未分類

ブックメーカー【川崎記念2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 年明け最初のJpnⅠ競走である川崎記念がまもなく開催されます。

川崎記念の概要

タイトル 川崎記念2022の見どころ
格付 JpnⅠ
開催国(競馬場) 川崎競馬場
性齢 4歳以上
コース 2,100m(ダ)
賞金 1着本賞金:6,000万円

 川崎記念は、フェブラリーステークスや、世界最高峰のダート競走であるドバイワールドカップに向けた国内の前哨戦の位置付けのレースです。実質的に年始のダート最強馬決定戦となっております。

 出走枠は、JRA勢が6頭、地方勢が8頭となっております。また、地方勢のうち、3頭以上は南関東地区以外の所属馬と定められております。

 このレースが開催される川崎競馬場2,100mのコースは、馬場を1週半走行し、その間に合計6回のコーナー通過を行います。最初の直線は400mほどあるため、枠順に関わらず先行したい馬は先行しやすいです。ただし、コーナー部分は200mしかなく、南関東地区で最も小回りな、きついコーナーとなっています。よって、最初の直線部分で内側のポジションを取れないと、コーナーで外を回るロスが大きく、スタミナを浪費することになってしまいます。先行力があり、楽に内側のポジションを取れるような馬が有利だといえます。実際、昨年も逃げ馬が勝利を収めました。

川崎記念の歴史

 川崎記念は、1951年に創設された歴史あるレースです。当初はレース名は開設記念でした。中央地方の交流競走となったのは1996年からです。現在の名称に変更されたのは、1979年のことでした。当初は施行距離も現在と異なり3,000mで実施されていました。その後は距離は様々な変遷がありましたが、1999年からは現在と同じく2,100mでの開催となりました。ダートの国際的なクラシックディスタンスは2,000mのため、なるべくそれに近い距離で、尚且つ出走頭数を14頭とするために川崎競馬場のコース形状も考慮して2,100mとなっております。

 過去10年の勝ち馬のうち、9頭はJRA所属馬ですが、昨年は久しぶりに地方所属馬のカジノフォンテンが勝利を収めました。この馬は、2020年の東京大賞典で2着に入った勢いもあり、2着に0.6秒差をつける圧勝の逃げ切り勝ちを収めました。その後もかしわ記念を制するなど、昨年のこのレースの勝利を機にブレイクしました。地方馬で勝利を収めている馬は、アジュディミツオーやフリオーソ、古くはアブクマポーロなど、歴史的にも名を残す馬が多いです。もちろんJRA勢でも3連覇をしたホッコータルマエや、2020年の勝ち馬で、昨年のドバイワールドカップでも2着に入ったチュウワウィザードなど、強豪馬が名を連ねます。

川崎記念2022の最新ブックメーカーオッズ

 川崎記念2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

川崎記念2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!