競馬

ブックメーカー【佐賀記念2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 新興勢力と佐賀競馬勢とのマッチアップである佐賀記念がまもなく開催されます。

佐賀記念の概要

タイトル 佐賀記念2022の見どころ
格付 G1
開催国(競馬場) 佐賀競馬場
性齢 4歳以上
コース 2,000m(ダ)
賞金 1着本賞金:2,300万円

 佐賀記念は、川崎記念やフェブラリーステークスといった大レースと同じ時期に開催されるだけあり、それらのレースに出走する一流馬の出走はあまりありません。しかし逆にいうと、翌年以降にそれらのレースの出走を目論む新興勢力がこのレースで賞金の加算を狙い出走してくることがあります。そういった未来のスーパースターがこのレースをきっかけに一流馬へ成り上がって行くことがあります。

 出走枠はJRA所属馬5頭、佐賀競馬所属馬4頭、佐賀競馬地区以外の地方馬が3頭と定められています。

 このレースが開催される佐賀競馬場ダート2,000mコースの特徴を説明します。スタートから最初のコーナーまでが400mと長めのため、外枠でも逃げたり先行したい馬は十分に先行できる形態となっております。ただし、コースを1.5週する形態となっており、コーナーを6回通過することになるので、内側のポジションを取ることは重要です。内側を取りやすいという意味ではやはり内側の枠の方が有利ではあります。最後の直線は200mと短いため、差しや追い込み馬には不利なコース形態となっており、やはり内枠から先行した馬が良い結果を残す傾向にあります。

佐賀記念の歴史

 佐賀記念は、1973年に第一回が開催されました。当初は佐賀競馬場地区限定重賞でしたが、1995年からは中央、地方の交流重賞競走となりました。レース名も当初は開設記念でしたが、1997年から現在の佐賀記念に変更となりました。佐賀競馬場地区ではこの競走と、サマーチャンピオンの2競走しかダートグレード競走がないため、佐賀競馬地区の最強馬が出走するレースとなっております。しかし交流重賞競走となった1995年以降、佐賀競馬地区の勝利は1996年のリンデンニシキの1頭だけにとどまっています。ここ10年では全てJRA勢が優勝しており、JRA勢の強さを見せつけております。佐賀競馬地区以外の地方馬も苦戦を強いられており、交流戦になって以降、勝利を挙げた馬は2頭しかおりません。

 概要にも記載の通り、フェブラリーステークスや川崎記念と開催時期が被っているため、一線級の馬の出走はほぼありません。逆にいうと、特にJRA勢では今後の飛躍を狙うホープが出走します。過去には、スマートファルコンやホッコータルマエが勝利を挙げ、賞金を加算し、その後の大活躍につなげております。

佐賀記念2022の最新ブックメーカーオッズ

 2021のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

佐賀記念2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!