競馬

ブックメーカー【全日本2歳優駿2021】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 2歳ダート戦線における唯一のJpn1競走である全日本2歳優駿がまもなく開催されます。

全日本2歳優駿2021の概要

タイトル 全日本2歳優駿2021の見どころ
格付 JpnⅠ
開催国(競馬場) 川崎競馬場
性齢 2歳
コース 1,600m(ダ)
賞金 1着本賞金:4,200万円

 全日本2歳優駿は、2歳ダート路線の頂点に君臨するレースです。10月、11月に行われる多くのトライアルレースで好走した馬が集い、ハイレベルなレースとなります。

 出走枠は、JRA所属馬が5頭、地方競馬所属馬が9頭と定められております。地方馬9頭のうち、南関東地区以外の所属馬は6頭以内となっております。

 このレースが開催される、川崎競馬場1,600mコースの特徴は、最初のコーナーまでが約500mと長く、コーナーがとても小回りである点です。先行馬は外枠であっても十分に先行争いができるだけの距離があるため、あまり枠順による有利不利は発生しない傾向にあります。川崎競馬場のコーナーは地方競馬場で最もタイトなため、ここで内でじっと出来る馬が有利です。34コーナーで加速して順位を上げるのも難しいため、差し脚質くらいまでは対応が出来ても、追い込み脚質の馬にとっては厳しい形態となっております。

全日本2歳優駿の歴史

 このレースは、1950年に創設されました。当初は「全日本三才優駿」というレース名で、川崎競馬場のダート1,200mで施行されました。2001年に国内の競走馬の年齢を国際基準に合わせてたことを機に、このレースの名前も「全日本2歳優駿」に変更されました。距離については、1951年からは1,400m1959年からは現在と同じ1,600mに変更されました。格付けについては、1997年からGⅡとなり、2002年からはG1に格上げされました。現在はJpn1として開催されています。また、創設から約70年が経っており、現存する地方競馬の重賞競走で最も歴史あるレースとなっております。

 交流重賞となってからも地方馬の活躍が目立つレースです。ここ2年連続で地方競馬所属馬が勝利していることも記憶に新しいです。また、2009年の勝ち馬であるラブミーチャン(笠松)と、ハッピースプリント(北海道)は、このレースでの勝利実績も評価され、2歳馬でありながら、その年の地方競馬の年度代表馬馬の栄冠を手にしました。

 一方で、勝利を収めたJRA所属馬にも多くの名馬の名が連なっております。例えば1997年優勝のアグネスワールドは、その後主に芝路線での活躍とはなりましたが、海外G1を制するまでに成長しました。1999年に勝利を収めたアグネスデジタルは、その後芝でもダートでも、そして海外でもG1を勝利する歴史的な名馬となりました。

全日本2歳優駿2021の最新ブックメーカーオッズ

 全日本2歳優駿2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

全日本2歳優駿2021の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!