馬がこのレースをステップにドバイの国際競走でも輝かしい成績を収めております。

 このレースが開催される中山競馬場1,800mコースの特徴を紹介します。 スタートから最初の直線までがたった205mしかないため、多頭数での開催となった場合の外枠の先行馬や、内枠でも行き足のつきにくいタイプの先行馬は厳しい条件となっております。データ的にも外枠の馬の勝率は低くなっております。一方で、最後の直線も310mと短めであるため、追い込み馬にとっても厳しい条件となっております。バックストレッチが下り坂となっているため、これを利用して加速をつけて、最後の直線で差し切るような中段待機からの差し馬のような戦法を取る馬が有利なコースといえます。血統的には、ディープインパクト、ハーツクライ、ステイゴールド、ロードカナロア産駒の勝率が高めになっております。

中山記念の歴史

 このレースは1936年に創設されました。当初は長距離レースであり、3,200m3,400mなどでの開催が続きました。また、春秋の2回行われていましたが、1952年以降は1度の開催となりました。1951年から2,600mでの開催に変更され、1952年には2,400mに変更と、徐々に短くなっていきました。そして1957年からは現在と同じく1,800mでの開催となりました。2005年からは国際競走に指定され、外国馬の出走が可能となりました。2020年からは地方交流競走となったため、地方馬の出走も可能となりました。

 歴代の優勝馬には、その後のG1戦線で大活躍する名馬が名を連ねています。少し前には、サイレンススズカやキングヘイロー、カンパニーなどが優勝しております。近年でも、ヴィクトワールピサ、ナカヤマナイト、ジャスタウェイ、ドゥラメンテなど、海外競馬でも活躍するような強豪が勝利を飾っております。また、リピーターの活躍も目立っており、ここ20年でもバランスオブゲームやカンパニー、ウインブライトが連覇を達成しております。

中山記念2022の最新ブックメーカーオッズ

 中山記念2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

中山記念2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!