競馬

ブックメーカー【京都記念2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

 春のG1戦線に向けた有力馬の復帰戦として、強者が揃う京都記念が、まもなく開催されます。

京都記念の概要

タイトル 京都記念の見どころ
格付 GⅡ
開催国(競馬場) 阪神競馬場
性齢 4歳以上
コース 2,200m(芝)
賞金 1着本賞金:6,200万円

 京都記念は、春から始まるG1戦線に向けた重要な前哨戦という位置付けで開催されるレベルの高いレースです。ここでGⅡ競走を初制覇した馬が同年のG1戦線で大活躍することもありますし、前年のG1戦線で思うような活躍ができなかった馬が復活の場として勝利を収めることもございます。

 このレースの勝ち馬には、オーストラリアのG1であるコーフィールドカップへの優先出走権が与えられることになっております。

 出走枠は、JRA所属馬の他、外国馬は9頭まで、地方競馬所属馬は2頭までとなっております。

 今年は、京都競馬場の改修に伴い、阪神芝2,200mで開催されることになっております。

 このレースが開催される阪神芝2,200mのコースの特徴を紹介します。今年は大体開催のため、あまり重賞で使われるコースではないのですが、宝塚記念で毎年使用されるコースといえば馴染みがあるかと思います。スタートから最初の直線までは530mと、中央の競馬場のコースとしても長めです。そこから内回りコースを走り、最後の直線は356mとやや短めです。最初の直線および最後の直線では急坂が待ち受けており、パワーやスタミナが求められるコース形態となっております。データ的には、どの枠でも満遍なくきてはいるため、そこまで枠による有利不利はないかと思います。脚質に着目すると、下級条件では逃げ馬が強いのですが、道中のペースが上がる上位条件では逃げ馬が苦戦する傾向にあります。宝塚記念を見ても分るように、パワーがあり、そこそこ長くいい足を使えるような馬が得意とするコースのようです。

京都記念の歴史

 このレースは、1942年に京都記念()として創設されました。1984年からは年1回制に変更され、名称も現在と同じく京都記念となりました。2005年からは国際競争に変更され、外国馬の出走が可能となりました。2020年からは特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬の出走も可能となりました。

 歴代の優勝馬には名馬がずらりと名を連ねます。古くは、テンポイント、ビワハヤヒデ、テイエムオペラオーなどの歴史的な名馬の名前があります。近年でも、ブエナビスタ、クロノジェネシスなど、時代の最強クラスの馬が名を連ねます。この時期に開催されるGⅡというだけあり、やはり勝ち馬には同年のG1で大活躍するような馬が多いです。6歳以上の馬の勝ちもたまにはありますが、基本的には、4歳馬、5歳馬の勝ちが多くなっております。

京都記念2022の最新ブックメーカーオッズ

 京都記念2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

参考:netkeibaオッズ

 

9/28(火) 14:00現在のオッズです。

ブックメーカーのオッズがSPのため、参考までにnetkeibaのオッズを載せます。ブックメーカーでも購入は可能なので、これを参考にブックメーカーで購入されることをお勧めします。

京都記念2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!