競馬

ブックメーカー【JBCクラシック2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

日本のダートの最高峰レースの1つである、JBCクラシックがまもなく開催されます。今年の開催地は金沢競馬場です。今年も頂上決戦に相応しい熱い戦いに期待したいです。

JBCクラシック2021の概要

タイトル JBCクラシック2021の見どころ
格付 Jpn1
開催国(競馬場) 金沢競馬場
性齢 3歳以上
コース 2100m(ダ)
賞金 1着本賞金:8,000万円

 JBCクラシックは、毎年全国の競馬場で持ち回りの開催となっております。今年の舞台は金沢競馬場の2100mのダートコースです。金沢競馬場での開催は2013年以来、8年ぶり2度目となります。

 出走枠はフルゲート16頭となっております。このうち、JRA所属馬はフルゲートの概ね1/3の頭数までと決められてます。残りの概ね2/3が地方競馬所属馬となっております。

 レースが行われる金沢競馬場2100mコースの特徴として、1週半のコースであり、道中は合計6回コーナーを回ることになります。これだけコーナーを回ることになるので、道中になるべく内の進路を走ることがカギとなります。必然的に外枠の馬は不利となります。スタートしてから最初のコーナーまでが約350mほどあるため、内枠に入った先行力のある馬に有利なコースと言えます。また、最後の直線が約240mと短いため、仕掛けが遅れると届かないといったことも起こります。これも先行馬が有利な理由の一つです。

JBCクラシックの歴史

 JBCクラシックは2001年に第1回競走が開催されました。

 アメリカで開催されているブリーダーズカップの日本版として、ダートのカテゴリ別チャンピオン決定戦としてJBC競走が制定されました。ダートのクラシックディスタンスは2000mのため、JBCのクラシックカテゴリのチャンピオンを決めるレースとして、JBCクラシックが誕生しました。

 JBCスプリント、JBCレディスクラシックとは同一日に同一競馬場で開催されています。JBC2歳優駿については開催日は同じものの、競馬場は別になっております。

 開催当初からの理念として、全国の競馬場での持ち回り開催となっております。このため、実施される距離が2000m前後で競馬場によって異なるという特徴があります。例えば大井競馬場の場合は2000mですが、園田競馬場では1870m、川崎競馬場では2100mといった具合です。また、賞金についても地方競馬の競走としては最高ランクの1着賞金8,000万円(2021年現在)となっております。

 第1回競走から昨年2020年の第20回競走まで、全てJRA所属馬が優勝しています。過去の優勝馬には、2002年〜2004年まで3連覇を達成したアドマイヤドン、2007年〜2009年まで3連覇を達成したヴァーミリアンなど、歴史的な名馬が数多くいます。3連覇は別格としても、2連覇を達成した馬もタイムパラドックス、スマートファルコン、コパノリッキーなどがおり、開催競馬場は毎年変わっても、その時代の本当に強い馬が優勝している傾向にあります。

JBCクラシック2021の最新ブックメーカーオッズ

 2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

ウィリアムヒル

 

1Xbet

参考:netkeibaオッズ

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

JBCクラシック2021の見どころ