競馬

ブックメーカー【JBCスプリント2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 国内のダート短距離競走唯一のJpn1競走となるJBCスプリントがまもなく開催されます。今年は金沢競馬場の1400mで争われます。

JBCスプリント2021の概要

タイトル JBCスプリント2021の見どころ
格付 Jpn1
開催国(競馬場) 金沢競馬場
性齢 3歳以上
コース 1400m(ダ)
賞金 1着本賞金:6,000万円

 JBCスプリント競走は、2001年にJBCクラシックとともに設立されました。このレースはJBCクラシックとともに毎回開催競馬場が持ち回りで実施されます。その為、施行される距離が1000m1400mまで変化します。

 出走枠はフルゲート16頭で、JBCクラシックと同じくJRA所属馬はフルゲートの概ね1/3の頭数、残りの2/3が地方所属馬となっています。

 レースが開催される金沢競馬場の1400mコースの特徴は、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が約240mと短い点です。このため、外枠が当たった先行馬は先手を奪いにくく、外を回るロスもあるため、不利になります。また、1400mながらコーナーを4回通過するコース形態となっており、やはり内枠が有利なレースになりやすいと言えます。最後の直線も約250m程度と短いので、後方待機馬には分が悪く、内枠先行馬が有利と言えます。

JBCスプリントの歴史

 第1回は2001年に施行されました。持ち回り開催のため、各競馬場のスプリントコースで実施されてきました。第6回は川崎の1600mのコースで開催されたため、この時のみレース名もJBCマイルとして施行されました。

 施行当時はJRAのダートG1はフェブラリーステークス(1600m)と、ジャパンカップダート(2100m、現在チャンピオンズカップと名を変え1800m)2つしかありませんでした。適性距離がもっと短い馬にとっては目指すべきG1が存在しなかったため、JBCスプリント競走が設立されたことにより、JRA所属のダート短距離強豪馬にとって、新たな目標となりました。

 そういった背景もあり第1回目から第6回までは、JRA所属馬が毎回勝利していましたが、2007年、第7回目にして初めて地方所属馬のフジノウェーブが優勝しました。この馬の名を冠した重賞(フジノウェーブ記念、大井競馬場)が作られたことから分かるように、地方競馬所属馬にとっても、JBCの称号はそれだけ大きいものと言えます。その後、またしばらくはJRA所属馬が勝ち続けましたが、2019年、2020年のここ2年は連続で地方競馬所属馬が優勝しております。2019年優勝のブルドックボスも2020年優勝のサブノジュニアも、共に地元所属馬であったという共通点がありました。

JBCスプリント2021の最新ブックメーカーオッズ

 JBCスプリント2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

 

1Xbet

参考:netkeibaオッズ

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

JBCスプリント2021の見どころ